MENU

HONDA

検索
トップへ
ドキュメント・Hondaパワープロダクツ
いきいきライフスタイル
パワープロダクツ The Movie
ニュース&トピックス
いきいきライフスタイル
耕す女子たち 19
ガスパワー耕うん機「サ・ラ・ダCG」で秋野菜の植え付けに備えて畑を耕す今日子さん。「ピアンタ」で耕す夫の大介さんと
ガスパワー耕うん機「サ・ラ・ダCG」で秋野菜の植え付けに備えて畑を耕す今日子さん。「ピアンタ」で耕す夫の大介さんと
今回の耕す女子 茨城県城里町 小林今日子(こばやしきょうこ)さん
1970年、愛知県名古屋市生まれ。愛知教育大学卒。畑歴7年。小学校の講師など、さまざまな職業を転々とした後、05年、北海道新篠津村で2年間農業研修を受ける。研修先で出会った大介さんと07年に結婚し、同時に茨城県城里町で就農。
http://39farm.com
http://cobayam.blog96.fc2.com
転職を繰り返した末にたどり着いたのは食べるものをつくる"農業"という仕事。
私たちの命を育む大切な日本の農業を守りたい。
農作業はラジオを聞きながら

初夏の日差しを浴びて、トウモロコシやピーマン、インゲンなどの夏野菜がすくすくと育っている。前日に久しぶりに降った雨のおかげか、野菜の肌はどれもつやつや、葉もぴんぴん。見るからにおいしそうだ。
「畑の作付け計画を立てるのは夫、出荷作業は私の担当と、大まかに夫婦で仕事の役割分担を決めていますが、苗の植えつけなどの栽培管理や草取りは、基本的に2人で一緒にやっています。いつも録音しておいたお気に入りの深夜ラジオ番組を聞きながら。世間の風が感じられるし、情報も得られるし。夫婦の会話のいい肴にもなるので(笑)」
笑顔でそう話すのは、今回の耕す女子、小林今日子さん。
今日子さんは、夫の大介さんと茨城県城里町で「サンキュウ農園」を営んでいる。6年前、結婚したのを機に、兼業農家である大介さんの祖父から畑5反(1反=約1000平方メートル、300坪。1町=約10000平方メートル、3000坪。)を借り受け夫婦で就農。毎年、少しずつ近隣農家から農地を借りて面積を増やし、現在は11ヵ所に点在する2町の畑で野菜や小麦を、2反の田んぼで米を、農薬や化学肥料を使わずに育てている。
出荷場や倉庫、ハウスがあるのは、大介さんの実家の敷地内。通りを挟んだ向こうにジャガイモなどを育てている畑があり、その一角を、今日子さんがガスパワー耕うん機「サ・ラ・ダCG」で耕している。
「『サラダCG』は自走式なので力を入れなくてもまっすぐ耕せる。カセットガスというのも便利ですね」
農機が大好きという大介さんも加わり、秋に向けて畑を整えた。

キュウリの整枝作業。「無理のない栽培計画を立て、防虫ネットなどを利用すれば無農薬は難しくない」と大介さん
キュウリの整枝作業。「無理のない栽培計画を立て、防虫ネットなどを利用すれば無農薬は難しくない」と大介さん
トマトを収穫。「暑さ寒さを肌で感じながら働けるのが農業のいいところ。ラジオも聞き放題ですし(笑)」
トマトを収穫。「暑さ寒さを肌で感じながら働けるのが農業のいいところ。ラジオも聞き放題ですし(笑)」

 

「サ・ラ・ダCG」の燃料はカセットガス(メーカー指定カセットボンベは東邦金属工業株式会社製)。簡単に交換・充填でき、手も汚れない。ボンベ1本で最大約50分耕せる
「サ・ラ・ダCG」の燃料はカセットガス(メーカー指定カセットボンベは東邦金属工業株式会社製)。簡単に交換・充填でき、手も汚れない。ボンベ1本で最大約50分耕せる
ループハンドルは折り畳み式なので、収納もコンパクト。自家用車でも運べる
ループハンドルは折り畳み式なので、収納もコンパクト。自家用車でも運べる


うかたま

うかたま
2013 Vol. 32
文●おおいまちこ
写真●高木あつ子
●季刊 定価780円
●農文協
〒107-8668
東京都港区赤坂7-6-1
http://ukatama.net/

ミニ耕うん機「サ・ラ・ダCG」FFV300

ピアンタ