MENU
HONDA
検索
汎用製品|パワーストーリー
ノンフィクション・ドキュメント | いきいきライフスタイル | 動く!汎用製品 | 汎用ニュース&トピックス
メディアで紹介された汎用製品
野菜や花作りにはおおらかさも必要です。
やさい畑

やさい畑
2008年 夏号
文●鑓田浩章
写真●家の光写真部
やさい畑
創刊80年の伝統を誇る「家の光」が、菜園生活を楽しんでいる人たちに向けて、「自然と暮らす豊かなライフステージ」を提案する家庭菜園雑誌です。
●季刊 定価880円
●(社)家の光協会
 〒162-8448
 東京都新宿区市谷船河原町11
 http://www.ienohikari.or.jp/

ラッキー
●商品情報

プチな
●商品情報 ●スペシャルページ

簡単操作でプロのニーズにもしっかり応える「ラッキー」
簡単操作でプロのニーズにもしっかり応える「ラッキー」
列車の車窓右手に大山が間近に迫る頃、左手には懐かしい田園風景を目にする。その一画に田んぼと畑を持ち、花の温室を構える加藤花園がある。この肥沃な土地で、安心安全の農作物と50種類にも及ぶ花を育てている。笑顔を絶やさない奥様とスマートで渋めのご主人が迎えてくれた。
エディブルフラワーを身近な食卓へ
神奈川県伊勢原市は、大山詣での地として栄えた歴史ある街。この地で代々農業を営む加藤花園は、米と野菜を育て、季節の花々を栽培する専業農家である。
加藤花園は、現在、ご主人の加藤重治さんと奥様の京子さんを中心に、お母様とご近所の方の応援も受けながら、田畑を管理し、花の栽培を手がけている。特に花の栽培では、エディブルフラワー(食べられる花)に力を入れる。
食す花というと、菊の花や菜の花がなじみ深いが、洋花のサクラソウ、プリムラ類、ビオラなどをゼリーにしたり、サラダやケーキにあしらったり、多様な楽しみ方がある。最近、好評なのは野菜とエディブルフラワーやコンパニオンプランツを組み合わせた寄せ植え。
「口に入れるものですから、美しいばかりでなく、安心・安全を心がけています。実家が牧場なのでそこの堆肥を使い、土づくりも行っています。また、ニームの木から抽出した液体肥料やチップを使って、病気に対する抵抗力をつけ、虫もつきにくくしています」
と奥様のこだわりようがうかがえる。

花いっぱい、うるおい生活 花いっぱい、うるおい生活

次のページへ >>

前画面へ戻る
ホームへ