MENU
HONDA
検索
トップへ
ドキュメント・Hondaパワープロダクツ
いきいきライフスタイル
パワープロダクツ The Movie
ニュース&トピックス
いきいきライフスタイル
耕す女子たち 16
ガスパワー耕うん機「ピアンタ」で畑を耕す真莉さん(右)。
ガスパワー耕うん機「ピアンタ」で畑を耕す真莉さん(右)。"農産娘"の仲間、浅利智絵子さんはミニ耕うん機「プチな」で耕うん、ネギ畑で2人を見守るのは西宮奈々子さん
今回の耕す女子 秋田県仙北市 佐藤真莉さん(さとうまり)さん
1991年生まれ、秋田県仙北市出身。畑歴は、物心ついてから20年近く。家族は祖父母、父母、姉家族(姉・義兄、甥)。秋田県立角館南高校卒業後、秋田県が行う「未来農業のフロンティア育成研修」の野菜コースを受講し、修了と同時に実家に就農。
農家の次女として家業を継ぐべく農業の道へ。
仕事は好きだけどド派手なおしゃれもやめられない。
ギャルメイクにつなぎ姿でいざ、今日も畑へ。
ギャルメイクで野良仕事
「ピアンタ」は折りたたみハンドルで収納もコンパクト。車への積み下ろしも便利
「ピアンタ」は折りたたみハンドルで収納もコンパクト。車への積み下ろしも便利
車輪付きキャリースタンドとキャリーボックスが標準装備。移動も楽々、収納時の土汚れも防止
車輪付きキャリースタンドとキャリーボックスが標準装備。移動も楽々、収納時の土汚れも防止

ド派手ないでたちに、しばし圧倒されてしまった。目の前に立つのは、今どきのギャルメイクでばっちり決めた女の子。鮮やかな赤いつなぎと白い長靴に身を固め、手にはしっかり、ネギを握っている。
ここは、"米どころ秋田"の東部中央に位置する仙北市西木地区。今回の耕す女子・佐藤真莉さんは、イネ19町(1町=約1ha、3000坪、1万平方メートル)、ネギとソバを各1.5町栽培する専業農家の娘だ。2人姉妹の次女として、「将来は自分が家業を継ごう」と、高校卒業後、秋田県が実施する「未来農業のフロンティア育成研修」を2年にわたって受講。2011年春に就農した。
のどかな田園地帯にどっしりと構える大きな家に、祖父母、両親、姉夫婦と2歳の甥っ子、そしてまもなく結婚する予定の真莉さんの彼、畠山和喜さんの、4世代9人で暮らす。
主に農作業に携わっているのは、父・一也さん、母・真弓さんと真莉さん、和喜さんの4人で、真莉さんはネギを担当。栽培から出荷までの維持管理を行いながら、母娘で自家用野菜なども栽培。春〜秋は、勉強も兼ねて、農協の出荷所で野菜の検品のアルバイトにも精を出す。
就農してまもなく、「農業をやっている若手の女性で地域を盛り上げよう!」と、地元の先輩で、同じく農家の娘の西宮奈々子さん、浅利智絵子さんとともに、チーム"農産娘(のうさんむすめ)"を立ち上げた。地元の小学生の農業体験学習に協力したり、今年度からは、"農産娘"専用の畑を設け、パプリカやミニカリフラワーなどを栽培。地元の道の駅やスーパーの直売所などで、自分たちのブランド野菜として販売を始めた。
それぞれ多忙な毎日だが、時間をやりくりして、できるだけ3人一緒に作業を行っている。この日は、"農産娘"の畑を準備するため、耕うん作業。ガスパワー耕うん機「ピアンタ」で耕しながら、
「大型の農業機械は使えないけど、"ピアンタ"は軽くて小回りがきくので私にも扱いやすい。狭い畝間(うねま)にも使えて便利です」
と、真莉さん。
「農業をする若い仲間がもっと増えたらいいな」「西木を売り込んでいきたい」と、お揃いの野良着まで用意して、張り切っている3人だ。

ネギの収穫期には、毎日午後7〜8時は箱詰め作業になる
ネギの収穫期には、毎日午後7〜8時は箱詰め作業になる
近々、結婚予定の2人。「ムコに入り、一緒に農業をやっていくつもりです」と、和喜さん
近々、結婚予定の2人。「ムコに入り、一緒に農業をやっていくつもりです」と、和喜さん
「とうさんには負けたくない」と、真莉さん。一也さんは、農業の大先輩でもあり、ライバルでもある
「とうさんには負けたくない」と、真莉さん。一也さんは、農業の大先輩でもあり、ライバルでもある


うかたま

うかたま
2013 Vol. 29
文●おおいまちこ
写真●高木あつ子
●季刊 定価780円
●農文協
〒107-8668
東京都港区赤坂7-6-1
http://ukatama.net/
ピアンタ
プチな
エネポ