MENU
HONDA
検索
汎用製品|パワーストーリー
ノンフィクション・ドキュメント | いきいきライフスタイル | 動く!汎用製品 | 汎用ニュース&トピックス
メディアで紹介された汎用製品
ミニ耕うん機と同じHonda汎用エンジン、カートレースでも大活躍!
GAZEN

GAZEN November 2008
GAZEN
●(株)産經新聞メディックス
 〒108-0014
 東京都港区芝4-5-10
 カーニープレイス芝9階
 http://www.sankeimedix.co.jp/

汎用エンジンGX200
●商品情報

ラッキー
●商品情報


中部博さん
中部博さんカートは、誰もが楽しめるモータースポーツ。「BSイレブン・ビレル・ホンダ」チームをはじめ今回、5台の事務局を担当したノンフィクションライターの中部博さん(55)は言う。大のレース好きだ。「ドライバーにとっては自分との戦いですが、スポーツの本質は“遊び”だと思います。K-TAIカート耐久では順位にこだわらず、気軽にみんなで“遊ぶ”こと、何よりも“楽しむ”ことが大切です」。

津々見友彦さん
津々見友彦さんカート耐久は、フォーミュラカーのように目線が低く、倍に感じられる体感速度も魅力のひとつ。自分の持っている能力をどこまで引き出せるかがカギで、何より日常生活では得られないコンマ何秒の世界で競い合い、五感をフルに使うので正に“生きている”という喜びとレースの醍醐味を味わえます。モータースポーツも今や人と環境にやさしい4ストロークエンジンの時代。カートを楽しむことで、日常の運転マナーや交通ルールを守ることの大切さにも気付かされますし、中高年が手軽に楽しめるのも魅力です(談)




取材協力:(株)モビリティランド
http://www.mobilityland.co.jp/k-tai/


団塊世代の週末ファーマ一達の間で人気上昇中のミニ耕うん機。そのパワーユニットである汎用エンジンが活躍する意外なレクリエーションの現場を密着取材。
「ツインリンクもてぎ」(栃木県茂木町)で先ごろ行われた一般参加型のスポーツカートフェスティバル「“K-TAI″4ストカートクラス7時間耐久」だ。ドライバーとメカニック、サポートメンバーらがひとつになって挑むこのK-TAIに迫った。
ミニ耕うん機と同じHonda汎用エンジン、カートレースでも大活躍!
参加型モータースポーツK-TAI(ケータイ)で
空は日差しにかすむ。2008年8月3日(日)、午前10時の気温30.9度、路面温度45度、湿度は67%。炎天下の下、エンデュランスカーニバルはスタートした。ウイーン。低く軽やかな音をたて、色とりどりのカートが次々と目の前を走り抜けていく。
前の車を抜こうと気負って運転する車の中に、悠然と走行する一台が目立つ。カートは白地にグリーンと青の地球模様、ホンダF1マシンを彷彿とさせるearth dreamsの文字が躍るゼッケンNO.16の「BSイレブン・ビレル・ホンダ」チーム。第一ドライバーは、グレーのレーシングスーツに身を包み、背をシートバックにゆったりともたせかける独特の運転スタイル。モータージャーナリストの津々見友彦さん(66)だ。津々見さんは1963年の第1回日本グランプリに出場、ワークスドライバーや優勝経験もあり、このチームのけん引役であり中心的存在。
チームは津々見さんとカーライフジャーナリストの丸茂亜希子さんをはじめとする5人で構成。ビギナーもいる。給油と、次のドライバーに交代するためピットインした津々見さんは、開口一番に言う。「ホントに楽しい!エンジンも絶好調だし、無理しないでいいからね」。ベテランらしく次のドライバーにコーナーの状況などを丁寧にアドバイスする。

プロもビギナーも一緒に楽しむ
日差しはますます強まり、気温がぐんぐん上がっていく。津々見さんの二回目の出番はお昼ごろ。今度は1時間半の長丁場だ。独特なドライビングスタイルは変わることがなく、滑るように走り続ける。ピットに降り立ち、脱いだヘルメットから笑顔がこぼれる。
「小さなエンジンなのに直線の伸びは爽快!コーナリングや走行ラインの取り方など、F1並みで箱のクルマと違うところも新鮮で楽しい!」と4ストカートの魅力にぞっこんの津々見さん。
「BSイレブン・ビレル・ホンダ」チームは、97台中82番目からスタート、123周を7時間4分で走り抜き、結果は95台完走中11位タイ(同一周回同順位)だった。
一つの事を共に成し遂げたチームのメンバーの爽やかな笑顔が、肌を撫でる涼風の中、暮れていく真夏の空の中に、すーっと溶け込んでいく。

「BSイレブン・ビレル・ホンダ」に搭載したHonda汎用エンジンGX200(200cc)。2008年春発売のリアロータリー式耕うん機「ラッキー」や、一輪管理機に搭載されているエンジンをベースにしている 「BSイレブン・ビレル・ホンダ」に搭載したHonda汎用エンジンGX200(200cc)。2008年春発売のリアロータリー式耕うん機「ラッキー」や、一輪管理機に搭載されているエンジンをベースにしている

マシンにはearth dreamsの文字が躍る マシンにはearth dreamsの文字が躍る

“K-TAI”
「サマーエンデュランスカーニバルもてぎKART耐久フェスティバル“K-TAI”」


一般チーム参加によるカート耐久イベントで毎年夏に実施。ツインリンクもてぎのロードコース(全長4.801km)を走るもので、8月3日(日)、4ストローク汎用エンジン搭載の「4ストロークスポーツカートクラス」が7時間ファイナルイベントとして実施された。

【レギュレーションほか】 4ストスポーツカートクラス:排気量270ccまでのスバルかHondaの汎用4ストロークエンジン(主催者指定)
■ドライバー :各チーム3〜10名
(中学生以下のドライバーは1チーム1名まで(女性は除く))
■給油量 :最大2リットル/1回
■結果 :出場台数97台、完走95台
■参加者年齢 :下は9歳から上は66歳まで(平均35.7歳)

前画面へ戻る
ホームへ