MENU
HONDA
検索

ATHLETE

Hondaサポート選手一覧

Hondaは、夢にチャレンジするアスリートたちを応援し、
さまざまな面で彼らをバックアップしています。

HIROYUKI YAMAMOTO

山本 浩之選手

山本 浩之
出身地
日本 福岡県
生年月日
1966/5/31
好きな食べ物
スパゲッティ
嫌いな食べ物
貝類
勝負飯
バナナ
競技以外の趣味
珈琲焙煎・カメラ
選手としての自分の強み
年齢を生かした経験値
車いす陸上を始めたきっかけ
車いすバスケットをしている時に、監督から体力づくりでさせられたのがきっかけ。走り始めると意外とはまり現在に至る。
車いす陸上・参加競技の魅力
スピードが速いのはもちろん。目まぐるしく変化していくレース展開。
主な戦歴
<2020年>
・大分車いすマラソン2020 2位

<2019年>
・仙台国際ハーフマラソン 1位

<2018年>
・東京マラソン 1位

<2017年>
・ボストンマラソン 3位
( 1:19:32 自己ベスト)

1日のスケジュール

  • 7:30 起床

  • 8:00 朝食
    朝は納豆ご飯のみ!

  • 9:00 練習
    大会へ向けた練習だけでなく、子どもたちへの指導も活動の一部。障がいのある子どもたちのスポーツ活動を支援するNPO法人「キッズスポッチャ」で、車いす陸上のコーチも務めています。

  • 12:00 昼食

  • 15:00 練習

  • 19:00 夕食
    食後は自家焙煎のコーヒーでほっと一息。

  • 23:30 就寝

選手からのメッセージ

— 車いす陸上を通して伝えたいメッセージ
スポーツを通じて人生を楽しみましょう!

HIROKI NISHIDA

西田 宗城選手

西田 宗城
出身地
日本 大阪府
生年月日
1984/3/11
好きな食べ物
麻婆豆腐
嫌いな食べ物
トマト
勝負飯
卵料理
競技以外の趣味
卓球
試合前のルーティン
いつも通りのことをする
好きなコース
大分国際車いすマラソン
選手としての自分の強み
下り坂のスピード
車いす陸上を始めたきっかけ
テレビで車いすマラソンの映像を見て、そのスピード感に魅了されたこと。
車いす陸上・参加競技の魅力
42.195キロを1時間20分で走るスピード感。
主な戦歴
<2020年>
・大分車いすマラソン2020 4位

<2019年>
・ロンドンマラソン(世界選手権)8位
・ソウルマラソン 3位

<2018年>
・パリマラソン 1位
・シカゴマラソン 4位
・大分国際車いすマラソン 5位
・大阪マラソン 1位

<2017年>
・中央ソウルマラソン 1位

1日のスケジュール

  • 7:00 起床
    朝は7時までには起きて規則正しくを心がけています。

  • 8:00 朝食
    朝食は軽めですが、卵焼きは必ず食べます。

  • 10:00 練習
    ロード練習で30~40キロ走ります。

  • 12:00 昼食
    昼食は午後のトレーニングに向けて高タンパク・高エネルギーなものを心がけています。

  • 13:00 仮眠
    午後からのトレーニングの質を上げるために20分ほど仮眠します。

  • 15:00 トレーニング
    室内のルームランナーでインターバルトレーニングや登り坂のトレーニングを行います。

  • 19:00 夕食
    夕食でも卵料理は必ず食べます。

  • 20:00 ペットとのだんらん
    ペットの犬と過ごす時間が一番リラックスできる時間です。

  • 23:30 就寝
    大事にしているのが睡眠時間。

選手からのメッセージ

— 車いす陸上を通して伝えたいメッセージ
出来る理由を考えて行動すると道は開けるということを教えてもらいました。マラソンのように長い人生の中で、たくさんの壁に当たることもあると思いますが、一歩ずつ前進していきましょう。

ERNST VAN DYK

エレンスト・ヴァン・ダイク選手

エレンスト・ヴァン・ダイク
出身地
南アフリカ 南アフリカ
生年月日
1973/4/4
好きな食べ物
直火焼きのステーキ
嫌いな食べ物
トマト
勝負飯
ステーキ
競技以外の趣味
木工細工、盆栽
試合前のルーティン
試合前日のお昼にステーキ、夕食にパスタを食べて、よく寝てリラックスする!
好きなコース
ボストンマラソンのコース(なだらかな丘があるから)
選手としての自分の強み
体重を活かした下り坂の高速滑走、上り坂
車いす陸上を始めたきっかけ
子どもの頃に学校で陸上競技に触れて以来、スポーツに夢中になった。
車いす陸上・参加競技の魅力
ロードレースでの戦略性のある勝負と、最先端の技術。
主な戦歴
<2019年>
東京マラソン 3位
ニューヨークシティハーフマラソン 2位
ボストンマラソン 5位
ロンドンマラソン 6位

<2018年>
ドバイマラソン 3位
東京マラソン 3位
ニューヨークシティハーフマラソン 1位
ボストンマラソン 2位

<2017年>
ニューヨークシティハーフマラソン 1位
ボストンマラソン 2位
ロンドンマラソン 4位
ニューヨークシティマラソン 4位

1日のスケジュール

  • 6:00 起床

  • 6:30 朝食

  • 7:00 娘たちを学校に送る

  • 8:00 業務
    ナショナルセールスマネージャーとして、義足メーカーに勤務。

  • 16:30 ロードトレーニング
    週を通して、主に90分間のインターバルトレーニングを行います。

  • 19:00 ジムトレーニング
    筋力トレーニングを行います。

  • 20:00 家族との団らん
    家族と過ごすのが一番リラックスできる時間です。

  • 22:00 就寝
    大事にしているのが睡眠時間。6~7時間は寝るようにしています。

選手からのメッセージ

— 車いす陸上を通して伝えたいメッセージ
私たちは、スポーツを通じて制限から解放されます。競技中は、さながら闘いに赴く戦士の気分です。

MANUELA SCHAR

マニュエラ・シャー選手

マニュエラ・シャー
出身地
スイス スイス
生年月日
1984/12/5
好きな食べ物
和食、イタリアン
勝負飯
ピザ、ハンバーガー、パスタ、寿司(食べるのはレース後)
競技以外の趣味
愛犬と自然の中で過ごすこと
試合前のルーティン
レーサーとギアの手入れ
好きなコース
ワールドマラソンメジャーズのコース全て
選手としての自分の強み
下り坂の滑走
車いす陸上を始めたきっかけ
事故に遭う前からよく走っていたので、車いす陸上競技に挑戦し、すぐに夢中になりました。
車いす陸上・参加競技の魅力
パワー、持久力、テクニックの合わせ技。
主な戦歴
<2019年>
ボストンマラソン 1位

<2018年>
シカゴマラソン 1位
ニューヨークシティマラソン 1位

<2017年>
ボストンマラソン 1位
ロンドンマラソン 1位

1日のスケジュール

  • 5:30 起床

  • 6:15 実家まで愛犬を預けにドライブ

  • 7:15 業務
    スイスの麻痺障がい者を支援する協会に勤務。

  • 12:10 トレーニング
    筋力トレーニングを行います。

  • 13:15 昼食

  • 14:30 トレーニング
    トラック上で車いすレーサーに乗って練習します。

  • 16:00 トレーニング終了
    犬を迎えに行きます。

  • 17:00 散歩
    犬と長距離の散歩をします。

  • 19:00 夕食
    食後はTVを見たりなどしてくつろぎます。

  • 23:30 就寝

選手からのメッセージ

— 車いす陸上を通して伝えたいメッセージ
スポーツは私に、制限を乗り越えるチャンスをくれます。競技を通じて、完璧を追求しているかのようです。

AMANDA MCGRORY

アマンダ・マクグローリー選手

アマンダ・マクグローリー
出身地
アメリカ アメリカ
生年月日
1986/6/9
好きな食べ物
チーズ
嫌いな食べ物
ビーツ
勝負飯
パスタ
競技以外の趣味
読書と音楽を聴くこと
試合前のルーティン
たっぷりの睡眠と美味しいコーヒー
好きなコース
シカゴマラソンのようななだらかなコース
選手としての自分の強み
ストロークの効率性と優れた戦略
車いす陸上を始めたきっかけ
私が11歳の時、フィラデルフィアが子ども向けの車いすスポーツプログラムを開始した際に始めました。
車いす陸上・参加競技の魅力
自分自身の期待と競い合い、自分自身に挑戦すること。
主な戦歴
<2019年>
ベルリンマラソン 2位
シカゴマラソン 3位

<2017年>
東京マラソン 1位
ボストンマラソン 2位

1日のスケジュール

  • 6:00 起床
    起きたら愛犬のカルバンとコーヒーを飲みます。

  • 7:00 朝食
    軽い朝食を取ります。(バタートースト)

  • 8:00 トレーニング
    トレーニングセンターに到着。朝はトラックか路上でのトレーニングを行います。

  • 10:00 帰宅
    家に戻りシャワーを浴びたら、カルバンを連れて職場へ。

  • 11:00 業務
    レコード会社でデジタルオペレーション業務を担当しています。

  • 16:00 トレーニング
    二度目の練習のため、再びトレーニングセンターに。リフティングや筋力トレーニングを行います。

  • 17:30 夕食
    帰宅し、夕食を作ります。

  • 19:00 散歩
    カルバンを散歩に連れていきます。

  • 20:00 明日の準備
    お弁当を作ったりして、明日の支度を整えます。

  • 21:00 就寝

選手からのメッセージ

— 車いす陸上を通して伝えたいメッセージ
私はすべての人達が、特に障がいを持つ人達こそ、健康的な生活を送るべきだと強く主張します。

HISTORY

Hondaと車いす陸上の歩み

Hondaが車いす陸上支援に新たなる一歩を踏み出したきっかけと
長い道のり、そしてこれから