MENU
HONDA
検索
汎用製品|パワーストーリー
ノンフィクション・ドキュメント | いきいきライフスタイル | 動く!汎用製品 | 汎用ニュース&トピックス
メディアで紹介された汎用製品
バラの楽しみをもっともっと広げる「ポタジェ」&小型耕うん機
NEW ROSES

NEW ROSES 2007
ローズブランドコレクション
NEW ROSES
●定価1050円
●(株)産經新聞メディックス
 〒108-0014
 東京都港区芝4-5-10
 カーニープレイス芝9階
 http://www.sankeimedix.co.jp/

プチな
●商品情報 ●スペシャルページ

バラの楽しみをもっともっと広げる「ポタジェ」&小型耕うん機
暮らしの中で
ガーデンローズを楽しむ

育ててよい花を咲かせることはもちろん、バラの楽しみ方は最近さまざまになってきた。
花を見たり選んだりする楽しみが第1。各地のバラ公園やナーセリー・園芸店等を訪ねる。カタログを取り寄せる。バラの本を見る。新品種や人気商品を探し、好きな品種をみつけることはとても楽しい。
ガーデニングの楽しみもある。庭を自分でデザインし、カラーコーディネートを考えて、草花やハーブなどと一緒にバラを配置し植え付ける。
花が咲いたら、それをアレンジし、写真に収める。メールで友人に送ったりブログに貼る。会話する。ときには気のおけない友だちや近所の人を呼んでお茶したり、手作りの料理で一緒に食事をすることも、大きな楽しみだ。

バラ・草花・ハーブ・野菜・果樹を
自由に楽しむスタイル「ポタジェ」

こういった楽しみを満喫することができるガーデンスタイルの1つに「ポタジェ」がある。もともとは野菜を中心としたフランス王宮の装飾菜園で、野菜や食用ハーブの葉の色やかたち、高さや株幅、そして成育などを考えて配置される。このスタイルがイギリスにも広がり、草花や果樹、バラも一緒に植えて楽しまれるようになってきた。何も広い場所だけではない。日本の狭い庭でもその要素をうまく取り入れれば、十分楽しむことができる。草花とバラを組み合わせて植える人は多いが、野菜を加えると、葉のかたちや色が美しくデザイン的に変化が出るだけでなく、収穫して「食べる」楽しみも加わる。ネギ科の野菜などは、バラのコンパニオンプランツにもなる。


青リンゴの香りがする“ギィ ドゥ モーパッサン”が、紫キャベツ(左)とリーフレタス(右)の間に顔をのぞかせる 青リンゴの香りがする“ギィ ドゥ モーパッサン”が、紫キャベツ(左)とリーフレタス(右)の間に顔をのぞかせる
次のページ >>

前画面へ戻る
ホームへ