MENU
HONDA
検索
汎用製品|パワーストーリー
ノンフィクション・ドキュメント | いきいきライフスタイル | 動く!汎用製品 | 汎用ニュース&トピックス
メディアで紹介された汎用製品
正直であること。当たり前のことが難しい もっと快適!菜園生活のパートナー
やさい畑

やさい畑
2008年 春号
文●鑓田浩章
写真●家の光写真部
やさい畑
創刊80年の伝統を誇る「家の光」が、菜園生活を楽しんでいる人たちに向けて、「自然と暮らす豊かなライフステージ」を提案する家庭菜園雑誌です。
●季刊 定価880円
●(社)家の光協会
 〒162-8448
 東京都新宿区市谷船河原町11
 http://www.ienohikari.or.jp/

ミニ耕うん機「FF500 サ・ラ・ダ」
●商品情報 ●スペシャルページ

こまめ
●商品情報 ●スペシャルページ

神社の木立が眼前に広がる、先祖伝来の畑で、
6年前から本格的に野菜作りを始めた石垣さん。
そこには絵に措いたような完壁な野菜はない。
形も見栄えもー見さえない野菜たち。
でも、これぞ完全無農薬野菜なのだ。
理解してくれる消費者のために、おいしさを極める努力も怠らない。
生来の探究心と行動力を糧に、土に生きる農業者の畑へご案内しよう。
土づくりから始まる、高付加価値の野菜
埼玉県越谷市郊外で、14代にわたり田畑を守る石垣園芸におじゃました。石垣勝さんは、製薬会社の研究者や、中高一貫校の教師という異色の経歴をもつ。現在、食品管理の仕事に携わりながら、兼業農家として高付加価値の野菜作りに勤しむ。
 経験豊富なお母さんをはじめ、奥様と娘さんのサポートも欠かせない。
「近くには元荒川が流れているので、土質は砂地なんです。だから土づくりがとても大切なんですね」 石垣さんは、1年を通じて農薬や化学肥料に頼らない露地栽培を行う。木酢液すら使わない。こだわりの土づくりには、剪定枝・わら・小糠・鶏糞・牛糞・雑草を使って「土が健康であれば育つ野菜も健康」を信条に栽培を続ける。
畑にはカブ、コマツナにまじって、沖縄野菜の島ニンニク、島ラッキョウ、二十日ネギ、青汁のもとになるケールなどが残っていた。
「目玉商品にできないかなと思って始めたのが沖縄野菜です。虫には意外と強いです。“苦労してよく育ててるね”とみなさん言ってくれるのですが、じつは逆なんです(笑)。」

「こまめ・F220」の力強さに満足げな石垣さん。 「こまめ・F220」の力強さに満足げな石垣さん。

作業や移動などの用途に合わせて最適な速度を簡単に選べます。 作業や移動などの用途に合わせて最適な速度を簡単に選べます。

ワンタッチで耕うんの深さを5段階に調節できるフロント車輪を採用。作物にあわせた耕うん作業ができます。 ワンタッチで耕うんの深さを5段階に調節できるフロント車輪を採用。作物にあわせた耕うん作業ができます。

次のページへ >>

前画面へ戻る
ホームへ