MENU
HONDA
検索
汎用製品|パワーストーリー
ノンフィクション・ドキュメント | いきいきライフスタイル | 動く!汎用製品 | 汎用ニュース&トピックス
メディアで紹介された汎用製品
野菜や花に寄り添い、じっと目を凝らす
やさい畑

やさい畑
2008年 夏号
文●鑓田浩章
写真●家の光写真部
やさい畑
創刊80年の伝統を誇る「家の光」が、菜園生活を楽しんでいる人たちに向けて、「自然と暮らす豊かなライフステージ」を提案する家庭菜園雑誌です。
●季刊 定価880円
●(社)家の光協会
 〒162-8448
 東京都新宿区市谷船河原町11
 http://www.ienohikari.or.jp/


ラッキー
●商品情報


こまめ
●商品情報 ●スペシャルページ

広い畑も楽に耕うんできる「ラッキー」
広い畑も楽に耕うんできる「ラッキー」
乗京都八王子市郊外、多摩ニュータウンの街なみを遠くに望む一画。
いまだ武蔵野の面影を残す土地に、
おいしい野菜を育てる評判の農園がある。
近くには中央大学があり、職員や学生が直売所に立ち寄っていく。
こちらで育てられたパンジーは地元小学校の花壇を飾る。
野菜と花に寄り添い、温かなまなざしで見守る
仲良しファミリーのもとを訪ねた。
最小限にとどめる、予防消毒の効用
多摩丘陵の開かれた豊かな土地に、めざす「コヤタ農園」はあった。八王子に代々続く農家だ。小谷田直人さんご夫妻とご両親で毎年約50種類の野菜とパンジーを中心に4〜5種類の花を栽培する。
自宅へ通じる道端には、とれたての野菜を廉価で販売する無人直売所が設けられる。
かつて、コヤタ農園ではバラも育てていた。その経験が野菜づくりに生かされている。それは、予防医学ならぬ予防消毒とでも名づけようか。病気や虫が発生する前に最小限の消毒で予防するやり方。
「バラの場合、病気になってしまったら売り物になりません。だから、ことのほか神経を使いました。野菜も同様です。そろそろ虫が来るな、少し弱ってきているな、ということをいち早く察知してあげて対処することが一番大事」と語るのはお父様の和男さん。
多品種少量生産のコヤタ農園では、作り手と野菜が日々語り合うように接している。安心安全に加え、愛情を注がれた野菜は、野菜本来の味と香りをたっぷり蓄える。

家族全員で協力し合う、小谷田家のみなさん。 家族全員で協力し合う、小谷田家のみなさん。

「こまめ」の力強さに満足げな小谷田さん。 「こまめ」の力強さに満足げな小谷田さん。

次のページへ >>

前画面へ戻る
ホームへ