MENU

HONDA

検索
汎用製品|パワーストーリー
ノンフィクション・ドキュメント | いきいきライフスタイル | 動く!汎用製品 | 汎用ニュース&トピックス
メディアで紹介された汎用製品
暮らしの楽しみを一層広げる「ポタジェ」&ミニ耕うん機
NEW ROSES

NEW ROSES 2008
ローズブランドコレクション
NEW ROSES
●定価1050円
●(株)産經新聞メディックス
 〒108-0014
 東京都港区芝4-5-10
 カーニープレイス芝9階
 http://www.sankeimedix.co.jp/

プチな
●商品情報 ●スペシャルページ

バラと野菜・草花・ハーブのポタジェ。ヴァイオレットモーヴ色、フローラルフルーティーの香り高いバラ「シャルトルーズ ドゥ パルム」と、ハーブのラベンダー(右)、ラークスパー(中)など紫系の花を混植。ワイルドストロベリー(右奥)や、銅葉も混じるリーフレタス(手前)の明るい緑色との対比が鮮やかで、コーナー全体が香り立つ。
バラと野菜・草花・ハーブのポタジェ。ヴァイオレットモーヴ色、フローラルフルーティーの香り高いバラ「シャルトルーズ ドゥ パルム」と、ハーブのラベンダー(右)、ラークスパー(中)など紫系の花を混植。ワイルドストロベリー(右奥)や、銅葉も混じるリーフレタス(手前)の明るい緑色との対比が鮮やかで、コーナー全体が香り立つ。
香りのバラ+草花・ハーブ・野菜で
憧れの「ポタジェ」実現

甘い香り、香水のような香り、フレッシュな香り、スパイシーな香り、そして癒されるような香り・・・香りのバラが大人気だ。
庭づくりを行うにあたってはこの香りのバラだけでなく華やかな香りを放つ草花や、スパイシーな香りのハーブ、そして新鮮で瑞々しいフレッシュさがある野菜を一緒に栽培すると、作業が楽しくなるだけでなく、暮らしがもっともっと楽しくなる。
それを実現できるガーデンスタイルが、「ポタジェ」。もともとは野菜を中心としたフランス王宮の装飾菜園で、野菜や食用ハーブの葉の色やかたち、株の高さや幅、そしてコンパニオンプランツの考え方もとり入れて、互いの生長を考えて配置される。このスタイルがイギリスにも広がり、草花や果樹、バラも一緒に植えて楽しまれるようになってきた。
海外の貴族庭園のポタジェは面積が広いため、野菜は野菜、ハーブはハーブと区分されるが、一般の家庭では菜園コーナーにバラや草花・ハーブも一緒に植えて自由に楽しまれている。日本の狭い庭でも、その要素をうまく取り入れれば、十分ポタジェをつくって楽しむことができる。
バラの香りに混じる草花の花の香り、ハーブの香り、そして土のにおい。空気全体が心地良く香り立つ中での野菜づくり。色彩やフォルムの視覚的心地良さに加えて、香りも一体となって奏でるハーモニー。良質な堆肥の利用や、コンパニオンプランツ活用による害虫対策、ビオトープなどエコの要素も取り入れて。ポイントを押さえれば、「憧れのポタジェ」づくりも、夢ではない。


香りのバラの代表種『シャルトルーズ ドゥ パルム』 香りのバラの代表種『シャルトルーズ ドゥ パルム』
次のページ >>

前画面へ戻る
ホームへ