MENU
HONDA
検索
汎用製品|パワーストーリー
ノンフィクション・ドキュメント | いきいきライフスタイル | 動く!汎用製品 | 汎用ニュース&トピックス
メディアで紹介された汎用製品
自然豊かな地での野菜づくりこそ“真のクリエイティブ”
GAZEN

GAZEN May 2008
GAZEN
●(株)産經新聞メディックス
 〒108-0014
 東京都港区芝4-5-10
 カーニープレイス芝9階
 http://gazen.jp/


プチな
●商品情報 ●スペシャルページ


ミニ耕うん機「サ・ラ・ダ FF300L」
●商品情報 ●スペシャルページ

会社の定年前後に野菜づくりを始める人は多い。安心安全、とれたてで新鮮 ----- 野菜づくりに求めるものは人それぞれだが、自然と触れ合い、作物を植えて育てること自体にも大きな喜びがある。Hondaのミニ耕うん機は、そんな充実した定年後の暮らしの実現に役立つ
2台の耕1うん機で耕すとあっという間に土がふかふかに。
2台の耕1うん機で耕すとあっという間に土がふかふかに。
扱いやすく深く耕せるHondaミニ耕うん機
 薄く濃く、丹沢の山々みが重なって目近にそびえ立つ。空には悠然とハンググライダーが飛ぶ。斜面の下に町並み、はるか彼方には相模湾。 ここ「表丹沢堀山下ふれあい農園」は、丹沢山地の麓のゆったりとした傾斜地に設けられた市民農園。総区画数320区画、約2万平方メートルの広大な広さで、駐車場や休憩施設、貸し農具も完備している。
 緒方紳吉さん(60)は7年前から、家から車で10分のこの地で野菜づくりを始めた。長年放送局に勤務、海でカジキを追っていたが、親しい友人の病気をきっかけに、“殺生から生産へ″と野菜づくりに。いまは、アスパラ、ネギ、レタス、ジャガイモ、ナタマメなど約30種類の野菜をつくっている。「始めた最初は例えばアーチチョークなど、変わったものばかりでしたが、いまは基本に戻って行っています」と緒方さん。すべて自然有機栽培だ。食べきれないほどの野菜がとれるが、「つくって育てること自体がおもしろい」という。
 今日はHondaのミニ耕うん機で、この農園の管理を行っている二村操さん(64)と一緒に畑を耕す。みるみるうちに畑が耕されていく。片手で支持するだけでも上手に耕せる「サ・ラ・ダ」を操作した緒方さんは「とてもラクです」。シリーズ最小モデルの「プチな」を操作する二村さんは「最初はコツがいるけど慣れると深く耕せますね」という。
 夏は涼しく冬もあたたか、空気も水もおいしい、丹沢山麓での野菜づくり。緒方さんは言う。「春夏秋冬の移ろいの中に、真のクリエイティブがあると思います」。定年後の創造的な生活の姿が、そこにはある。

緒方さんは「サ・ラ・ダ」FF300Lを操作。エンジンを機体中央、作業部分(ロータリー)を前方に配置、低い重心で、まっすぐにコツを要さず簡単に耕すことができる。メーカー希望小売価格153,300円(税抜本体価格146,000円)
緒方さんは「サ・ラ・ダ」FF300Lを操作。エンジンを機体中央、作業部分(ロータリー)を前方に配置、低い重心で、まっすぐにコツを要さず簡単に耕すことができる。メーカー希望小売価格153,300円(税抜本体価格146,000円)
二村さんは「プチな」FG201を。コンパクトで、キャリーハンドル付で持ち運びもラクな、シリーズ最小モデルだ。いずれも燃料は自動車用無鉛ガソリン。メーカー希望小売価格68,040円(税抜64,800円)
二村さんは「プチな」FG201を。コンパクトで、キャリーハンドル付で持ち運びもラクな、シリーズ最小モデルだ。いずれも燃料は自動車用無鉛ガソリン。メーカー希望小売価格68,040円(税抜64,800円)
緒方さん(左)と二村さん(右)。ニ村さんは山登りが好きで長年訪れてきたこの地に、2年前に家を建てた。農園の管理をしながら草花づくりを楽しんでいる。 緒方さん(左)と二村さん(右)。ニ村さんは山登りが好きで長年訪れてきたこの地に、2年前に家を建てた。農園の管理をしながら草花づくりを楽しんでいる。

17kgと超軽量で、片手で持ってもラクラク。「プチな」FG201と、姉妹機で特約ホームセンターで販売されるホリデーFG201H(右) 17kgと超軽量で、片手で持ってもラクラク。「プチな」FG201と、姉妹機で特約ホームセンターで販売されるホリデーFG201H(右)

績方さんの区画。なだらかな傾斜地になっている 績方さんの区画。なだらかな傾斜地になっている

お湯を沸かしてコーヒーでひと休みするコーナーも お湯を沸かしてコーヒーでひと休みするコーナーも

協力:表丹沢堀山下ふれあい農園
〒259-1304 秦野市堀山下1138−4
利用期間:4月から1年間(継続可・中途利用も可)
利用料金:18,000円/年(1区画30平方メートル〜)
園内設備:管理棟、無料貸農具、水道
駐車場:約80台
間い合わせ:0463−87−6052(山口 午後7時以降)

前画面へ戻る
ホームへ