MENU
HONDA
検索
汎用製品|パワーストーリー
ノンフィクション・ドキュメント | いきいきライフスタイル | 動く!汎用製品 | 汎用ニュース&トピックス
メディアで紹介された汎用製品
菜園に園児と先生の笑い声がこだまする
やさい畑

やさい畑
2007年 秋号
文●鑓田浩章
写真●家の光写真部
やさい畑
創刊80年の伝統を誇る「家の光」が、菜園生活を楽しんでいる人たちに向けて、「自然と暮らす豊かなライフステージ」を提案する家庭菜園雑誌です。
●季刊 定価880円
●(社)家の光協会
 〒162-8448
 東京都新宿区市谷船河原町11
 http://www.ienohikari.or.jp/

ミニ耕うん機「パンチ・エックス F402J」
●商品情報

ミニ耕うん機「サ・ラ・ダ FF300L」
●商品情報 ●スペシャルページ
菜園に園児と先生の笑い声がこだまする
東京都心から埼玉の田園地帯へ向かう電車に乗って、
幼稚園児が待つ菜園へ向かった。
そこには、カブの収穫に大歓声を上げる子どもたちと、
温かい目で見守る先生たちがいた。
緑豊かな環境のもと土に触れ、収穫する
埼玉県川口市石神という緑豊かな地域に、めざす「小桜幼稚園」はある。到着すると、事務長の中川雅史さんが迎えてくれた。園児は約150人で、地元よりも送迎バスで東川口方面の新興住宅地からやってくる園児が多いという。この日は、園児がカブの収穫を行うというので、見学させてもらうことになった。
菜園は、幼稚園の建物のすぐ裏手にある。約200坪ある野菜畑の小さな一面だが、種まきの段階から園児に見守られて、カブはすくすく成長してきた。有名な童話『おおきなかぶ』ではないが、子どもの力で引き抜けるだろうか、と心配して見ていると、
「せんせいのはなし、きいてくれるかな」「は〜い」
元気よくこたえる園児たちに、先生はやさしくアドバイスする。
「根っこに近い茎を両手で上に引っぱるんだよ。」
虫を見てべそをかく子、腕がかゆいとぐずる子といろいろだが、手にしたカブの自慢大会が始まれば、みんな笑顔になる。われ先に、茎をつかんでイチニノサン!菜園に子どもたちの元気な声がこだました。

今回ご協力いただいた先生と菜園管理人のみなさん。 今回ご協力いただいた先生と菜園管理人のみなさん。

立派なカブの収穫に園児たちの笑顔も絶えない。
立派なカブの収穫に園児たちの笑顔も絶えない。
立派なカブの収穫に園児たちの笑顔も絶えない。

次のページへ >>

前画面へ戻る
ホームへ