MENU

HONDA

検索
汎用製品|パワーストーリー
ノンフィクション・ドキュメント | いきいきライフスタイル | 動く!汎用製品 | 汎用ニュース&トピックス
メディアで紹介された汎用製品
楽しみを広げよう どこでもカンタン発電機
自休自足

自休自足
2010 夏 Vol.30
文●かとうあづみ
撮影●島村緑

自休自足
●季刊 定価980円(税込)
●株式会社 第一プログレス
 〒101-0061
 東京都千代田区三崎町
 3-6-5 原島本ビル

 http://www.jikyu-mag.com/



ガスパワー ポータブル発電機「エネポ」EU9iGB
●商品情報
カセットガスで電気をつくる発電機「エネポ」があれば、野外料理もラクラクできるんです。さあ、海が見える畑でパーティ!
カセットガスで電気をつくる発電機「エネポ」があれば、
野外料理もラクラクできるんです。さあ、海が見える畑でパーティ!
野外で「エネポ」ファームパーティを手軽に演出
田舎暮らしにあこがれ、農業研修生やエコハウス管理人をしてきた田嶋有子さんは、昨年、脱サラしたご主人の勝也さんと千葉県の南房総、白浜に移住した。古い一軒家と畑を借り、完全無農薬・無化学肥料で野菜や穀物を栽培しながら、勝也さんは近くの農家で修業中。野菜の宅配をして、夫婦で生計を立てることをめざしている。
畑は3カ所に点在し、「ここは苗植え前ですけど」と案内されたのは、不便さから以前は荒れ地になっていた段々畑。でも、青い海を一望できる絶景ファームだ。よく晴れた日曜日に、仲間を呼んで畑パーティーを開くことになった。
有子さんが運んできたのは、5月に発売されたばかりの発電機「エネポ」。ハンドルとキャスター付きだから、斜面でもキャリーバッグのようにラクラク移動できる。
エネポは、コンビニやスーパーで手軽に入手できるカセットボンベで発電できる。たいらな場所にエネポを置いた勝也さんは、2本のボンベをセットしてエンジンを始動。まずはミニホットプレートのプラグをさし込み、自家製のそば粉と小麦粉を使った生地でガレットを焼きはじめた。
「うまそ〜!野外で焚き火料理もいいけど、こういうのもラクちんでいいね」
「オレはビールをキンキンに冷やしておいて、畑仕事のあとに飲みたいな〜」
「音楽を聴きながらの収穫も楽しそう」
「農作業小屋をつくるときも、現場で電動工具が充電できるから便利だね!」
やはり自給自足を楽しんでいる、中村さん夫妻や吉川さん夫妻がワイワイ話す。
「海で泳いで潮まみれになった犬を洗って、ペット用ドライヤーで乾かしたいなぁ」と話すのは、3匹の愛犬と暮らす佐々木望さん。1台で900VAもの電気が使えるエネポがあれば、田舎暮らしやアウトドアの夢はさらに広がりそうだ。
ママが楽しく快適に過ごしているのが伝わるのか、隼乃介くんも「キャッキャッ!」と大はしゃぎ。空がオレンジに染まるころ、豆電球がともり、畑はなにやら野外フェス会場気分。海辺のファームパーティ、今度は秋の収穫祭でやりましょう!
--
停電や災害など、いざという時に最良の発電機
非常時の機動性を重視した、軽量・コンパクト設計の正弦波インバーター搭載発電機「EU26i」なら、高品質な電気を供給し、パソコンや通信機器の電源を確保できます。いざという時の頼もしい味方です。
房総の海辺の一軒家を借りて暮らす田嶋勝也さんと有子さん。昨年長男の隼乃介くんが誕生、めざすは本格的な有機農業家。 房総の海辺の一軒家を借りて暮らす田嶋勝也さんと有子さん。昨年長男の隼乃介くんが誕生、めざすは本格的な有機農業家。
--
夕暮れどきに小さな豆電球をともした。楽しいフェス気分が一気に盛り上がる。 夕暮れどきに小さな豆電球をともした。楽しいフェス気分が一気に盛り上がる。
--
次のページへ >>
 
前画面へ戻る
ホームへ