MENU
HONDA
検索

最終審査会

子どもアイディアコンテスト 第17回 最終審査会 日時 2020年1月11日(土)12:45〜17:00(開場10:00〜、プレス受付11:30〜) 会場 Honda ウエルカムプラザ青山 レポート公開しました!

第17回子どもアイディアコンテスト 最終審査会が1月11日(土)にHonda ウエルカムプラザ青山にて開催されました。
過去最多の応募数となった8,155作品(昨年:6,409作品)の中から選ばれた28組の子ども達が、
アイディアの絵から作った立体作品を、審査員や会場の人々の前で発表しました。
アイディアのポイントを伝えるために作品を動かしたり、音を鳴らしたり。
子ども達の工夫いっぱいの発表を、会場全体で温かく見守りました。

審査会の流れ

 

空を飛んで花火を近くで見れたり、日本中のお祭りを楽しむことができる、ワクワクがたくさんのお祭りれっ車!

絵本やずかんを読んでたくさん勉強して発表してくれた齊木さん。外来種をへびのお腹の中に住まわせてあげる、やさしい仕組みになっています。

歯磨きの役割をしてくれるグミを作る夢のようなキット!おいしく、楽しく、虫歯予防ができちゃいます!

みんなでじゃんけん。じゃんけんポン!

つなぎを着て発表した三浦さん。Hondaロゴに見せかけて「MIURA The Power of TOILET」と書いてあります。ユーモアあふれる衣装がステキ!

フォトギャラリー

  • 第17回最終審査会レポート
  • 第17回最終審査会レポート
  • 第17回最終審査会レポート
  • 第17回最終審査会レポート
  • 第17回最終審査会レポート
  • 第17回最終審査会レポート
  • 第17回最終審査会レポート
  • 第17回最終審査会レポート
  • 第17回最終審査会レポート
  • 第17回最終審査会レポート
  • 第17回最終審査会レポート
  • 第17回最終審査会レポート
  • 第17回最終審査会レポート
  • 第17回最終審査会レポート
  • 第17回最終審査会レポート
  • 第17回最終審査会レポート
  • 第17回最終審査会レポート
  • 第17回最終審査会レポート
  • 第17回最終審査会レポート
  • 第17回最終審査会レポート

最優秀賞 受賞者

【低学年の部】
佐藤 迪洋さん・知海さん

発表動画を見る

受賞者の声
最優秀賞の発表のときにまさか選ばれるとは思いませんでした。
これで終わりではなくて、この作品を7号8号ともっと改良していきたいです。
保護者の声
学校では「先生から教わる」ということが多くて、自分でこうしようという機会が、特に低学年ではあまりないと思うんですが、それを経験できたことは本当に良かったと思います。

りょうりのせいぶん へんかんマシーン りょうりのせいぶん へんかんマシーン

受賞作品
りょうりのせいぶん
へんかんマシーン
レバーを上下してボタンをおすだけで、食べたい料理のせい分をかんたんにかえられる。病気の人でも、みんなで同じ料理を楽しく食べることができます。

【高学年の部】
三浦 士さん

発表動画を見る

受賞者の声
僕は2年生のときからこのアイディアを考えていて、そのアイディアをみんなの前で発表できて、みんなが笑ってくれたので「最高だな」と思いました。
保護者の声
2年生から温めていたアイディアを「私だけ聞いているのはもったいない」とずっと思ってきたので、今回みなさんの前で発表できて、おまけに賞までいただけたので本当に良かったです。

エネルギーはトイレから エネルギーはトイレから

受賞作品
エネルギーはトイレから
再生可能エネルギーについて勉強したときにバイオマスから発電することに興味をもち、水素車の本をよんでバイオマスと水素の発電を一体化してみてはと思い考えました。

審査員のコメント

審査員長 茂木 健一郎さん

審査員長 茂木 健一郎さん(脳科学者)

子どもたちがこんなに頑張っているのだから、大人である我々はもっと社会や世界のことを考えて頑張らなければ、と逆に子どもから大人が教わる場でもあった思います。
やっぱり夢というものを持つことが大事だと思います。その夢をいかに実現していくかということを、1つ1つ地道にやっていけば、日本の未来、世界の未来は明るいなと確信したとても素敵なコンテストでした。

最終審査会の作品はこちら

子どもアイディアコンテスト

メールマガジン 登録はコチラから


閉じる

閉じる