MENU

HONDA

検索
汎用製品|パワーストーリー
ノンフィクション・ドキュメント | いきいきライフスタイル | 動く!汎用製品 | 汎用ニュース&トピックス
メディアで紹介された汎用製品
都会の住宅街の真ん中にスタイリッシュな会員制菜園
GAZEN

GAZEN June 2007
GAZEN
●(株)産經新聞メディックス
 〒108-0014
 東京都港区芝4-5-10
 カーニープレイス芝9階
 http://www.sankeimedix.co.jp/

プチな
●商品情報 ●スペシャルページ

都会の住宅街の真ん中で野菜づくり-----この5月4日のみどりの日にオープン、地下を走る線路の上に設けられ、都会の住宅街の真ん中の会員制貸菜園として話題になっているのが「アグリス成城」だ。ここでもHondaの耕うん機は、スタッフの管理機として活躍している。
スタッフの管理機として役立つHonda耕うん機
菜園(ガーデン)はクラブハウス(左奥)から駐輪場を経た場所にある。 基本2×3の区画の1つが、Honda耕うん機「プチな」FG201でラクラク耕されていく。耕す深さは約13cm、2回以上耕うんすると約26cmまで耕せる。燃料は自動車用無鉛ガソリンを使用。68,040円(税抜64,800円)。
菜園(ガーデン)はクラブハウス(左奥)から駐輪場を経た場所にある。
基本2×3mの区画の1つが、Honda耕うん機「プチな」FG201でラクラク耕されていく。耕す深さは約13cm、2回以上耕うんすると約26cmまで耕せる。燃料は自動車用無鉛ガソリンを使用。68,040円(税抜64,800円)。
小田急線「成城学園前」駅を降りて西口に出ると、洒落た建物が見えてくる。「アグリス成城」のクラブハウスだ。
「アグリス成城」は、地下を走る小田急線の上に設けられた、会員制の貸菜園。もともと地上を走っていた「成城学園前」駅が地下に設けられ、周辺の線路も地下を走るようになって、その空き地部分を有効活用するために設けられた。
「周辺が住宅地なのでその方々への配慮を第一に企画されました。屋上緑化を広げたような考え方です」と支配人の森口智康さん。貸菜園としての特長は、手ぶらで気軽に野菜づくりを楽しめること。総面積5000平方メートルの場所には全300区画があり、1区画は6平方メートル。野菜のタネや苗は用意(実費)され、道具も借りられる。ラウンジ、テラス、パウダールームのある会員制クラブハウスでは、野菜づくり、園芸、料理などの各種講座も実施される。
3月中旬に募集を開始したところ5月上旬で約3分の1の区画が埋まった。成城学園を含む世田谷地区の近隣の人が中心で、30、40、50歳代の人が家族揃って申し込むケースが多い。中には、福利厚生の一環として申し込む企業や、学校の部活での利用もある。
「『家に庭があっても庭師さんが手入れするので野菜を作れない』という人が多いですね。1区画の利用料は“ガーデン会員”が年間13万6500円。一般の貸し菜園と比べたら高いのですが、家族揃っての近場のレジャーという感覚で、決して高く感じられていません」と森口さん。利用期間は1月まで、2月はメンテナンスのために休園する。
「健康づくりのために、野菜をつくりたいという人が多いですね」(森口支配人)
「健康づくりのために、野菜をつくりたいという人が多いですね」(森口支配人)
スタッフは全部で10名いるが、この区画全部を手で耕すのは大変な作業だ。そのときに備え、このほどHonda耕うん機「プチな」FG201を導入した。
使われている土は軽量の、屋上緑化用の砂質の土で、深さは40cm。スタッフが試みにHonda耕うん機を使ってみると、しまっていた土があっというまに耕されていく。その1人は言う。「とても軽くて良いですね。女性の私でも使いやすく、操作が分かりやすい」。Honda耕うん機「プチな」FG201は、2月の本格的稼働を待たずに、スタッフのための日常の管理機としても大いに活躍しそうだ。

道路に面した瀟洒なクラブハウス 道路に面した瀟洒なクラブハウス

明るい雰囲気のロビー 明るい雰囲気のロビー

2階のラウンジでは各種教室も行われる 2階のラウンジでは各種教室も行われる
アグリス成城
〒157-0066 東京都世田谷区成城5-1-1
[ TEL ] 03-3482-0831 [ URL ] http://www.agris-seijo.jp/
・営業時間:9:00〜18:00
・休園日:毎月第1月曜日、年末年始。2月(但しクラブハウスのみ営業)

前画面へ戻る
ホームへ