MENU
HONDA
検索
汎用製品|パワーストーリー
ノンフィクション・ドキュメント | いきいきライフスタイル | 動く!汎用製品 | 汎用ニュース&トピックス
メディアで紹介された汎用製品
健康一番、仲間も一番 野菜づくり大好きクラブ もっと快適!菜園生活のパートナー
やさい畑

やさい畑
2009年 初夏号
文●鑓田浩章
写真●津田雅人
やさい畑
創刊80年の伝統を誇る「家の光」が、菜園生活を楽しんでいる人たちに向けて、「自然と暮らす豊かなライフステージ」を提案する家庭菜園雑誌です。
●季刊 定価880円
●(社)家の光協会
 〒162-8448
 東京都新宿区市谷船河原町11
 http://www.ienohikari.or.jp/

ピアンタ
●スペシャルページ


ミニ耕うん機「サ・ラ・ダ FF300L」
●商品情報 ●スペシャルページ

健康一番、仲間も一番 野菜づくり大好きクラブ もっと快適!菜園生活のパートナー
千葉県八千代市高津団地。5街区の住人が中心になり、30年来すぐ近くの菜園で自慢の野菜をつくり続けている。環境に配慮した安心野菜は、年に一度は地域の人びとにも販売され、好評を博す。和気藹々と笑い声の絶えない風通しのよさも、当クラブの特徴である。青空のもと、各人が思い思いにプレーする「高津菜園クラブ」のホームグラウンドを訪ねた。
身体一つあればすぐ
野菜づくりができる

身体一つあればすぐ野菜づくりができる
高津菜園クラブの代表を務める、鈴木邦彦さんは74歳。この10年間風邪もひかず、医者にもかかっていないと話す。「それもこの菜園のおかげです」と柔和な目が笑っていた。
地元の2軒の地主から借りている菜園は1200坪。7坪または9坪の区画に分けられている。1区画だけを使う人もいれば、余裕があれば複数の区画を借りてもよい。現在、ここで46人の会員が菜園生活を楽しんでいる。
「クラブの特徴は、種と苗、あとは身体一つ運べばすぐに野菜づくりが始められることです」と鈴木さん。水や肥料、農機具など、必要最小限のものは菜園クラブが賄っている。希望者は後を絶たないものの、近年空き区画がほとんど出ないのが実情という。
鈴木さんは、現在60坪の菜園でトマト、ナス、キュウリなどを中心につくっている。最近の肥料の高騰もあり、当クラブでは落ち葉から堆肥を作るなど、コスト面にも気を配り、低コスト低肥料の安全農法を目指す。

「ピ・ア・ン・タFV200」機能紹介
「ピアンタ」は燃料のカセットボンベもワンタッチで簡単にセット。 「ピアンタ」は燃料のカセットボンベもワンタッチで簡単にセット。

キャリーボックスと移動車輪一体のキャリースタンドも付き、車載や移動、収納がスマートにできる。 キャリーボックスと移動車輪一体のキャリースタンドも付き、車載や移動、収納がスマートにできる。
※指定ガスボンベは東邦金属工業(株)の製品です。

次のページへ >>

前画面へ戻る
ホームへ