MENU
HONDA
検索

グローバルHondaにおける
新型コロナウイルス感染防止にむけた
支援活動について

新型コロナウイルス感染症により、お亡くなりになった世界中すべての方に哀悼の意を表すとともに、罹患された方、ご家族の方に心よりお見舞いを申し上げ、一刻も早い回復を祈念しております。
この厳しい環境の中、医療の最前線や、私たちの生活を支えるさまざまな現場で、多くの方々が頑張っていらっしゃいます。
Hondaも、製品・技術・人を通して、地域に寄り添いながら、私たちにできる最大限のことを、世界中の仲間たちとグローバル一丸となって取り組んでいく所存です。
一刻も早く、この厳しい環境が終息し、明るい未来を切り開けるよう、これからも一層の努力と知恵と勇気をもって頑張っていきたいと思います。
共にこの危機を乗り越えましょう。

本田技研工業株式会社 代表取締役社長 八郷 隆弘

本田技研工業株式会社
代表取締役社長 八郷 隆弘

世界各地域World

アジア・大洋州

中国

寄付
  • 湖北省赤十字へ500万元 ※1と同内容
  • 武漢市チャリティー協会へ100万元
  • 武漢市経済技術開発区(漢南区)へ300万元
寄贈
  • 武漢市の医療機関へ車載用イオン式空気清浄機3,500台(約180万元相当)
  • 広州第一人民病院へマスク4,000枚、広州赤十字病院へマスク1,000枚
  • 中部戦区総病院、武漢協和病院(西病院)、東風出行などへマスク5,400枚
    医療従事者用防護服600セット、ラテックス手袋1,000足
  • 武漢協和病院と武漢同済病院へ電動バイク46台
人はお互いに助け合うことで、どんな困難も乗り越えられると信じています

第一線で苦労されている医療従事者は、自らの命をかけて患者の命を救っています。そんな医療従事者へ感謝の意を示すために、ウイルス抑制効果がある高機能車載空気清浄機を寄贈することで、安心・安全な車内空間を提供しました。
寄贈対象病院の所在地-武漢市は、都市封鎖エリアでしたが、Honda特約店や部品物流業者と一丸となり、都市封鎖が解除されると迅速に対象病院へ寄贈しました。今回、医療従事者に安心・安全・喜びを届けられたことは、非常に有意義な活動だと感じています。人はお互いに助け合うことで、どんな困難も乗り越えられると信じています。グローバルHonda、一緒に頑張りましょう!

本田技研科技(中国)有限公司
  カスタマーサービス  劉 晨

タイ

寄付・寄贈・その他
  • 医療機関へ感染者用の「陰圧可動型ベッド」100台を製作・寄贈
  • 医療機関へ医療従事者用防護服1万着を寄贈
  • 医療機関へフェイスシールド1,000個を製作・寄贈
  • 医療機関近在の地域へマスク10万枚を配布
  • 医療機関へ救急車10台を貸与
  • 医療機関へ救急バイク10台を貸与

上記、総額4,000万バーツ相当

陰圧可動型ベッドは、輸入すると1台50万〜100万バーツと高額ですが、誰もが安全に患者を運ぶことができます。本大学でも、タイ国内での陰圧可動型ベッドの需要増加に対応する為、開発に取り組みましたが、Hondaが開発したベッドは、医療関係者のテストでも満足のいく結果が得られています。開発・製造にご協力いただいたHondaのチームに感謝するとともに、Hondaがこの可動型ベッドをタイ各地の病院へ提供してくれることに感謝します。

ナバミンドラディラージ大学
 バジラ病院医学部准学部長
助教授 Anusaeng Chitsomkasem

Hondaの自動車組立技術を陰圧可動型ベッドへ応用できることを誇りに思います

私たちは、バジラ病院オリジナルの陰圧可動型ベッドに対し、圧力調整システムやフィルター、酸素タンク収納スペースの改良を行いました。改良されたベッドでは、より効率的な圧力調整、空気のろ過ができ、酸素タンクの収納が可能です。Hondaの自動車組立技術を陰圧可動型ベッドへ応用できることを誇りに思いますし、このベッドは新型コロナウイルスの蔓延を減らし、医療スタッフの安全性を高めるのに役立つことでしょう。

Honda Automobile(Thailand)Co.、Ltd.
ボランティアエンジニアリングチーム
管理アシスタントジェネラルマネージャー
 Wallop Luangseenak

インド

寄付・寄贈
  • Hondaグループ企業の製造工場があるハリヤーナ州、ウッタルプラデーシュ州、カルナータカ州、
    グジャラート州、ラジャスターン州の中央政府および州政府の救済基金へ5,500万ルピーを寄付
  • Hondaグループ5社すべての従業員が自主的に給与1日分を寄付
  • 複数政府機関へ公共エリア消毒用の動力噴霧機2,000台を寄贈

上記、総額1.1億ルピー相当

その他
  • 地方行政へHonda各工場に配備されている救急車数台を貸与
  • 貧困層や恵まれない人々へ食糧を支援
この危機を乗り越えるために可能な限り、支援を拡大していきましょう

Hondaの工場付近には、貧困層の日雇い労働者が多くいて、国全体の都市封鎖で食料入手が困難な状況でした。そのため、地域の貧しい人々への食料提供を決めました。また地方自治体では、今回の危機に必要な消毒機材の備えがなかったため、Hondaの動力噴霧機が役立つと考えました。警察から外出を厳しく制限される中、特例として許可を得ることができましたが、移動や混雑する場所でのソーシャルディスタンスの維持には苦労しました。
Hondaは常により良い社会に向けて考え、CSR活動を通じ、社会課題の解決に取り組んでいます。このような危機的状況で、貧しい人々を自主的に支援できる機会を与えてくれたHondaに感謝していますし、 Hondaの一員であることを誇りに思います。また村の方々や政府からの謝意も得られ、とても嬉しいです。
自分自身・まわりの人の安全には気をつけてください。政府のガイドラインに従い、この危機を乗り越えるために可能な限り、支援を拡大していきましょう。

Honda Motorcycle And cooter India Pvt. Ltd.
総務 Chandra Bovi

ベトナム

寄付・寄贈・その他
  • ベトナム祖国戦線中央委員会へ100億ドンを寄付
  • ビンフック省ベトナム祖国戦線へ手洗い消毒液200個、体温計422個を寄贈
  • ハナム省ベトナム祖国戦線へ10億ドンを寄付
  • 10の州へマスクやハンドウォッシュ19万6,000個を寄贈
  • 10の州の労働者32万人以上へマスクを配布

フィリピン

貸与
  • 医療機関へ車両15台

パキスタン

寄付
  • アトラス財団へ6,500万パキスタン・ルピー

北米

アメリカ・カナダ・メキシコ

寄付
  • 米国、カナダ、メキシコのフードバンクや食事プログラム、医療関係団体へ150万ドル
  • 食事プログラムに対する従業員マッチングギフトを実施(個人毎最大1,000ドルのマッチング)
寄贈
  • 医療機関へマスク等個人用保護具 20万件以上
  • 医療機関へフェイスシールドを製作・寄贈
その他
  • 地方自治体(ミシガン州デトロイト市)へ感染者の搬送車両(仕立て車)を貸与
  • 人工呼吸器用コンプレッサーの生産支援(月産1万個を目標)
  • 従業員有志による“virtual volunteers”として、在宅で対応可能な支援を実施
  • Hondaセンター(南カリフォルニア州のHondaが協賛するエンターテインメント施設)を
    セカンドハーベストフードバンクによる食料配布の配送センターとして提供、合わせて食品等も提供
  • 新型コロナウイルスへの対応で最前線で働く人々へ感謝の意を表し、
    ソーシャルメディアキャンペーン(#ThankaHealthCareHero)を実施
地域への恩返しは、私たちが地域を想う気持ちを示す最も誠実な方法の一つ

新型コロナウイルスの影響で、アメリカでは多くの人々が自身や家族の食事を確保するのに苦労しており、Hondaの従業員は寄付やフードバンクでのボランティア活動を通じ、このような食糧不安を支援しています。
私も人々のニーズに応え、負担の一部を軽くしたいと思い、Greenburg Community Bread of Life food bankで、地域の方々へ提供する食事の準備を行うボランティアを行いました。地域への恩返しは、私たちが地域を想う気持ちを示す最も誠実な方法の一つであり、地域の方にHondaの存在を期待していただけるようにと思っています。

Honda Manufacturing of Indiana,LLC
購買 部品品質 Evan Clark

南米

ブラジル・ペルー

寄贈
  • ブラジルサンパウロ州スマレ市へ動力噴霧機4台、マスク2,000枚
  • ブラジルアマゾナス州へモーターポンプ10台
  • ペルーリマ市へ動力噴霧機30台
その他
  • 人工呼吸器の修理支援
  • ブラジルアマゾナス州政府およびアマゾナス州立大学と人工呼吸器開発に関する技術協力
  • ペルー保健省へ車両を貸与
困難な時期だからこそ、人を助けるために前進し、Power of dreamsを達成しなければならないのです

ブラジルでは、約3,600台の人工呼吸器が使用されていないと推定されており、何らかのメンテナンスが必要でした。
そのため、コロナの感染拡大と医療及びヘルスケア機器の需要増加を受け、人工呼吸器の修理と周辺地域への支援を決めました。私たちに医療機器のメンテナンス経験はありませんでしたが、チャレンジ精神をもって重要性の高い支援を実現しました。1台の人工呼吸器で10人の命を救うことができるのです。この大きな責任を全うすべく、まずは人工呼吸器の研究に専念し、スマレ工場に作業体制を整え、約30人の専任の従業員で対応しました。故障した人工呼吸器の収集、クリーニング、故障箇所の特定と解決、そして最終調整を、メンテナンスを専門とする会社との協力で技術的な厳しさも乗り越えました。努力を惜しむことなく人を助けることは、これ以上に素晴らしい感情はありません。我々チームは社会の支援のために、工学知識や電気的・機械的技術すべてを活用できることをとても光栄に思っています。
みんながそれぞれできることをすれば、このパンデミックをより早く克服できると信じています。困難な時期だからこそ、私たちは自分自身の限界に挑戦し、人を助けるために前進し、Power of dreamsを達成しなければならないのです。

Honda Automóveis do Brasil Ltda.
技術品質 ジェネラルマネージャー Bruno Gobb

Hondaの創業以来、人々を助けることは使命であり、私たちのブランドの本質です

バイクの工場があるマナウス市では、医療システムの高負荷と人工呼吸器不足に直面しており、アマゾナス州政府とアマゾナス州立大学との合意の元、人工呼吸器の試作品開発に取り組んでいます。
新しい製品を開発するためには、集中治療医とエンジニアからなる多機能チームの新しい知識による研究が必要でした。 最初の試作品には、最大および最小圧力(PEEP)の調整、呼吸頻度/吸気時間の制御、肺換気中の空気と酸素の混合物の適切な投与量といった医療要件を満たすための主要な機能を組み込みました。
次のステップは、高い精度を保証するための電子統合と、運用パラメーターの制御、試作品承認のための医療検査です。 新型コロナウイルスの早期解決への期待度は非常に高く、最優先すべきは人々の安全なので、私たちは責任をもって推進しています。この非常に困難な時期に、積極的に社会へ貢献できることは大変名誉なことです。 人工呼吸器の開発はHondaの専門ではありませんが、崇高な理由であるため、私たちはこのプロジェクトの実現に全力を尽くします。
この状況は、企業や社会として私たちが直面する最大の挑戦の一つですが、私たちが共に同じ方向へ行動すれば、克服できると確信しています。 Hondaの創業以来、人々を助けることは使命であり、私たちのブランドの本質です。

Moto Honda da Amazônia Ltda.
購買 ディレクター Fausto Tanigawa

欧州

イギリス・ドイツ

寄付・寄贈・その他
  • 医療機関へフェイスシールドを製作・寄贈
  • 医療機関等へ個人用保護具や消毒液5万個を寄贈
  • 現地NGO団体へ寄付、日本で手作りされたマスクを寄贈
  • 政府運営の医療機関NHS(National Health Service)で活動するボランティアへPCX20台を提供
  • 従業員によるNHSのボランティアサポート
私たちができるのは小さなことですが、良い変化をもたらすことができればと切に願っています

感染リスクの高い人々は、 12週間家を出ないよう制限され、二重に困難な状況にあります。食料品の買い出しに行ったり、処方箋を入手することができないため、ボランティアを頼っています。彼らが確実に必要な物資を受け取ることができるよう、NHSで活動するボランティアへ搬送能力の高いスクーターPCXを提供しました。私たちは2013年以来、地域コミュニティの誇り高きメンバーであり、地域の手助けとなるため、何かできることをしたいと考えています。
私たちができるのは小さなことですが、良い変化をもたらすことができればと切に願っています。

Maidstone Honda Dealer
ジェネラルマネージャー Harry Pearce

困っている人々への支援活動を全面的にサポートします

イギリスで75万人が、こんなにも迅速にNHSのボランティアへ登録したことはとても感動的です。
Maidstone Honda Dealerは、通常の業務ができず大変な状況の中、困っている人々が必要な供給を受けられるよう、地域社会の配送能力を高めるべく、スクーターの提供を決めました。このような役割を果たしていることを嬉しく思いますし、私たちは彼らの活動を全面的にサポートします。

Honda Motor Europe Ltd. UK支店
二輪領域責任者 Neil Fletcher

Hondaは、
刻々と状況が変化する中、
最前線で戦っておられる皆さまへ
敬意を表するとともに、
一日も早い終息を願い、
Hondaとしてできることを
一つひとつ全力で
取り組んでまいります。