MENU

HONDA

検索
トップへ
ドキュメント・Hondaパワープロダクツ
いきいきライフスタイル
パワープロダクツ The Movie
ニュース&トピックス
いきいきライフスタイル
耕す女子たち 12
ガスパワー耕うん機「ピアンタ」は、「軽いので、フカフカの土の上でも扱いやすい」と、智子さん。ぽかぽか陽気のこの日、夫の尚史さん、息子の寛司くん、義父母の裕光さん、タミさんと畑で
ガスパワー耕うん機「ピアンタ」は、「軽いので、フカフカの土の上でも扱いやすい」と、智子さん。ぽかぽか陽気のこの日、夫の尚史さん、息子の寛司くん、義父母の裕光さん、タミさんと畑で
今回の耕す女子 栃木県真岡市 丸山 智子さん(まるやまともこ)さん
1977年生まれ。千葉県出身。畑歴6年。短大卒業後、フリーター生活を経て、NPO法人ヒマラヤ保全協会の職員に。2005年に半年間、有機農園「林農園」(千葉県佐倉市)で農業研修。同年に結婚。06年、夫の尚史さんと「まるまる農園」を開く。家族は夫、一男一女。
家族とつながり、地域とつながり、自然とつながり、心豊かに生きる。
そんな暮らしに憧れ農家になった。
今や、「農」なくしては生きられない。
身体や地球、味も"まんまる"に

栃木県真岡(もおか)市郊外の静かな田園地帯にたたずむ一軒の農家。広い敷地には、母屋の脇に新旧2棟の小屋が建っている。軒先にきれに干してある稲とタマネギ。農機具や資材もきちんと整頓され、この農家の几帳面で丁寧な仕事ぶりがうかがえる。
ここは、今回の耕す女子、丸山智子さんが夫・尚史(なおふみ)さんと営む「まんまる農園」。2人とも実家は農家ではないが、2006年1月、尚史さんの地元・真岡で畑を借り、農業を始めた。農園名は、真岡の「真」と丸山の「丸」から、また、体によくて地球にもやさしい、味もおいしい"まんまる(=Good)"な野菜づくりをしたいとの思いを込めた。
2年前には、1反4畝(*)の畑付きの今の家を購入した。現在は借地と合わせ、5カ所に点在する計1町の畑と2反の田んぼで、農薬や化学肥料を使わずに野菜と米を栽培している。
「子どもたちが小さいので、田畑は主に夫が、私は出荷作業や事務がメイン。でも春や秋には毎日畑に出ています」と、智子さん。
この日は、ハクサイの植わっている畑で、雑草を抑えるための畝間(うねま)を耕す作業をした。鶏糞と米糖でつくったぼかし肥(ごえ)をまき、ガスパワー耕うん機「ピアンタ」で耕していく。
「小さな管理機があるんですが、重くて畑の上だと不安定になり一人で支えられない。でも、ピアンタなら軽いので大丈夫」
尚史さんのご両親、裕光さんとタミさんも、4歳の紗和ちゃんと1歳の寛司くんの面倒をみたり、雑草をとったりしてバックアップする。
*1畝=約100平方メートル、1反=約1000平方メートル、1町=約1万平方メートル。

「ピアンタ」は持運びに便利な移動用車輪一体型のキャリースタンドと、収納時の土汚れが防げるキャリーボックス付き
「ピアンタ」は持運びに便利な移動用車輪一体型のキャリースタンドと、収納時の土汚れが防げるキャリーボックス付き
木の香りが漂う新しい小屋で、タマネギの根切り作業。義母のタミさんは、農園の大切な助っ人。出荷作業は、忙しいときは義父の裕光さんにもお願いし、一家総出で行う
木の香りが漂う新しい小屋で、タマネギの根切り作業。義母のタミさんは、農園の大切な助っ人。出荷作業は、忙しいときは義父の裕光さんにもお願いし、一家総出で行う
「周囲に土のある環境で子どもたちを育てたい」と、智子さん。娘の紗和ちゃんも、畑仕事のお手伝い
「周囲に土のある環境で子どもたちを育てたい」と、智子さん。娘の紗和ちゃんも、畑仕事のお手伝い

うかたま

うかたま
2011 Vol. 25
文●おおいまちこ
写真●高木あつ子
●季刊 定価780円
●農文協
〒107-8668
東京都港区赤坂7-6-1
http://ukatama.net/

ピアンタ

エネポ