MENU
HONDA
検索
トップへ
ドキュメント・Hondaパワープロダクツ
いきいきライフスタイル
パワープロダクツ The Movie
ニュース&トピックス
いきいきライフスタイル
耕す女子たち 22
ミニ耕うん機「こまめ F220」で畝立て作業をするゆかりさん。夫の拓也さんは、レーキを使って畝の表面を平らにならす
ミニ耕うん機「こまめ F220」で畝立て作業をするゆかりさん。夫の拓也さんは、レーキを使って畝の表面を平らにならす
今回の耕す女子 長野県佐久穂町 遠藤 ゆかり(えんどうゆかり)さん
1984年千葉県印西市生まれ、横浜育ち。畑歴は10年。中央大学総合政策学部卒。アルバイト生活、長野県東御市の農業法人(株)永井農場勤務を経て、2011年3〜9月に佐久穂町の織座農園で研修。2012年4月に就農し、「おまめ耕房」をスタート。
ブログ http://omame000.blog59.fc2.com/
頭でっかちな性格が畑を耕したらシンプルになれた。
食べるもの、着るもの、生活に関わることを自分の手でつくる。
そんな暮らしを二人三脚で歩みたい。
八ヶ岳の山々を望む畑で

「ここが、私のいちばんお気に入りの畑なんです」
そういって、遠藤ゆかりさんが案内してくれたのは、標高1100mほどの高台にある一枚の畑。遠くに北八ヶ岳の山々が望める絶景の場所で、頬をなでる爽やかな風がなんとも心地よい。
「寒暖差があるのと水はけがいい土地のおかげで、すごくおいしい野菜ができるんです。去年の秋はダイコンやニンジン、葉物野菜を栽培しました」
冬の間は露地物の野菜づくりは完全にお休みし、雪が溶けると春夏野菜の栽培に向けて本格始動する。今シーズン、この畑に入るのはこの日が初めて。ゆかりさんは、愛用のミニ耕うん機「こまめ」を使って、まずは雪や霜で硬くなった畑を耕した。
十分に空気を含んで土がふかふかになったところで、アタッチメントの培土器を取り付けて畝(うね)立て作業。機械での畝立ては初体験のゆかりさんは、「こまめ」を押しながら「超ラク〜!」と喜びの雄叫びを連発した。
「去年はジャガイモ100kg植えるのに鍬で畝を立てたんです。でも大変で、もうダメ〜って。それがこんなに簡単にできちゃうなんて・・・」
ダイコンの種をまこうか、ジャガイモを植えようかと、4月に結婚したばかりの拓也さんといつまでも畑談議に花を咲かせている。仲睦まじい姿がなんとも微笑ましい。

除草用アタッチメント“ブルースパイラル650”を「こまめ」に取り付け、雑草と残渣で覆われた畑を耕す。「車軸に雑草がからまることなく草が刈れるのがうれしい」
除草用アタッチメント"ブルースパイラル650"を「こまめ」に取り付け、雑草と残渣で覆われた畑を耕す。「車軸に雑草がからまることなく草が刈れるのがうれしい」
北海道の畑仲間と種交換して育てた小豆“黒千石”の脱穀作業。叩かずに、サヤから豆を手で一つ一つ取り出すのがお好みだとか
北海道の畑仲間と種交換して育てた小豆"黒千石"の脱穀作業。叩かずに、サヤから豆を手で一つ一つ取り出すのがお好みだとか
レタスの種まき。種から芽が出て野菜が育つ、その過程を見るのが好き
レタスの種まき。種から芽が出て野菜が育つ、その過程を見るのが好き
“ニューイエロー培土器”は今年初めて取り付けた。「こんなにきれいな畝ができるなんて!」
"ニューイエロー培土器"は今年初めて取り付けた。「こんなにきれいな畝ができるなんて!」


うかたま

うかたま
2014 Vol. 35
文●おおいまちこ
写真●高木あつ子
●季刊 定価802円
●農文協
〒107-8668
東京都港区赤坂7-6-1
http://ukatama.net/

ミニ耕うん機「サ・ラ・ダCG」FFV300