MENU

HONDA

検索
汎用製品|パワーストーリー
ノンフィクション・ドキュメント | いきいきライフスタイル | 動く!汎用製品 | 汎用ニュース&トピックス
メディアで紹介された汎用製品
Hondaエンジン搭載のスポーツカートで、爽快感味わう
GAZEN

GAZEN March 2008
GAZEN
●(株)産經新聞メディックス
 〒108-0014
 東京都港区芝4-5-10
 カーニープレイス芝9階
 http://www.sankeimedix.co.jp/

ポータブル発電機『EU16i』
●商品情報 ●スペシャルページ

協力:アップルフォーミュラランド

〒300-0325 
茨城県稲敷郡阿見町上条92
フリーダイアル:0120-753060
TEL:029-840-3060
FAX:O29-840-3061
http://apple.iiis.ne.jp/

全周530mのレンタルカート場。大人用16台、子供用6台、2人乗り1台のカートがある。ヘルメットやグローブなどの無料貸出しも行っているので、動きやすい服装で行けばすぐ楽しめる。
料金は、3周1,500円、10周2,500円・2人乗りカート3周1,500円 / ショートコース(子供用)3周1,000円・2人乗りカート3周1,000円ほか。チームでの貸し切りも行っている。年中無休で、平日10:00〜21:00、土日祝日9:00〜21:00、冬期は終了時間が1時間繰り上がる。
F1や二輪ロードレース。世界最高峰のモータースポーツ観戦は楽しいが、いざ自分でモータースポーツをとなると一般初心者には敷居が高い感じがする。しかしレンタルカート場のスポーツカートなら、その楽しさを気軽に味わうことができる。Honda汎用4ストロークエンジンを搭載したスポーツカートをレンタルカート場で楽しんだ。
スポーツカートは、スピード感を楽しめ運転技術を試せるが、誰でも楽しむことができる
スポーツカートは、スピード感を楽しめ運転技術を試せるが、誰でも楽しむことができる
レンタルカート場なら免許不要
低く軽やかなエンジン音。スタートした赤いカートはうなりを上げながら、次々に目の前を通り過ぎていく。ここは東京から車で約1時間半の距離、茨城県阿見町にあるレンタルカート場「アップルフォーミュラランド」だ。
走らせるカートは、クローズドのコースでタイムを競い合い、それを楽しむことを目的に作られた入門用の「レーシングカート」。低速で楽しむ、アミューズメントパークなどにあるゴーカートとは違う。このカートの運転、公道を走るわけではないので免許不要で、誰でも楽しめる。
アップルフォーミュラランドには、年間のベ1万人の来場者がある。土日を中心に多いときは1日に100人もの来場者があるという。
男性が9割。30代の人が中心だが、60代の人も多く、子供と一緒に来る人もいる。稲敷市の会社社長、石井勝さん(46)はカートの魅力に魅せられて、毎週のように訪れている一人。「12年前友人に誘われてはじめ、次第にその魅力にはまりました。カートは、ドライビングテクニックを試し、スピードを出すことで非日常性を楽しむこともできます」という。石井さんは、いまや自分でレーシングカートを持ち、エンジンから車体フレームまでさまざまにチューニングを施し、カートレースを楽しんでいる。友達と一緒にチームを組んでツインリンクもてぎで毎夏に行われる一般参加のカート耐久レース“K-TAI”をはじめとする、各地のカートレースに参戦するほどの熱の入れようだ。
 石井さんほどまでいかなくても、カートは誰にでも楽しめる。「カートはリトルFlとも呼ばれます。スピード感を味わうだけでなく、運動不足の解消やストレスの発散にもなります」とサーキットの運営サポートを行う(株)TSCの細田洋守社長。アップルフォーミュラランドには、5歳から乗れる子供用カートや、親子や孫とも楽しめる2人乗りカートもある。普段味わえないスピード感と運転の楽しさを、気軽に味わってみたらいかがだろう。

石井さんはカートの運転と、レースに向けてカートをチューニングアップし、その過程と結果を楽しんでいる。「最初は、レンタルカート場に出向いて、単純に走る楽しみを味わうことから始めるといいですよ」という。 石井さんはカートの運転と、レースに向けてカートをチューニングアップし、その過程と結果を楽しんでいる。「最初は、レンタルカート場に出向いて、単純に走る楽しみを味わうことから始めるといいですよ」という。

「団塊世代の方も、健康管理を兼ねて、お孫さんとご一緒にぜひ、カートを楽しんでください」(細田さん) 「団塊世代の方も、健康管理を兼ねて、お孫さんとご一緒にぜひ、カートを楽しんでください」(細田さん)

夏に、ツインリンクもてぎでカート耐久レース開催
ツインリンクもてぎ(栃木県茂木町)で、一般チーム参加によるカート耐久レース“K-TAI”が開催される。正式名称は「サマーエンデュランスカーニバルもてぎKART耐久フェスティバル“K-TAI”」。ツインリンクもてぎの全長4.801kmを走るもので、4ストローク汎用エンジン搭載の「4ストロークカートクラス」が7時間ファイナルイベントとして土曜日に開催、ミッション付きクラスが日曜日に5時間ファイナルイベントとして実施される。
■ 問い合わせ:0285-64-0200
■ http://www.mobilityland.co.jp/k-tai/

次のページへ >>

前画面へ戻る
ホームへ