MENU

HONDA

検索

活動一覧/2015年度

ご覧になりたい活動をクリックしてください。

※2014年度以前の活動は、左の「年度別 活動一覧」からご覧ください。

開催日 開催県 開催場所
16年3月19日(土) 宮崎県 宮崎市「みやざき臨海公園北ビーチ」
15年11月15日(日) 島根県 出雲市「稲佐の浜」
15年7月19日(日) 長崎県 雲仙市「千々石海岸」
15年9月16日(水) 新潟県 村上市「瀬波温泉海水浴場」
15年9月12日(土) 静岡県 御前崎市「マリンパーク御前崎」
15年8月2日(日) 鳥取県 米子市「皆生海水浴場」
15年7月8日(水) 秋田県 にかほ市「象潟海水浴場」
15年7月6日(月) 秋田県 仙北市「田沢湖」
15年7月1日(水) 山形県 鶴岡市「湯野浜海水浴場」
15年6月28日(日) 山形県 鶴岡市「湯野浜海水浴場」
15年6月19日(金) 鹿児島県 志布志市「ダグリ岬海水浴場」
15年7月22日(水) 宮城県 宮城郡七ヶ浜町「表浜」
15年7月15日(水) 愛媛県 松山市「和気海岸」
15年7月15日(水) 新潟県 長岡市「寺泊中央海水浴場」
15年7月5日(日) 岡山県 玉野市「渋川海岸」
15年7月5日(日) 静岡県 御前崎市「マリンパーク御前崎」
15年6月27日(土) 三重県 鈴鹿市「鼓ヶ浦海水浴場」
15年6月20日(土) 三重県 鈴鹿市「千代崎海水浴場」
15年6月10日(水) 和歌山県 田辺市「田辺扇ヶ浜海水浴場」
15年6月7日(日) 京都府 京丹後市「琴引浜海水浴場」
15年6月12日(金) 青森県 三沢市「三沢ビードルビーチ」
15年6月11日(木) 北海道 小樽市「銭函海水浴場」
15年6月10日(水) 北海道 石狩市「石狩浜海水浴場」
15年5月22日(金) 熊本県 天草市「本渡海水浴場」
15年4月25日(土) 宮崎県 日南市「大堂津海水浴場」
15年3月27日(金) ブラジル フォルタレーザ市「フトゥーロビーチ」
2016年3月19日(土)       宮崎県宮崎市  「みやざき臨海公園北ビーチ」

> クリックすると写真を拡大してみることができます(計6枚)

トライアスロン大会の開催を2日後に控えた「みやざき臨海公園北ビーチ」で「Hondaビーチクリーン活動」を実施しました。この日は県内の販売会社やグループ会社などの従業員や関係者とその家族、近隣小学校の子どもたちなど計82人が参加。快晴に恵まれた白砂の砂浜で清掃活動を行いました。清掃後はミニサイズのバギーとビーチクリーナーによるビーチクリーン活動の体験試乗会を実施したほか、小学生が対象の「環境授業」も併催。きれいになった砂浜では子どもたちが裸足になって走り回り、サラサラとした砂の感触を楽しんでいました。

2015年11月15日(日)       島根県出雲市  「稲佐の浜」

> クリックすると写真を拡大してみることができます(計7枚)

「稲佐の浜」は出雲神話の「国譲り」の舞台であり、年に一度、旧暦の10月には日本全国から八百万の神々が参集される神聖な砂浜です。現在も神々をお迎えする「神迎神事」は受け継がれており、荘厳な儀式に多くの人々が立ち合います。この「神迎神事」を6日後に控えた砂浜で、自治会関係者や地域の皆さん、島根県のHonda Carsで組織される島根県ホンダ会のメンバーなど総勢200名による、2015年最後の「Hondaビーチクリーン活動」を実施しました。

2015年7月19日(日)      長崎県雲仙市  「千々石海岸」

> クリックすると写真を拡大してみることができます(計9枚)

千々石(ちぢわ)海岸は、日本自然百選、白浜青松百選にも選定される、約2kmの美しい砂浜が弓なりに広がる海岸です。その砂浜で、県内のHondaの販売会社やグループ会社などの従業員18人が集まり、約40年の歴史がある地域の一斉清掃に参加協力させていただきました。Hondaの関係者などは、日の出前の4時30分に現地集合! キラリと光る“流れ星”が見えるきれいな星空のもと、ビーチクリーン活動の準備を始めました。集合時間の朝5時には、地域の皆さんとともに、砂浜の清掃活動を開始。早朝の清々しい空気の中での活動となりました。この日は、晴天の日曜日ということもあり、砂浜には砂遊びや魚釣りに興じる方々も多数。上空を通りかかったカラフルなパラグライダーの方が手を振って応援してくださり、ビーチクリーン活動にも一層力が入りました。

2015年9月16日(水)      新潟県村上市   「瀬波温泉海水浴場」

> クリックすると写真を拡大してみることができます(計5枚)

県内の販売店Honda Carsで組織される新潟県ホンダ会が、ビーチレジャーシーズンが終了した「瀬波温泉海水浴場」で「Hondaビーチクリーン活動」を実施。100人近い参加者が、快晴の青空の下で砂浜の清掃に汗を流しました。「この活動は、自社の技術や製品を通じて、社会に貢献できるよい機会だと思います。これからも継続して参加したいですね」と感想を話す人がいました。

2015年9月12日(土)      静岡県御前崎市   「マリンパーク御前崎」

> クリックすると写真を拡大してみることができます(計6枚)

県内のHondaの販売会社で組織される静岡県ホンダ会が「マリンパーク御前崎」で「Hondaビーチクリーン活動」を実施。台風通過と秋雨前線の影響により全国各地が大雨に見舞われました。その直後とあって、この日の砂浜は、河川から流れ出た流木をはじめとした漂着物で覆い尽くされた状態でした。そこで、まずは人の手による手拾いでこれらを拾い集めていきました。簡単に移動できない大木などは、ノコギリで小さく切断して撤去。その後、「Hondaビーチクリーナー」を導入し、最後はレーキを使って整地作業を行いました。参加者の一人は「皆の力で砂浜をきれいにできたことで、微力ながら地域の役に立てればうれしいです」と話していました。

2015年8月2日(日)      鳥取県米子市   「皆生海水浴場」

> クリックすると写真を拡大してみることができます(計6枚)

県内にあるHondaの販売店Honda Carsで構成される鳥取県ホンダ会が「皆生海水浴場」で「Hondaビーチクリーン活動」を実施しました。この日は、地域のビーチラグビー協会の皆さんも参加し、総勢45人での活動となりました。さんさんと太陽が降り注ぐ砂浜で、額に汗しながら懸命にゴミの手拾いを実行。そして「Hondaビーチクリーナー」を使って細かいゴミまで取り除いた砂浜では、ビーチラグビーの選手たちが早速練習を開始。選手の一人は「砂がフカフカで、とても気持ちいいです。私たちも引き続きこの活動に協力し、きれいな状態の砂浜を保っていきたいと思います」と話してくれました。

2015年7月8日(水)      秋田県にかほ市   「象潟海水浴場」

> クリックすると写真を拡大してみることができます(計6枚)

海開き直前の「象潟海水浴場」で、Hondaの販売会社で組織される秋田県ホンダ会が「Hondaビーチクリーン活動」を実施しました。この日は、地元の小学生約70人のほか、地域の皆さんも加わり、総勢300人を超す参加者が集まりました。最初は人海戦術による手拾いでゴミを回収。その後「Hondaビーチクリーナー」で砂の中の細かいゴミまで取り除いていきました。また、小学生の参加者には、地球環境のしくみがわかる「環境授業」を実施。ゴミを拾うことの大切さ、そして、そもそもゴミを捨てないことが重要だということを学んでもらいました。

2015年7月6日(月)      秋田県仙北市   「田沢湖」

> クリックすると写真を拡大してみることができます(計6枚)

秋田県仙北市の田沢湖で、仙北市役所主催による湖畔の清掃活動が行われ、秋田県ホンダ会がこの活動に参加協力しました。田沢湖畔の砂浜は、かつては足で踏むと音がする鳴き砂を特徴としていましたが、現在は鳴かなくなってしまったそう。そのため、地域住民の方々が一体となり鳴き砂を取り戻す活動を行っています。この日は、そのサポートの一環として活動を行いました。参加者は「このような活動を地道に続けて、昔のようにキュキュッと鳴く、白く輝く“鳴き砂”を取り戻したいです」と話してくれました。

2015年7月1日(水)      山形県鶴岡市   「湯野浜海水浴場」

> クリックすると写真を拡大してみることができます(計4枚)

海水浴シーズンには毎年多くの観光客が詰めかける「湯野浜海水浴場」で、県内の販売店Honda Carsで組織される山形県ホンダ会が、「Hondaビーチクリーン活動」を実施しました。この日は、総勢167人が参加。3日前に清掃活動を行っていたことから、目につくゴミはあまりない状態でしたが、手拾いの後に「Hondaビーチクリーナー」を走らせると、砂の中に埋もれていた細かいゴミが! 雨の中での作業となりましたが、皆で力を合わせて砂浜をきれいにした参加者たちは、充実した笑顔を見せていました。

2015年6月28日(日)      山形県鶴岡市   「湯野浜海水浴場」

> クリックすると写真を拡大してみることができます(計4枚)

鶴岡市内にあるHondaの関連会社で構成される地域会の「べにばな会」と、県内のHondaの販売会社で組織される山形県ホンダ会がタッグを組み、「湯野浜海水浴場」で「Hondaビーチクリーン活動」を実施しました。この日は、家族や関係者の友人など総勢109人が参加。皆でゴミの手拾いなどを精力的に行いました。この砂浜は海水浴場として人気が高く、参加者は「自分たちできれいにした砂浜に大勢の人が遊びに来るのが楽しみです」と話していました。また「子どもたちにも、こういう活動の大切さを伝えたいと思います」といった感想も聞かれました。

2015年6月19日(金)      鹿児島県志布志市   「ダグリ岬海水浴場」

> クリックすると写真を拡大してみることができます(計6枚)

県内の販売店Honda Carsで構成される鹿児島県ホンダ会が主催し、「ダグリ岬海水浴場」で「Hondaビーチクリーン活動」を実施しました。この日は大雨の直後ということもあって、砂浜には大量の流木が漂着していました。そのような大きめのゴミは、約50人の参加者が協力し合って手作業で除去。雨上がりならではの蒸し暑さの中、皆、額に汗を光らせながら熱心に作業を進めていました。そして最後に「Hondaビーチクリーナー」を使って、人の手では回収が難しい細かなゴミを砂の中から取り除きました。参加者の一人は、「ゴミが散乱した砂浜を最初に見たときは、どうにもならないのではないかと思いましたが、みんなが力を合わせることで、美しい砂浜を取り戻せたと思います。私たちの活動がきっかけになって、ゴミを捨てない気持ちを持ってくれる人が増えるとうれしいですね。」と話していました。

2015年7月22日(水)      宮城県宮城郡七ヶ浜町   「表浜」

> クリックすると写真を拡大してみることができます(計3枚)

東日本大震災以降、被災した地域の砂浜が以前の美しい姿を取り戻す一助となれるよう、Hondaは、被災地域での「ビーチクリーン活動」を実施しています。宮城県内の販売店Honda Cars 19社と、県内に事業所を持つ自動車部品メーカー(株)ケーヒンとで組織された宮城県ホンダ会が主催し、地域の方々とともに地方自治体と協力しながら活動を行っています。8回目となる今回は、七ヶ浜町(しちがはままち)の「表浜(おもてはま)」で実施しました。その様子を、レポートでお伝えします。

2015年7月15日(水)      愛媛県松山市   「和気海岸」

> クリックすると写真を拡大してみることができます(計7枚)

真っ青な海と瀬戸内海に浮かぶ島々がつくる風景が美しく、その全長が約500メートルの「和気海岸」にて、県内のHondaの販売会社で組織される愛媛県ホンダ会が「Hondaビーチクリーン活動」を実施しました。ここは、多くの親子連れやマリンスポーツを楽しむ人が訪れる人気のレジャースポット。この日は、和気小学校4年生の子どもたちを含む地域の方々と協力し合い、総勢281人で砂浜の清掃に取り組みました。手拾いで目に付くゴミを回収した後は、「Hondaビーチクリーナー」を導入。素足で歩ける砂浜を目指して、砂の中に埋もれていた細かいゴミまで取り除きました。

2015年7月15日(水)      新潟県長岡市   「寺泊中央海水浴場」

> クリックすると写真を拡大してみることができます(計4枚)

夏休みシーズンを目前に控えたこの日、県内の販売店Honda Carsで組織される新潟県ホンダ会が主催して、「Hondaビーチクリーン活動」を開催しました。従業員を含む総勢100人が「寺泊中央海水浴場」に集結。砂浜には漂着ゴミが多く、特に波打ち際は足の踏み場もない状態でした。しかし、丁寧な手拾いと、「Hondaビーチクリーナー」による清掃によって、砂浜は美しさを取り戻しました。子ども連れで参加した従業員は、「きれいになった砂浜で子どもたちが楽しそうに遊ぶ姿を見て、参加してよかったと思いました。この活動は、子どもにとっても、自然の大切さを身近に感じるいい機会になったと思います」と話していました。

2015年7月5日(日)      岡山県玉野市   「渋川海岸」

> クリックすると写真を拡大してみることができます(計6枚)

瀬戸内海沿岸に位置する「渋川海岸」では、毎年、自治体主催による大規模な海岸清掃活動イベント「リフレッシュ瀬戸内」が開催されます。県内にあるHondaの販売店で組織される岡山県ホンダ会は、このイベントと併催して、「Hondaビーチクリーン活動」を実施。天候に恵まれたこの日は、「リフレッシュ瀬戸内」に参加した約460人の地域の方々をはじめ、41人のHondaグループの関係者が協働で、ゴミの手拾いに汗を流しました。大勢のマンパワーに よる手拾い清掃の後は、「Hondaビーチクリーナー」が丹念に浜辺を走ります。作業が終わり、きれいになった砂浜を前にした参加者たちの笑顔は、充実感に満ちていました。

2015年7月5日(日)      静岡県御前崎市   「マリンパーク御前崎」

> クリックすると写真を拡大してみることができます(計5枚)

県内のHondaの販売店で構成される静岡県ホンダ会と、トランスミッション製造部がタッグを組み、「マリンパーク御前崎」での「Hondaビーチクリーン活動」を計画。地域の自治会や子供会、商工会議所、観光協会の皆さんなどに参加協力を仰ぎました。これにより、約300人の方々が参加される予定でしたが、残念ながら当日はあいにくの降雨で中止に。しかし、Hondaグループのメンバーは諦めずに、雨具を着用してゴミの手拾いを実施。33人のボランティア参加者は、雨水を含んで重くなった砂や大きな水たまりなどに阻まれながらも、懸命に手作業によりゴミを拾い集めました。

2015年6月27日(土)      三重県鈴鹿市   「鼓ヶ浦海水浴場」

> クリックすると写真を拡大してみることができます(計5枚)

県内のHondaの販売会社で組織される三重県ホンダ会が、「鼓ヶ浦海水浴場」で「Hondaビーチクリーン活動」を実施しました。この日は、地域の自治会の方々と、Hondaグループからの参加者など計128人が力を合わせての清掃活動となりました。最初は、手拾いで大きめのゴミを回収。ビンや缶、発泡スチロールなどのゴミに加え、くだけた貝殻の破片などを回収しました。その後、「Hondaビーチクリーナー」を丹念に走らせ、砂の中に埋もれたプラスチックの破片などの細かなゴミも除去しました。

2015年6月20日(土)      三重県鈴鹿市   「千代崎海水浴場」

> クリックすると写真を拡大してみることができます(計4枚)

県内のHondaの販売会社から組織される三重県ホンダ会と、鈴鹿製作所が協力し合い、「Hondaビーチクリーン活動」を実施。この日は、海開きが目前に迫った「千代崎海水浴場」に、地域の方々20人と、Hondaグループの関係者など計112人が集結しました。午前中は、皆で協力しながら大きめのゴミを手拾い。ときに冗談を言い合う和やかな雰囲気の中、テキパキと作業を進めていきました。午後は、「Hondaビーチクリーナー」を導入し、人の手では拾い切るのが難しい砂の中の細かなゴミを回収。砂浜の清掃が終わると、参加した地域の方は、「足の怪我につながるゴミまで取り除くことができて、よかった。これで、訪れる方々に安心して楽しんでもらえそうです」などと話していました。

2015年6月10日(水)      和歌山県田辺市   「田辺扇ヶ浜海水浴場」

> クリックすると写真を拡大してみることができます(計5枚)

田辺市観光振興課の協力を得て、県内のHondaの販売店で構成される和歌山県ホンダ会が「Hondaビーチクリーン活動」を開催しました。晴天に恵まれたこの日は、Hondaグループのボランティア参加者など107人が参加。猛暑の中、額に汗を光らせながら、懸命に作業に取り組んでいました。この海岸では、翌週にスイミング大会と海開きが予定されていることから、清掃後には、「きれいになった砂浜で、みんなに気持ちよく楽しんでもらえるとうれしい」と話す参加者もいました。

2015年6月7日(日)      京都府京丹後市   「琴引浜海水浴場」

> クリックすると写真を拡大してみることができます(計5枚)

京都府内のHondaの販売会社で構成される京都府ホンダ会が、鳴き砂で知られる「琴引浜海水浴場」で「Hondaビーチクリーン活動」を実施しました。この日は、砂浜清掃で拾ったゴミが入場券代わりとなる「はだしのコンサート」と共催。学生や家族連れを含む220人の地域の参加者と、40人のHondaグループの関係者が、砂浜の清掃に取り組みました。鳴き砂は、主成分の石英が汚れてしまうと音が鳴らなくなります。そこで、人の手による清掃に加え、砂の中の細かいゴミまで取り除ける「Hondaビーチクリーナー」もフル稼働。清掃後は、きれいになった鳴き砂で、さっそく素足になって音を確認する子どもたちの姿も見られました。

2015年6月12日(金)      青森県三沢市   「三沢ビードルビーチ」

> クリックすると写真を拡大してみることができます(計3枚)

この日は朝から小雨が降るあいにくの天気でしたが、県内のHonda Cars 13社のメンバーなど、約50人が集合。最初は手拾いで比較的小さいゴミを拾い集め、その後、「Hondaビーチクリーナー」でさらに細かいゴミを回収しました。また、砂浜には、人の頭ほどもあるゴツゴツしたコンクリートの塊や太い流木など、東日本大震災の津波で流されてきたと思われるものも散在していました。中には、当時から放置されたままという、砂に埋もれた漁網も。掘り出してみると想像以上に大きく、20人がかりで声を掛け合いながら撤去しました。

2015年6月11日(木)      北海道小樽市   「銭函海水浴場」

> クリックすると写真を拡大してみることができます(計5枚)

道内のHonda Carsで組織された北海道ホンダ会が主体となり、小樽市の銭函海水浴場で「Hondaビーチクリーン活動」を実施しました。当日は、気温が13度ほどと低く、さらに霧雨が舞うコンディション。しかし、計42人のボランティアスタッフはそれにめげることなく、熊手やスコップなどを駆使しながら、漂着ゴミなどを回収していきました。手拾いによる清掃の後は「Hondaビーチクリーナー」を導入。今回初めて参加した従業員は、「思いの外、過酷な作業でしたが(笑)、やりがいを感じました。でも、また参加したいです」と笑顔で話していました。

2015年6月10日(水)      北海道石狩市   「石狩浜海水浴場」

> クリックすると写真を拡大してみることができます(計5枚)

北海道ホンダ会が主体となり、「石狩浜海水浴場」で「Hondaビーチクリーン活動」を実施しました。この日は朝から曇空の肌寒い天候でしたが、Honda Carsの従業員やその家族など、167人が集結。ゴミの手拾いや、砂とゴミの分離作業を、手分けして行なっていきました。小さな子ども連れで参加したスタッフは、「みんなで協力しながら地域のためになる活動をできるのはいいですね。子どもにとっても貴重な体験になったと思います」と話していました。

2015年5月22日(金)      熊本県天草市   「本渡海水浴場」

> クリックすると写真を拡大してみることができます(計6枚)

熊本県内にあるHondaの販売会社で組織される熊本県ホンダ会の主催により、天草市の本渡海水浴場で「Hondaビーチクリーン活動」を実施しました。この日は、Honda Carsの従業員に加え、熊本製作所の従業員やOBをはじめとするHondaグループの関係者43人が参加。雲ひとつない晴天の下、Hondaビーチクリーナー2台とビーチモンパル1台を駆使しながら、清掃活動に汗を流しました。参加者からは、「もっと頻繁に参加できる機会がほしい」「次回はぜひ地域の方々と一緒に活動したい」などの声が聞かれました。

2015年4月25日(土)      宮崎県日南市   「大堂津海水浴場」

> クリックすると写真を拡大してみることができます(計6枚)

宮崎県にあるHondaの販売会社からなる宮崎県ホンダ会が、日南市の大堂津海水浴場で「Hondaビーチクリーン活動」を実施。この日は、地域のビーチテニス協会や企業などからもボランティア参加があり、計61人での活動となりました。ゴミの手拾いでは、地域の方々が楽しそうに談笑しながら手際よく作業に励む姿が印象的で、ふだんからの絆の強さを感じられました。翌週にはこの砂浜でビーチテニス大会が予定されていたことから、「みんなで汗を流して清掃した砂浜で、選手が気持ちよくプレーできるとうれしいです!」と話す参加者もいました。

2015年3月27日(金)      ブラジル フォルタレーザ市  「フトゥーロビーチ」

> クリックすると写真を拡大してみることができます(計6枚)

ホンダサウスアメリカ・リミターダ/ブラジルでは、“JUNTOS PELO AMANHÃ - Educaçãao no trânsito e respeito ao meio ambiente por um mundo melhor ” (Together for Tomorrow - より良い世界のために、環境への敬意と交通教育を)を合い言葉に、地域とのつながりを大切にした社会活動を行っています。「Hondaビーチクリーン活動」もその一つ。今回は、ブラジルのフォルタレーザ市街の東側に位置するフトゥーロビーチでの活動の様子をお伝えします。