MENU
HONDA
検索
トップへ
ドキュメント・Hondaパワープロダクツ
いきいきライフスタイル
パワープロダクツ The Movie
ニュース&トピックス
いきいきライフスタイル
耕す女子たち 11
タマネギが植わっていた畝を整理して、ガスパワー耕うん機「ピアンタ」で耕す奏子さん。茂也さんは子どもたちをお世話しながらひと休み
タマネギが植わっていた畝を整理して、ガスパワー耕うん機「ピアンタ」で耕す奏子さん。茂也さんは子どもたちをお世話しながらひと休み
今回の耕す女子 東京都あきる野市 東 奏子さん(あずまかなこ)さん
1979年生まれ。東京都大田区出身。東京農業大学卒。畑歴4年。夫と2人の子どもと4人家族。主婦業のかたわら、昔ながらの知恵を生かした暮らしぶりをブログで紹介。『布おむつで育ててみよう』(文芸社)、『捨てない贅沢』(けやき出版)を出版。
http://blog.goo.ne.jp/kana-nozo/
農的な暮らしって、田舎に住まなければできないの?
いえいえ、そんなことはありません。
東京郊外で畑を借り、自宅の庭先で鶏を飼い、自然な暮らしを楽しむ耕す女子を紹介します。
週末は家族4人で畑仕事

東京西部を走るJR五日市線の終点武蔵五日市駅。東奏子さんが、4年ほど前から家庭菜園用に借りている畑は、駅前ロータリーから歩いて2、3分の住宅地の一角にある。
60坪ほどの畑には、トウモロコシやキュウリ、トマトなど、何種類もの野菜がところ狭しと植えられている。奏子さんは、4歳になる希美(のぞみ)ちゃんと1歳の翼作(つばさ)くんを傍らで遊ばせながら、夫の茂也さんとともに農作業に精を出す。週末は、もっぱらこんなふうに家族で一緒に畑で過ごすことが多いという。
「子どもを自転車で幼稚園に送り迎えするついでに畑に立ち寄ることもあるんですよ」
腐葉土をつくろうと、山間にある幼稚園の近くで、毎日、落葉をかき集め、自転車のかごに乗せて持ってきたりもしたが、「一生懸命集めたわりに、たいした量になりませんでしたね〜(笑い)」。
「お腹すいた〜」との希美ちゃんのリクエストに応え、畑のニラを使って「平焼き」をつくることに。ミニホットプレートで焼き始めると、次第に香ばしい香りが漂ってきた。よく野菜づくりを教わっている畑の地主の清水哲雄さんらも加わり、皆でひと休み。子どもたちが平焼きを頬張る姿が何ともかわいい!
一服した後は、雑草が生え始めた前作の畝をガスパワー耕うん機「ピアンタ」で耕して、次作の準備だ。
「家庭用ガスボンベでこれだけのパワー。安全だし扱いもラクでいい」と、奏子さん。
小回りがきくので、家庭菜園には心強い存在だ。奏子さんの影響で野菜づくりを始めた茂也さんも、今や奏子さん以上によく働き、農ある暮らしを楽しんでいる。

畑の隅々まで細長い畝が何本ものびる。自給自足とはいかないが、ネギやゴマなどは買うことはないとか
畑の隅々まで細長い畝が何本ものびる。自給自足とはいかないが、ネギやゴマなどは買うことはないとか
移動用車輪一体型のキャリースタンドとキャリーボックスが標準装備されている「ピアンタ」。移動も収納もラクラク。
移動用車輪一体型のキャリースタンドとキャリーボックスが標準装備されている「ピアンタ」。移動も収納もラクラク。

うかたま

うかたま
2011 Vol. 24
文●おおいまちこ
写真●高木あつ子
●季刊 定価780円
●農文協
〒107-8668
東京都港区赤坂7-6-1
http://ukatama.net/

ピアンタ

エネポ