MENU
HONDA
検索
トップへ
ドキュメント・Hondaパワープロダクツ
いきいきライフスタイル
パワープロダクツ The Movie
ニュース&トピックス
いきいきライフスタイル
力いらずでラクに操作。小さな耕うん機が、畑仕事を身近にしてくれる。
手軽で安心な使い心地で、畑仕事の初心者からベテランまで、幅広い層に評判の耕うん機「サ・ラ・ダ」。
今回は、「あいよ農場」のお二人に、その使い心地を試してもらいました。

安定感があり、初めてでも簡単に扱える「サラダ」。片手で押してもスーッと前に進んでいく。
安定感があり、初めてでも簡単に扱える「サラダ」。片手で押してもスーッと前に進んでいく。

「わ、片手でもできた!」
驚きの声が畑に響く。Hondaの小型耕うん機「サラダ」を押しているのは、昨年から千葉県東金市にある「あいよ農場」で働く内藤美穂さん。バックパッカーでいろいろな国を旅するうちに、逆に日本の食の豊かさを知り、若者が集まって無農薬の野菜づくりに取り組む「あいよ農場」の一員に。そんな内藤さんに、初心者からベテランまで幅広く使えるという小型耕うん機「サラダ」を試してもらった。
早速、農場の仲間の濱守俊介さんと畑に出て土づくりにトライ。一般的な耕うん機は回転する爪が後ろについている構造のものが多いが、「サラダ」は爪が前方に付き、しかも正逆転機構なので耕うん力に優れ、操作も安心。2輪でエンジンが中央に配置されていてバランスがよく、初心者も扱いやすい。試しに内藤さんが片手で押しても、スッと前に進んでいくほどの安定感だ。扱うのが初めてとは思えないスムーズな操作で、土はみるみるふかふかに耕されていく。
「農場で使っている耕うん機は大きい上に一輪なので、支えるのに力も必要。私だと力がないので、すぐに腰が痛くなったりと、扱うのが大変なんです」(内藤さん)
土づくりの後は、後ろに付いている培土器を下ろして畝立て作業。「サラダ」が通った後には、綺麗な畝が立ちあがっている。一緒に畝立てにトライした濱守さんも、その使い心地に
「使う人を選びませんね。これなら一般の方に畑仕事を体験してもらうとか、いろいろな場面で活躍してくれそうです」


培土器を下ろして畝立て作業。「サラダ」の通った後にはみるみる畝ができていく。
培土器を下ろして畝立て作業。「サラダ」の通った後にはみるみる畝ができていく。
回転する爪が前方に付いているので、足下を気にする必要がなく安心。爪の内側が正転、外側が逆回転する正逆転ロータリーはくい込みがよく、安定した耕うんができる。
回転する爪が前方に付いているので、足下を気にする必要がなく安心。爪の内側が正転、外側が逆回転する正逆転ロータリーはくい込みがよく、安定した耕うんができる。

自休自足

自休自足
2012年 春 Vol.37
文●真辺純
写真●飯泉厚彦
●季刊 定価980円(税込)
●株式会社 第一プログレス
 〒101-0061
 東京都千代田区三崎町
 3-6-5 原島本ビル
http://www.yumeinaka.net/

エネポ