MENU
HONDA
検索
汎用製品|パワーストーリー
ノンフィクション・ドキュメント | いきいきライフスタイル | 動く!汎用製品 | 汎用ニュース&トピックス
メディアで紹介された汎用製品
海と畑を楽しむ「外房流」田舎暮らし 蔵人サーファー 畑を耕す
田舎暮らしの本

田舎暮らしの本
2010年4月号
田舎暮らしの本
●月刊 定価680円(税込)
●(株)宝島社
 〒102-8388
 東京都千代田区一番町25番地
 http://tkj.jp/inaka/

ガスパワーミニ耕うん機「ピアンタ」FV200
●スペシャルページ


ミニ耕うん機「サ・ラ・ダ FF300L」
●商品情報
波を求めて長年外房に通い詰めたサーファーは、
ついに海辺に移り住んだ。
朝は海、昼は畑、おいしい酒。理想の暮らしがここにある。
いい波、いい酒おいしい野菜
「海は太陽が昇ってくるころに入るのが、いちばんきれいなんですよ。冬でも一日一回、暖かい季節は2回は入りたいね」
杉田真一さん(57歳)がサーフィンを始めたのは18歳のころ。ほどなく、都内から御宿(おんじゅく)町の海岸に通うようになった。
「当時はウェットスーツも輸入ものしかなかったですし、冬まで海に入っているような人は、何人もいなかった。みんな仲間ですよ」
サーフショップの手伝いをするなど、人とのつながりも深まって、外房通いは以来30年以上、途切れずに続いた。子どもたちが独立したのち、御宿の海を見下ろすマンションに一人移ったのが5年ほど前。仕事を続ける妻は東京に残った。
水道設備会社を畳んで移住した杉田さんは、ハローワークで新たな仕事を探した。しばらく続けたのが電線保守のための伐採作業。現場は房総一円で、徒歩で行く山の中も多く、体力的に厳しい。2009年11月からは御宿町内の酒造会社で仕込み作業に携わっている。


東京駅より特急利用で約1時間30分、3500円。車では東京駅より約120km。 東京駅より特急利用で約1時間30分、3500円。車では東京駅より約120km。

条件が許せば海に入るのは日課。泳いで筋肉を使っていないと調子が出ないのだという。 条件が許せば海に入るのは日課。泳いで筋肉を使っていないと調子が出ないのだという。

蒸し上がった米をほぐす。杉田さんが働く岩瀬酒造株式会社(電話 0470-68-2034)は、昔ながらの手作業を守り、山廃仕込みと古酒で知られる(岩の井(いわのい)) 蒸し上がった米をほぐす。杉田さんが働く岩瀬酒造株式会社(電話 0470-68-2034)は、昔ながらの手作業を守り、山廃仕込みと古酒で知られる(岩の井(いわのい))


>> 1.
>> 2.
>> 3.
>> 4.
>> 5.

前画面へ戻る
ホームへ