MENU

HONDA

検索
汎用製品|パワーストーリー
ノンフィクション・ドキュメント | いきいきライフスタイル | 動く!汎用製品 | 汎用ニュース&トピックス
メディアで紹介された汎用製品
熱帯植物やハーブで、新鮮な暮らしを提案 東京都・夢の島熱帯植物館 玉木恭介さん
BISES[ビズ]

BISES[ビズ]
2008.4 春号 No.53
撮影●工藤睦子
★写真協力:夢の島熱帯植物館
BISES[ビズ]
●隔月刊 1,200円
●編集:ビズ出版
●発行:(株)ベネッセコーポレーション
 〒206-8686
 東京都多摩市落合1-34
●BISESホームページアドレス
 http://www.bises.co.jp/

こまめ
●商品情報 ●スペシャルページ

館長の玉木恭介さんと高須しのぶさん。ミニ耕うん機のめざましい活躍ぶりに感心しきりです。玉木さんは仕事に疲れると、ここに来て雑草抜きを1時間もすると気分がすっきりするとか。フェンスの後方がワイルドフラワー花壇。初夏には一面のムギ畑、秋には白い花のソバ畑が広がります。
館長の玉木恭介さんと高須しのぶさん。ミニ耕うん機のめざましい活躍ぶりに感心しきりです。玉木さんは仕事に疲れると、ここに来て雑草抜きを1時間もすると気分がすっきりするとか。フェンスの後方がワイルドフラワー花壇。初夏には一面のムギ畑、秋には白い花のソバ畑が広がります。
ポタジェの12ヵ月東京都立夢の島公園は、ゴミの埋め立て処理場の跡地に整備された広大な公園。そのシンボリックな存在として、豊かな緑の中に、ドーム型大温室「夢の島熱帯植物館」があります。今回はその周辺エリアにある「ハーブ園」や「熱帯畑」を訪ねました。1月末の現場は、煉瓦などで囲った植栽スペースにキャッサバやタロイモなど、珍しい熱帯植物が帽子のように枯れ草の覆いを施され、冬の寒さをしのぐ姿が印象的です。そんななか、巨大な銀葉をもつアーティチョークなどの幼い葉が健気に春の到来を待ちわびています。季節ともなれば、これらの植物たちも見事な葉を展開し、彩り豊かな花で迎えてくれるはず。この日は、樹木医でもある館長の玉木恭介さん自ら、新しく計画した植栽のための大切な土づくりです。ハーブの専門家・高須しのぶさんも加わって秋に収穫して空いたスペースの、地中に残った根や雑草を取り除き、堆肥や石灰をすき込む-----ここでHondaのミニ耕うん機「こまめ」の出番です。この一連の作業も、鍬を使うという重労働なしに一気に進みました。「熱帯植物と私たちの生活との関わりを広く紹介するための施設」の一部という位置付けのこのエリアでは、栽培したハーブを使ったリースづくりやアイの染め物など、地域に開かれた講座も催されて好評です。ハーブや珍しい熱帯植物の栽培はもちろん、その楽しみ方をたくさんの人たちに知ってもらおうと、スタッフの総力で発進する情報に期待が持たれます。

大きな葉が印象的なショクヨウカンナ。アカジソなどのハーブも美しく取り合わせて。 大きな葉が印象的なショクヨウカンナ。アカジソなどのハーブも美しく取り合わせて。

大温室を背景に、キバナコスモスが花盛りの一昨年秋のワイルドフラワー花壇。この花壇の向こうに、ハーブ園と熱帯畑が位置します。 大温室を背景に、キバナコスモスが花盛りの一昨年秋のワイルドフラワー花壇。この花壇の向こうに、ハーブ園と熱帯畑が位置します。

イベントホールでは、ハーブで手作リリースの講習会なども開かれます。 イベントホールでは、ハーブで手作リリースの講習会なども開かれます。

シカクマメ。さやの切り口が四角く、花は紫色。 シカクマメ。さやの切り口が四角く、花は紫色。

パイナップルセージ。赤い花が秋のハーブ園や付近の植え込みを彩ります。 パイナップルセージ。赤い花が秋のハーブ園や付近の植え込みを彩ります。

ジャカランダ。亜熱帯性の花木も見事な花をつけて、来館者の目を引きます。 ジャカランダ。亜熱帯性の花木も見事な花をつけて、来館者の目を引きます。

1月末には左のようなアーティチョークも、夏には2mほどに丈を伸ばし、大きな花を咲かせます。 1月末には左のようなアーティチョークも、夏には2mほどに丈を伸ばし、大きな花を咲かせます。

このつぼみがフランス人は大好物だとか。ハープ園の美しいポイントになります。 このつぼみがフランス人は大好物だとか。ハープ園の美しいポイントになります。

5坪ほどの区画の土づくりも、一時間足らずで完了。ふかふかの土に変わりました。館長のまく石灰もどんどんすき込んで、土壌改良も万全です。 5坪ほどの区画の土づくりも、一時間足らずで完了。ふかふかの土に変わりました。館長のまく石灰もどんどんすき込んで、土壌改良も万全です。

前画面へ戻る
ホームへ