MENU

HONDA

検索
トップへ
ドキュメント・Hondaパワープロダクツ
いきいきライフスタイル
パワープロダクツ The Movie
ニュース&トピックス
ニュース&トピックス
暮らしや仕事の様々な場面で役に立つ、ポータブル発電機やミニ耕うん機、芝刈機などの製品を見たり、実際に触れることができるイベントなどの情報をご紹介します。
(2016年4月25日)
日本最大規模のガーデニングショウ
「第18回国際バラとガーデニングショウ」出展概要
〜Honda製品があるフレンチスタイルのガーデンライフを提案〜

 Hondaは、「第18回国際バラとガーデニングショウ」<開催期間:2016年5月13日(金)〜18日(水)、会場:西武プリンスドーム(埼玉県所沢市)>に、バラのイラストなどで装飾した耕うん機や軽自動車を中心に展示し、Honda製品があるフレンチスタイルのガーデンライフを提案します。

 Hondaは、日本最大規模のガーデニングの祭典である国際バラとガーデニングショウにおいて、その開催テーマの「自然との共生」に賛同し、過去11回出展。菜園やガーデニングに役立つミニ耕うん機やポータブル発電機など、汎用製品を使った自然派のアウトドアライフを提案してきました。

 今回は、Hondaがこれまで提唱してきた自宅の庭で自分流のアレンジを楽しめる「Rose&Potager(ポタジェ)※1」を、今回のショウの開催コンセプトである"Paris(パリ)"に合わせたフランス風ガーデンスタイルで提案します。ブースコンセプトは、「パリ郊外の大人シックなポタジェ・ライフ」と題し、"憧れの街、パリに魅せられた夫婦の庭"を想定。花の都パリ郊外の暮らしをイメージしたシャビーシック(Shabby-chic)※2な戸建てに映える「ポタジェ・ガーデン」を、お気に入りのペイントやシールで自分流に装飾したHonda製品とともに演出します。

 Honda製品については、ガーデニングをサポートする耕うん機や芝刈機、発電機のほか、ワンランク上の上質感を目指した軽自動車や二輪車などにバラの絵柄やペイントなどを施し、カスタマイズモデルとして展示します。

 なお、"Paris(パリ)"をイメージしたブースのグランドデザインは、ガーデナーの伊藤きみえ氏が監修し、家の施工を「ツインリンクもてぎ(栃木県茂木町)」にある自然体験施設「ハローウッズ」が担当。モルタル造形によるアンティーク風の外壁やガーデンアーチを空間デザイナーの富澤一信氏(トミ企画)が手掛けます。家をはじめ、ガーデニングシーンを彩るインテリアやエクステリアの色彩は、「Annie Sloan JAPAN(アニー・スローン・ジャパン)by DCT INC」のチョークペイントを使ってデザインします。庭の植栽は、ローズクリエイターの木村卓功氏が手掛ける丈夫で育てやすい最新品種のバラと、「植物自由区(フリーク)」の片山陽介氏が手掛ける野菜や草花でおしゃれに彩ります。また、ポタジェは、主婦ガーデナーとして生活に密着したスタイルの提案で人気のガーデニングカウンセラーである岡井路子氏が手掛け、Honda製品を活用した「粋」で「素敵」なガーデンライフを総合的に提案します。


※1ポタジェ(Potager):フランス語。食用目的のみで野菜を栽培するのではなく、装飾的要素を盛り込んでデザインされた菜園を指す。フランス王宮の幾何学的な菜園から始まり、英国のガーデナーや自然を愛する人たちによって広まる。多くの園芸誌で紹介され、家庭菜園愛好家やガーデナーの間で「憧れのポタジェ」などと呼ばれ、人気が高いガーデニングスタイル ※2シャビーシック(Shabby-Chic):アンティークな雰囲気が醸す上品さや優雅さ、おしゃれな大人っぽさが感じられることを意味する表現。1989年に英国人デザイナーのRACHEL ASHWELが米国カリフォルニア州サンタモニカにオープンした「SHABBY-CHIC」というインテリアショップの名が発祥といわれ、家具などのインテリアの形容句として米国や欧州で共感を呼び、広まったとされている
会場案内図(ドーム内)
会場案内図(ドーム内)
Hondaブースイメージイラスト
Hondaブースイメージイラスト
Hondaブースイメージイラスト
Hondaブースイメージイラスト
耕うん機 プチな FG201
耕うん機 プチな FG201
電動芝刈機 グラスパ HRE330
電動芝刈機 グラスパ HRE330
ガスパワー発電機 エネポ EU9iGB
ガスパワー発電機 エネポ EU9iGB
N-ONE Premium Tourer LOWDOWN
N-ONE Premium Tourer LOWDOWN
スクーター PCX
スクーター PCX
【主な展示モデル】(予定)
<野菜やハーブづくり、土づくりをサポート>
[参考出品]
○耕うん機 プチな FG201 国際バラとガーデニングショウカスタマイズモデル
○耕うん機 こまめ F220 国際バラとガーデニングショウカスタマイズモデル

<芝生の管理に最適>
[参考出品]
○電動歩行型芝刈機 グラスパ HRE330 国際バラとガーデニングショウカスタマイズモデル

<アウトドアや非常用の電源として>
[参考出品]
○ガスパワー発電機 エネポ EU9iGB 国際バラとガーデニングショウカスタマイズモデル
○ハンディタイプ蓄電機 E500

<アウトドアライフを楽しむモビリティとして>
[参考出品]
○軽乗用車 N-ONE Premium Tourer LOWDOWN 国際バラとガーデニングショウカスタマイズモデル
○二輪車 PCX 国際バラとガーデニングショウカスタマイズモデル

「第18回国際バラとガーデニングショウ」開催概要

●会期: 2016年5月13日(金)〜18日(水)
●会場: 西武プリンスドーム(旧:西武ドーム) 〒359-1196 埼玉県所沢市上山口2135
●開館時間: 開館時間 9:30〜17:30
※ 入場は終了時刻の30分前まで
※ 最終日18日(水)は17:00終了(予定)
●入場料: 当日券 大人(中学生以上) 2,200円
前売券 大人(中学生以上) 1,900円
団体券(20名以上) 大人(中学生以上) 1,600円(事前予約制)
※ 価格はすべて税込。小学生以下は無料(ただし、保護者の付き添いが必要)
●主催: 国際バラとガーデニングショウ組織委員会(毎日新聞社、NHK、スポーツニッポン新聞社)
●公式ホームページ(PC/モバイル共通) : http://bara21.jp/