キャンプ道具の上手な積み方
N-VAN

N-VANでキャンプをするイメージ写真N-VANでキャンプをするイメージ写真

タイプ:N-VAN +STYLE FUN
ボディカラー:プレミアムピンク・パール

※メーカーオプション装着車

※当ページで積載しているキャンプ道具は、親子4人(大人2人と小学校のお子さま2人)で1泊2日の屋外キャンプへ行くことを想定した一例です。あくまでも参考としてください。

軽バンの新しいかたち!ダブルビッグ大開口と自在なシートアレンジは、
仕事だけでなくキャンプでも大活躍!

車でキャンプをするイメージ図 車の荷台に積み込んだキャンプ道具一式の写真 実際に荷物を乗せた写真 荷室高※ 1,365mm 荷室幅※ 1,390mm ※数値はHonda測定値 荷室高※ 1,365mm 荷室幅※ 1,390mm ※数値はHonda測定値

積んだキャンプ道具の一覧を見る

積んだキャンプ道具一覧

親子四人親子四人
車に積んだキャンプ道具一式の写真
  1. クーラークーラー
  2. テントテント
  3. キッチン用テーブルキッチン用テーブル
  1. 焚火スタンド焚火スタンド
  2. ゴミ箱×3ゴミ箱×3
  3. マット×4マット×4
  1. 枕×2枕×2
  2. 大人用の寝袋×2大人用の寝袋×2
  3. 子ども用の寝袋×2子ども用の寝袋×2
  1. ポール×6ポール×6
  2. タープタープ
  3. ブランケットブランケット
  1. ラックラック
  2. コンテナコンテナ
  3. クッカークッカー
  1. ジャグジャグ
  2. 食器/バケツ食器/バケツ
  3. バーナーバーナー
  1. ガスガス
  2. 調理器具調理器具
  3. 焚火台焚火台
  1. トライポッドトライポッド
  2. テント内証明テント内証明
  3. オイルランタンオイルランタン
  1. LEDランタンLEDランタン
  2. チェア×4チェア×4
  3. テーブル(小)テーブル(小)
  1. テーブルテーブル

閉じる

キャンプ道具の上手な積み方

はじめての方は、ココからチェック!どのクルマでも使える積み方の基本テクニック

STEP.1大きい荷物や長い荷物を積もう!

大きくてかさばるテントを奥に積む

すみずみまで使える四角い荷室を持つN-VAN。まずは大きくてかさばるテントを奥に積み込んでしまおう。続いてタープのポールやくるくると筒状に収納するタイプのテーブルなど、横長のアイテムをテントの上に積む。大きなテントを横向きに入れてもなお、手前にたっぷりのスペースがある。

ワンポイントアドバイス

薄型のテーブルなどを縦に積むのもあり!

テントを置いてもなお横にスペースが空いている場合は、折りたたみ式のテーブルやラックなど、薄くて頑丈なものを縦に積むのも有効。左右どちらかに寄せて、差し込むように積めば、テントなどが横にずれてしまうのを防ぐのに役立つ。

STEP.2荷室手前のスペースを埋めていこう!

なるべく平らになるよう意識

荷室手前のスペースには、コンテナなどの四角くて形の決まったものから積んでいく。荷崩れがおきないように、なるべく平らになるよう高さを合わせて積むのがポイント。高さにズレが生じてしまった場合には、寝袋やマットといった、比較的柔らかくて形が変形しやすいものを詰めていくと、平らに積み込んでいける。

ワンポイントアドバイス

小物はコンテナに収納して無駄のないように

小さなバーナーや、カトラリー、フライパンなどは、それぞれ独立して積み込むと形が不揃いのため積み込みにくい。細かい道具は、コンテナなどのボックスにひとまとめにして積み込むと、形が整いやすいので積み込みやすくなる。

STEP.3クーラーボックスとチェアを最後に積もう!

クーラーボックスは取り出しやすい場所に

クーラーボックスは、キャンプ場までの道中で買った食材を入れるため、荷物の一番上に積む。また、チェアも取り出しやすい位置に積んでおくのがおすすめ。キャンプ場に到着後、荷下ろしやテント設営前にひと息つくことができる。キャンプ場に着いたら、まずはチェアを広げ、クーラーボックスから飲み物を取り出し、飲み物を飲みながらチェアに座って、目の前にある自然をゆったりと楽しもう。

ワンポイントアドバイス

ソロキャンプや2人キャンプなら、長い荷物も積める!

N-VANはリアシートだけでなく、助手席も段差なくフラットに収納が可能。フラットで大容量の空間は、長い荷物をはじめさまざまな荷物を積めるのはもちろん、車中泊も快適!

自在なシートアレンジで、運転席とその後ろのシートでの2名乗車も可能。2人キャンプでも長い荷物を積み込むことができる。また、ピラーレス仕様を採用し、助手席側にも大きな開口部を実現。助手席側からとテールゲート、2つのアクセスでラクに荷物の積み下ろしが行える。

積んだキャンプ道具で
こんなキャンプサイトが完成しました!

  • ※安全のため、走行の際は後方視界をしっかり確保してください。
  • ※荷物は、必要に応じてラゲッジベルトなどでしっかり固定してください。
  • ※シートアレンジの各操作は、異物を挟んでいないか確認の上、無理に力をかけずに確実に行ってください。
  • ※各キャンプ道具は撮影のため用意したもので、形状等により積める量が異なる場合もあります。あくまで参考としてください。
  • ※当コンテンツ内にて掲載されているクルマのタイプ・ボディカラーが販売されていない場合がございます。
    詳しくはそれぞれの車種サイトでご確認いただくか、販売会社にお問い合わせください。
  • ※このコンテンツは、2018年8月に撮影を行ったものです。
監修者(アドバイザー):
こいしゆうか