MENU
HONDA
検索
汎用製品|パワーストーリー
ノンフィクション・ドキュメント | いきいきライフスタイル | 動く!汎用製品 | 汎用ニュース&トピックス
メディアで紹介された汎用製品
野菜づくりの負担の軽減と効率化 小型耕うん機がサポート
やさい畑 2004年冬号


やさい畑 2004年冬号
文●鑓田浩章
写真●家の光写真部
やさい畑
創刊76年の伝統を誇る「家の光」が、菜園生活を楽しんでいる人たちに向けて、「自然と暮らす豊かなライフステージ」を提案する新刊雑誌です。
●季刊 定価880円
●(社)家の光協会
 〒162-8448
 東京都新宿区市谷船河原町11
 

ミニ耕うん機「サ・ラ・ダ」
●商品情報 ●スペシャルページ

谷合太三郎さん東京都国立市郊外、ここは国立市社会福祉協議会が運営する「はつらつ農園」。自力で畑に通える高齢者が自主的に野菜づくりに取り組んでいる。約三百坪の農園で五年余り、三十五人ほどの参加者を束ね、大粒の汗を流してきたのが谷合太三郎さん(69)だ。長年、地元で八百屋を営んできたが、63歳をみずからの定年と決め、老後は悠々自適の農作業のかたわら、市内の小学生を対象に、稲づくりや、わら草履づくり、縄なえなどの技術を伝承する講師役も務めている。
農園での谷合さんは、農家の方の協力を得ながら、見た目よりもひと味ちがう安心できる野菜づくりをめざしている。畑ではナス、キュウリ、トマト、サツマイモ、ジャガイモ、ハクサイ、ダイコンなど十五種類余りを育てる。
お花「土づくり、種まき、間引き、追肥・・・・・・と、野菜づくりにはいくつもの段取りが欠かせません。そのまとめ役を買ってでているわけです。種から芽が出て育っていく姿は子どもといっしょです。無農薬を心がけ大事に育てたい」と話す。
年齢を重ねるにつれて、家に閉じこもりがちな高齢者が増えるなか、はつらつと農作業に打ち込むことは、身体のみならず、心のリハビリにもなる。土に触れ、収穫の喜びを得ることは、なによりの清涼剤だ。収穫物の料理方法を仲間と情報交換したり、孫や子どもたちと、とれたて野菜の食卓を囲んだり、うれしいおまけ付きだ。
参加している方々畑作業は重労働。夏の暑さも冬の寒さも身体にこたえる年齢である。体力にも意気込みにも個人差がある。野菜づくりのプロ用として、また菜園愛好家用に開発された小型耕うん機『サ・ラ・ダ』に、どんなサポートができるものか、谷合さんと女性参加者に試してもらった。

作業土を耕すロータリー部分は前方に配置し、足もとの安全に配慮。初心者でも安定した耕うんが可能だ。ハンドルを握る手は、ほとんど添えるだけ。
「自走式だから、力の弱い人にもだいじょうぶ」と谷合さん。「始動も操作もシンプルね」と女性参加者の声も。デフロックレバーを<直進>から<旋回>に入れれば、旋回もスムーズ。作物に合わせて耕うんの深さを四段階に調節できる。
ハンドルを軽く握ると動き、放せば止まる簡単操作
ハンドルを軽く握ると動き、放せば止まる簡単操作
サイレントマフラーの装備で騒音も気にならず、環境にやさしいクリーンエンジンだから作業も快適になる。これなら宅地化の進む都市近郊でも活躍できる。楽々『サ・ラ・ダ』は、耕うんはもとより、畝立て、中耕、除草などの作業も一台でこなしてくれる。はつらつ農園にとって頼もしいサポーターだ。時間に追われる作業のなか、厳しい表情を崩さなかった谷合さんに温和な表情が戻っていた。

 

前画面へ戻る
ホームへ