MENU
HONDA
検索

応募おうぼについて

未来にあったらいいなと思うアイディア募集中!

応募のヒント

アイディアがなかなかでてこない!
そんな人のために、このページではアイディアを考えるときのヒントを紹介します。

3つのポイントから考えてみよう!

  • 未来にあったら楽しいものって何だろう? 詳しく見る
  • 未来にあったら町やちいきがもっとよくなるものって何だろう? 詳しく見る
  • 未来にあったらこまってる人が助かるものって何だろう? 詳しく見る

ワークシートもいっしょにつかおう!

このシートをかつようすれば、アイディアの考えをまとめるのにべんりです。ダウンロードしてつかおう!

  • 【低学年用】(PDF:403KB)ダウンロード
  • 【高学年用】(PDF:328KB)ダウンロード

保護者の方へ
子どものサポートの仕方 参加した先生からのアドバイス!

子どもが考えつくのを待つ
子どもは大人では思いつかないような面白い発想をします。
大人の意見はそんな子どもの発想を壊してしまう可能性があるので、子どものアイディアをじーっと待ちましょう。
Teachingではなく、Coaching
アイディアを考える時は、答えを教えるのではなく、どうしたらできる?どんなものだとおもしろい?など、子どもを導いてアイディアを引き出してあげましょう。常にHOWでの問いかけが大切です。
「ほめる」「駄目だし」を使い分ける
「ほめる」と伸びる子、「駄目だし」すると伸びる子、子どもの性格に合わせてアドバイスしてあげましょう。この2つによって、さらに面白いアイディアを子どもは考えます。
色々な事に「本気で」
取り組ませてあげること!
子どもは自分の引き出し(知恵・経験)からアイディアを考えます!子どもの時しかできない色々な経験で、この引き出しをたくさん磨いてあげてください。
アイディアがひらめいたら応募しよう! 応募要項
Get Adobe Reader※PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はこちらのバナーからダウンロードしてください。

子どもアイディアコンテスト

メールマガジン 登録はコチラから