MENU
HONDA
検索

海外の活動

夢のある明日の社会づくりをめざすHondaは、
世界各地で、人々の喜びにつながる活動を
進めています。

中国
Hondaグループ
一体で行う
内モンゴル地区での植林活動
中国の乾いた砂漠に緑を取り戻す

活動紹介ムービー

中国における植林活動

中国では、人口の急増や過放牧などの要因により砂漠化が急速に進んでいます。中国政府は森林の被覆率を2050年までに26%以上に引き上げることを目標に、全力で植林活動を進めています。
日本からもっとも近いこの砂漠に緑を取り戻したい、そんな想いからHondaも2000年より中国で植林活動を始めました。植林後も継続的に緑化活動が続いていくよう、地域の方々と手を取り合って、砂漠の緑化に取り組んでいます。

中国における植林活動

「喜びの森」計画

2000年から内モンゴル自治区のホルチン砂漠において行なったのが「喜びの森」計画と名づけられた植林活動。Hondaの従業員やOB・OGのボランティアが日本から現地を訪れ、現地の小・中学生などと交流しながら植林を進め、緑化の重要性について地域の方々と共に考えてきました。このプロジェクトの実施期間8年で植えられた木は8万本を超えました。今では、最初の年に植えた木が8mを超える巨木に成長。2007年、この森は中国政府より73戸の地域の住民に分割譲渡され、彼らによって自主管理されています。

現地の小・中学生とともに植樹を行うボランティア
現地の小・中学生とともに植樹を行うボランティア
現地の小・中学生とともに植樹を行うボランティア

内モンゴル植林活動

2008年からは、本田技研工業(中国)投資有限公司が中心となり、内モンゴルのウランチャプ市にある友誼ダム周辺地域で「内モンゴル植林活動」をスタートしました。北京の北西約300キロに位置するこの地域は、人口の急増や過放牧などの人為的な要因により砂漠化が急速に進んでいます。Hondaは、樹種の選択、植樹法、緑化プロセスに至るまで、北京林業大学の教授からアドバイスを受けながら独自の工夫を重ね、5年間で約467ヘクタール(東京ドーム約100個分)に約70万本を植樹し、この地域での活動を終了しました。

2013年からは新たな5ヶ年の合同植林プロジェクトを開始。Hondaに関連する16の合弁会社が参画し、2017年まで5年をかけて、内モンゴルの国道110号線沿いの約467ヘクタールに植樹してきました。

新たな5ヶ年計画のスタートとなる2018年からは、本田技研工業(中国)でスタートした社会貢献活動「Honda Dream Fund」(貧困家庭に育つ子どもの夢を支援するプロジェクト)によって、支援を受けた学生が参加。Hondaフィロソフィーを体感する機会にもなっています。

内モンゴル植林活動

2019年の活動紹介

2019年の活動紹介

2019年は、内モンゴル興和県で植林活動が行われ、Hondaに関連する合弁会社16社の従業員や「Honda Dream Fund」によって支援を受けた学生など、207名が参加。モンゴル松の苗木1,000本が植えられました。

フォトギャラリー

参加者の声

中国ではアリペイ(モバイル決済)に「アリの森」というプログラムがあり、皆さん喜んでアプリで「クラウド植林」をやっています。今回のようなHondaの植林イベントは、実際に砂漠で自ら木を植えて中国の環境に貢献できるのでとても素晴らしい機会でした。

私の夢は教師になることです。今後チャンスがあれば、山の奥にいる子供たちに教えたい。Honda Dream Fundの一員として、今回参加したイベントのように、子供たちを連れて植林をするなど、社会に貢献できるよう有意義なことをやりたいと思っています。

HDF(Honda Dream Fund)羅正

環境に対して、我々は責任があると思っています。遠くない将来には、ここが緑になる。これが私が参加する理由です。この活動を通じて、Hondaが世界のトップ企業というだけではなく、環境に対して非常に熱心な企業だと感じました。企業発展とともに、環境にも力入れているのは珍しいと思います。

今回の経験を生活に活かしたいです。私は間もなく大学を卒業して「社会」という学校に入ります。これからも妥協せずに夢を追求して頑張りたいです。

HDF(Honda Dream Fund)練緒良

子供の時、ふるさとの山東省は「砂塵嵐」がよくあって、環境も悪くなってきたと感じていました。GHACに入社して、植林イベントを知り、将来このような悪い状況がなくなるよう参加しました。

今回は2回目の参加ですが、初めてここに来た時の衝撃を忘れません。ネットで見た昔の何もない砂漠から、10年間継続することで、こんな緑になった。これからも、環境を壊さないためには一人ひとりの努力が必要だと感じました。今日感じたことを周りに伝えていきたいと思います。

GHAC(GAC Honda Automobile Co., Ltd.)張祥鶴

Hondaの想い

水野 泰秀
水野 泰秀 / Yasuhide Mizuno
本田技研工業株式会社 常務執行役員 中国本部長
中国でHondaの販売がスタートしてから25年以上経ちます。中国政府や市民の皆様に対する恩返しとして、この植林活動を実施しています。小さな積み重ねですが、従業員ができる限りこの活動に参加することに意義があると思い、継続して取り組んでいます。
朱 林杰
朱 林杰 / Linjie Zhu
本田技研工業(中国)投資有限公司 広報部部長
この活動は今年で12年目を迎えます。毎年200人くらいの中国の従業員が集まり、これまで17,300ム(約1153万㎡)の植樹を成功させました。従業員が笑顔で取り組んでいる姿を見るのは事務局としても幸せです。今後も中国にできる社会貢献として継続できるよう、長期的なビジョンを検討したいと思っています。

Hondaはこれからも、
豊かな自然を
次世代に引き継ぐため
地球環境を守る活動に
積極的に取り組んでまいります

PAGE TOP