MENU
HONDA
検索

環境わごんあなたの街で海と山に出会える

森からもらった素材に触れて、森林の大切さを知る。

水を蓄え、酸素を作り、生き物や植物を育む森。そんな森の役割や大切さを知る「森の夢工房」。普段使わないような道具や想像力を使う、自由な作品作りを通して、子供たちの想像力や自発性を引き出します。

【森の夢工房を実施している製作所】 ●埼玉製作所 ●栃木製作所 ●浜松製作所 ●鈴鹿製作所 ●熊本製作所
【対象】小学校中・高学年  【実施時間】90分


        埼玉製作所
        環境わごん
        ×
        所沢市立
        中央小学校
埼玉県の所沢市立中央小学校で3年生を対象に実施された
埼玉製作所主催の「森の夢工房」を例にご紹介します。

※使用する素材や道具、プログラムの流れなどは各製作所や季節によって異なる場合があります。

環境わごんがやってきた!        
        「今日は「森の夢工房」で、
        所沢市立中央小学校にやってきました!」

よろしくお願いしまーす!


        1.環境レクチャー
        はじめに「森の役割とその大切さ」
        についてお話します        
        
        森の働きや植物についての知識、
        豊かな森を育てるのには
        人が森の手入れをする必要があることなどを
        紙芝居などを使って伝えます。
        
        
        「森は人間や動物が吸うきれいな空気を作ってくれたり、土に根っこを張って
        地面が崩れないように守ってくれたりします。」

なるほど。

2.モノづくり体験 好きな素材を選んで、自由に作品を作りますCLOSE

何を作ろうかな?


        安全にモノづくりをするために、
        まずは道具の使い方について
        お話します
        
        「環境わごん」のスタッフが何よりも気を使って
        いるのが、子ども達の安全。
        けがをすることのないように、道具の使い方をきちんと
        説明します。作業中も、子ども達の安全を守るため
        常に気を配っています。
        
        何を作るか考えながら、
        まずは素材選び
        
        さまざまな素材を手に取りながら、想像力を働かせ
        作りたいものをイメージします。さらに、実際にそれを作るには
        何をどうしたらよいか、スタッフからヒントやアドバイスを
        貰いながら考えます。
        
        いろんな素材があるよ
        
        素材を切ったり
        何を作りたいのか、どう切りたいのかを、
        子ども達1人1人に聞きながら、丸太切り体験をさせます。
        
        「のこぎりは引くときに切るんだぞ。
        戻すときは力を抜いてな。」
        色を塗ったり
        アドバイスをもらったり
        「こうしたら、どうかな?」
        
        試行錯誤して・・・
        
        完成!

木の匂いがする!

こんな風になりました!

できたよ!ワニです!

OPEN

3.振り返り「発表会」
        
        最後にみんなに発表します。
        
        その日のプログラムを振り返って、環境について
        新しく知ったことや気づいたこと、また工作をする中で
        難しかったところや工夫したところなどを
        みんなに発表します。
        
        
        「楽しかったヒトー??」

クルマを作りました!

ライオンを作りました。森が僕たちの吸う空気を作っていることを知って、森を大切にしなきゃと思いました。

はーい!

はーい!

はーい!

Hondaがこういった活動をしてくださっている
        というのは新鮮でした。これだけたくさんの
        スタッフに見ていただけると、普段では
        させられないようなこともできますし、
        環境の話をベースにこういった
        プログラムをやって頂けることも、とてもいいと
        思いました。学校の図工の授業よりもずっと
        自由なので、子どもたちも楽しそうでした。

担任の先生

所沢市立中央小学校のみなさんありがとうございました!!

PAGETOP