MENU
HONDA
検索
  • TWITTERでシェア
  • FACEBOOKでシェア
  • ラインでシェア

Hondaの世界への挑戦はここから始まった

Honda創業者の世界最高峰への挑戦

Hondaというと「クルマやバイクの会社だよね?」と思うかもしれませんが、レース活動にも情熱を持って取り組んでいる会社なのです。

1948年に本田技研工業株式会社を設立した本田宗一郎は、まずは二輪車の製造販売を開始したわけですが、「自分で製作した自動車で全世界の自動車競争の覇者となる」という少年時代からの夢を、大人になっても持ち続けている稀有な存在でした。無茶な挑戦にも聞こえますが、彼は本気でそう思っていたのです。

そんな宗一郎の夢が本当に実現したのは1961年のことでした。当時「世界最高峰のオートバイレース」とされていた英国のマン島TTレースにて、125ccクラスと250ccクラスの1位から5位までをホンダ車が独占したのです。

もちろん快挙は簡単に達成されたわけではありません。

Hondaの世界への挑戦はここから始まった

「世界一でなければ日本一ではない。」

本田宗一郎が社内に向けて「絶対の自信を持てる生産態勢も完備した今、まさに好機到る! 明年こそはTTレースに出場せんとの決意をここに固めたのである」という主旨の檄文を発したのが1954年。しかしその後、他の海外レースに出場してもHondaチームはなかなか勝てませんでした。

しかし宗一郎はくじけませんでした。彼の当時の口ぐせは「世界一でなければ日本一ではないんだ!」。その言葉どおりに、宗一郎と仲間たちは世界最高峰のレースへの挑戦を続けました。

1961年、世界最高峰のレースでついに頂点へ

地場のレースを通じて着実に力を付けてきたHondaチームは1959年、ついにマン島の地を踏みました。結果は125ccクラスに4台出走して、6位、7位、8位、11位というものでしたが、全車が完走。確実に「手応え」はありました。

Hondaの世界への挑戦はここから始まった

そして翌1960年のマン島TTレースでは確実に順位を上げ、125ccクラスで最高6位、250ccクラスで4位、5位、6位という結果でした。いよいよ1961年、三度目のマン島TTレース挑戦のときがやってきました。

結果は……先ほども申し上げましたように、Hondaチームは125ccクラス、250ccクラスともに1位から5位までを独占しました。完全勝利の瞬間でした。そして「自分で製作した自動車で全世界の自動車競争の覇者となる!」という本田宗一郎の夢がまさに実現した瞬間でもありました。

やる以上はいちばん困難な道をあえて選ぶ

以降もHondaは、数々のモータースポーツに参戦してきました。そして今この瞬間も、世界最高峰の自動車レースであるFIAフォーミュラ・ワン世界選手権(以下、F1)を始めとした数多くのモータースポーツにおいて、挑戦を続けています。

最後に、1965年10月24日に行われたF1メキシコGPで、Honda製F1マシンが記念すべき初優勝を遂げた直後に本田宗一郎が述べたコメントをご紹介します。

「我々は自動車をやる以上、いちばん困難な道を歩くんだというモットーでやってきた。勝っても負けてもその原因を追求し、品質を高めて、より安全なクルマをユーザーに提供する義務がある。そして、やる以上はいちばん困難な道をあえて選び、グランプリレースに出場したわけです。勝っておごることなく、勝った原因を追求して、その技術を市販新車にもどんどん入れていきたい」

この宗一郎のスピリットは今もなお、Hondaのなかに息づいています。

※Fédération Internationale de l’Automobile(国際自動車連盟)の略称