キャンプ道具の上手な積み方
ステップ ワゴン

ステップ ワゴンでキャンプをするイメージ写真ステップ ワゴンでキャンプをするイメージ写真

タイプ:SPADA 
ボディカラー:ホワイトオーキッド・パール

※オプション装着車

※本車両は、すでに販売を終了しております。

※当ページで積載しているキャンプ道具は、親子4人(大人2人と小学校のお子さま2人)で1泊2日の屋外キャンプへ行くことを想定した一例です。
あくまでも参考としてください。

幅も高さもたっぷりの荷室は、親子4人分の道具を積んでもまだまだ余裕!ヨコにもタテにも開く「ワクワクゲート」は、
キャンプシーンでも大活躍!

車でキャンプをするイメージ図 車の荷台に積み込んだキャンプ道具一式の写真 実際に荷物を乗せた写真 荷室開口部高さ約1270mm 荷室開口部幅約最大1180mm※数値はホンダ測定値 荷室開口部高さ約1270mm 荷室開口部幅約最大1180mm※数値はホンダ測定値

積んだキャンプ道具の一覧を見る

積んだキャンプ道具一覧

親子四人親子四人
車に積んだキャンプ道具一式の写真
  1. テントテント
  2. ランタンランタン
  3. タープタープ
  1. ポールポール
  2. テーブルテーブル
  3. チェア×4チェア×4
  1. トライポッドトライポッド
  2. ラックラック
  3. 焚火台焚火台
  1. 焚火スタンド焚火スタンド
  2. キッチン用テーブルキッチン用テーブル
  3. クーラークーラー
  1. ゴミ箱ゴミ箱
  2. コンテナコンテナ
  3. クッカークッカー
  1. ウォータータンクウォータータンク
  2. 調理器具調理器具
  3. バーナーバーナー
  1. 食器など食器など
  2. 大人用の寝袋×2大人用の寝袋×2
  3. 子ども用の寝袋×2子ども用の寝袋×2
  1. マット×4マット×4
  2. 枕×2枕×2
  3. テント内照明テント内照明
  1. テント内用テーブルテント内用テーブル
  2. ブランケットなどブランケットなど
  3. ハンモックハンモック
  1. ハンモック用スタンドハンモック用スタンド

閉じる

ココに注目!わくわくゲート

ステップ ワゴンのテールゲートは、タテだけではなく、ヨコにも開く!

自宅やキャンプ場での積み降ろしは ワイドにタテ開け!

縦にあけた写真縦にあけた写真
開口部地上高(FF車)445mm開口部地上高(FF車)445mm

床が低いので、テントなど重い
道具もラクに積める!

道中の買い出しや
ちょっとした荷物の出し入れは
パッとヨコ開け!

横にあけた写真横にあけた写真
実際に荷物を積んでみた写真実際に荷物を積んでみた写真

狭い駐車場でもちょっと開けてサッと積める!

キャンプ道具の上手な積み方

はじめての方は、ココからチェック!どのクルマでも使える積み方の基本テクニック

STEP.1床面のスペースを埋めよう!

テントを奥に積み、ラックとテーブルを広げて載せる

幅も高さもたっぷりの荷室スペースを持つステップ ワゴンなら、テーブルやラックを活用した機能的な収納が可能。まずは大きくて場所をとるテントや、長さのあるポールなどを奥に積み込む。続いて、空いている床面のスペースに、広げたラックとテーブルおよび、細かい道具をまとめたコンテナを配置。ラックとテーブルの凸凹によって生じた空間は、ランタン等を置いて埋めていこう。

ワンポイントアドバイス

ラックを広げて載せて、
荷室の高さを有効利用!

通常、キャンプサイトで広げて活躍する折りたたみ式のウッドラックを、あえて広げたまま載せて、そのままラックとして使用。上のスペースを有効に使えるだけではなく、ウッドラック自体の収納スペースも不要になり、一石二鳥。箱やバッグの中にしまうと取り出すのが大変な小物類も、必要な時にサッと取り出せる。

STEP.2荷物がズレない工夫をしよう!

空いたスペースに、寝袋などを詰めて、滑り止めに

キャンプサイトまでの道のりは、山道のカーブも多く、荷物がズレてしまったり、ガタガタという音が気になったりするのはよくあること。空いたスペースに寝袋やマット、ラグなどを埋めるように積み込み、荷物を固定する滑り止めにしよう。また、途中で買い出しに行くなら、クーラーボックスは取り出しやすい位置に積んでおくと便利。

ワンポイントアドバイス

ステップ ワゴンでは、
クーラーボックスは左サイドに積もう!

タテだけではなく、ヨコにも開く画期的なテールゲート・わくわくゲートを備えたステップ ワゴン。左サイドにクーラーボックスを積んでおけば、ヨコ開けで楽に飲食材の出し入れができて便利。キャンプ前の買い出し時の積み込みをはじめ、道中で喉が渇いた時にもサッと取り出せる。また、スーパーやサービスエリアなど狭い駐車スペースでも、サッとヨコ開けで積み込めるので、積み込みのためにクルマを移動させる、という手間が省けるのも嬉しい。

STEP.3空いたスペースに遊び道具を積もう!

まだまだ余裕!好きな遊び道具を持っていこう!

キャンプ道具を一式積んでもまだまだ余裕があるので、今回は子どもの遊び道具として、ハンモックを持っていくことに。空いたスペースには、子どもの遊び道具やキャンプ場で楽しむ趣味の道具など、好きなアイテムを積んでいこう。

ワンポイントアドバイス

子どもの遊び道具は取り出しやすい位置に!

キャンプ場に着いてテントを設営する時は、子どもたちが手持ち無沙汰になりがち。子どもたちが退屈しないように、あらかじめ一番取り出しやすい場所に遊び道具を積んでおき、まずは遊び道具を与えてあげよう。目の届く範囲で遊んでくれている間に、集中して設営作業を進めることができる。また、ペグ打ちなど、子どもと一緒にできそうな作業は、手伝わせてあげるのも良い。

積んだキャンプ道具で
こんなキャンプサイトが完成しました!

  • ※安全のため、走行の際は後方視界をしっかり確保してください。
  • ※荷物は、必要に応じてラゲッジベルトなどでしっかり固定してください。
  • ※シートアレンジの各操作は、異物を挟んでいないか確認の上、無理に力をかけずに確実に行ってください。
  • ※各キャンプ道具は撮影のため用意したもので、形状等により積める量が異なる場合もあります。あくまで参考としてください。
  • ※当コンテンツ内にて掲載されているクルマのタイプ・ボディカラーが販売されていない場合がございます。
    詳しくはそれぞれの車種サイトでご確認いただくか、販売会社にお問い合わせください。
  • ※このコンテンツは、2015年6月に撮影を行ったものです。