MENU

HONDA

検索
トップへ
ドキュメント・Hondaパワープロダクツ
いきいきライフスタイル
パワープロダクツ The Movie
ニュース&トピックス
いきいきライフスタイル
耕す女子たち 8
ガスパワー耕うん機「ピアンタ」で、うどんやピザなどにする自家用の小麦の畑を耕す泰子さん。夫・憲治さんとさわやかな秋空のもと、今日も仲良く野良仕事。
ガスパワー耕うん機「ピアンタ」で、うどんやピザなどにする自家用の小麦の畑を耕す泰子さん。夫・憲治さんとさわやかな秋空のもと、今日も仲良く野良仕事。
今回の耕す女子 茨城県常陸大宮市 宮永康子(みやながやすこ)さん
1975年生まれ。東京都文京区出身。畑歴は3年。大学卒業後、アパレル会社に2年、その後、医療機関に勤務。2008年4月から8月まで、埼玉県小川町の有機農家で研修を受ける。同年10月に結婚し、茨城県常陸大宮市に移住。農園「環の花」を経営している。
1本の映画がきっかけで農を知り、出会いがあり、今の自分がいる。
価値観をともにする夫と自然に囲まれながらの農的暮らしに大満足。
そんな幸せいっぱいの耕す女子を紹介します。
豊かな自然に囲まれて

「この道をまっすぐ下って行ったところに、畑を借りているんです」
そういって、宮永康子さんがてくてくと歩いて行った先には、のどかで懐かしい農村風景が広がっていた。
畑があるのは、三方を山に囲まれた小さな盆地のような場所。周囲には取り囲むように川が流れており、耳をすますと、せせらぎが聞こえてくる。隣の畑ではちょうどソバの白い花が満開で、その奥には、築何百年という茅葺きの民家が見える。農家になって3年目の康子さんは、そんなゆったりとした時間の流れる環境のもと、夫・憲治さんとともに、農作業に精を出す毎日だ。
畑には、ダイコンやハクサイなどの秋冬野菜が植わっている。その一角を、康子さんは自家用の小麦の種をまくため、ガスパワー耕うん機「ピアンタ」で耕し始めた。
「コンパクトで軽いので、私にも手軽に扱えます」と、ゆっくりと、ていねいに畑を耕していく。
隣の畑では、2人の畑の地主である鈴木俊男さんが芋掘りをしていた。挨拶に駆け寄ると、「家で食べなさい」と、収穫したばかりのサツマイモをくれた。さっそくサツマイモを洗いに川辺に下りる。エメラルド色に輝くこの川で、夏場は作業の合間に水浴びすることもあるという。2人とも、豊かな自然に恵まれた暮らしをおおいに満喫している様子だ。

ピアンタには移動用車輪一体型のキャリースタンドとキャリーボックスが標準装備され、移動や収納もラクラク
ガスパワー耕うん機「ピアンタ」で、うどんやピザなどにする自家用の小麦の畑を耕す泰子さん。夫・憲治さんとさわやかな秋空のもと、今日も仲良く野良仕事。
鈴木さん夫妻には、畑仕事を教わったり、「何かとお世話になっているんです」と、康子さん
鈴木さん夫妻には、畑仕事を教わったり、「何かとお世話になっているんです」と、康子さん
「環の花」のお客さんには、米ぬかなどを醗酵させたエサを与えた鶏の卵と、季節の野菜をセットで届けている
「環の花」のお客さんには、米ぬかなどを醗酵させたエサを与えた鶏の卵と、季節の野菜をセットで届けている


うかたま

うかたま
2010 Vol. 21
文●おおいまちこ
写真●高木あつ子
●季刊 定価780円
●農文協
〒107-8668
東京都港区赤坂7-6-1
http://ukatama.net/

エネポ

ピアンタ