MENU

HONDA

検索

エアバッグに関する大切なお知らせ

Honda車をご愛用のお客様には、大変ご迷惑とご心配をお掛けしておりますことを心からお詫び申し上げます。

2018年9月28日更新情報

 この度、助手席側エアバッグに不具合が発生する可能性があるとの報告を受けた車両について、製造範囲を2015年3月30日までに拡大し、リコールを実施する運びとなりましたのでご案内させていただきます。

 今回のリコールは「車検を通さない措置」の対象ではありませんが、そのままお乗りいただくと大変危険であることに変わりありません。対象車両をご愛用のお客様は、一刻も早く、お近くのHonda販売会社にてリコール作業(無償)をお受けくださいますようお願い申し上げます。

 

img_airbag

 

お客様へのお願い

お客様のご希望日時にリコール作業がお受けいただけるよう、事前に部品手配などの準備をさせて いただきたく存じます。誠に勝手なお願いではございますが、Honda販売会社にご希望日時をご予約くださいますようお願い申しあげます。

 

2018年3月6日更新情報

国土交通省 発表 「タカタ製エアバッグに係る更なるリコール改修促進策について」

タカタ製エアバッグのリコールが未実施の場合はご愛用車の 『 車検が通りません 』

 12月8日 国土交通省は、タカタ製エアバッグリコールの改修を促進するために、エアバッグのリコール未改修車両を車検で通さない措置を開始すると発表しました。

【国土交通省 報道発表資料より抜粋】 

 タカタ製エアバッグのリコール改修を促進するため、異常破裂する危険性が高い未改修車両(自動車メーカー9社、97車種、約130万台(10月末時点))については、平成30年5月より、車検で通さない措置を講じることとします。

 本措置の対象車両のユーザーの皆様は、車検の有効期間を待つことなく、一刻も早く改修を行って頂くようお願いします。

 この措置が開始される 平成30年5月以降は、タカタ製エアバッグのリコールを受けていないと車検が通らなくなります。

リコールの作業は、車検とは別に実施することができます。

 対策部品に交換されていないお客様は、一刻も早く、お近くのHonda販売会社にてリコール作業(無償)をお受けくださいますようお願い申し上げます。

 対象車種をご愛用のお客様には、平成30年1月10日より、おクルマの車検証に記載のご住所または、Hondaでお調べしたご住所に、HondaまたはHonda販売会社よりダイレクトメールにてご案内させていただきます。

ダイレクトメールが届いていないお客様へ

リコールの対象と思われるHonda車をご利用で、ダイレクトメールを受け取られていないお客様は、弊社お客様相談センターまでお問合せくださいますようお願い致します。

なお、次の場合は必ず所定の手続きをお願い致します。

  1. 転居等で車検証の住所が変わっている場合は、速やかに変更手続きを実施して下さい。
  2. 車検時等に未改修の警告文が交付された場合は、早急にお近くのHonda販売会社または弊社お客様相談センターまでお問い合せ下さい。

Honda お客様相談センター フリーダイヤル 0120-112010 受付時間:9時~12時 13時~17時

「リコール情報検索アプリのご紹介」

一般社団法人日本自動車整備振興会連合会よりリコール等の対象車両が検索できるアプリ(無料)が提供開始されました。

スマートフォン等にダウンロードし、車検証のQRコードをカメラで読み取るだけでリコール等の対象か確認できる便利なアプリです。

一般社団法人 日本自動車整備振興会連合会
のWebサイトをご確認ください。

エアバッグリコールの対象となるHonda車をご愛用のお客様には、
Honda販売会社(またはHonda)からのダイレクトメールや、電話などで、順次ご案内させていただいております。

どうぞご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

Hondaは常に「お客様の安全」と「ご安心してご愛用車にお乗りいただくこと」を最優先に考え
エアバッグリコールの早期改修に努めて参ります。

ご不明な点やお困りごとなどがございましたら、下記の弊社お客様相談センターまでご相談ください。

 

リコール制度とは

事故等を未然に防止し、自動車ユーザー等を保護することを目的とするもので、これらの制度の適切な運用と情報提供を通じて、自動車交通の安全確保及び公害防止に努めます。

<リコール>
自動車が道路運送車両の保安基準に適合しなくなるおそれがある状態で、その原因が設計または製作の過程にある場合、国土交通省に届け出て自動車等を無料で修理します。

<改善対策>
保安基準不適合状態ではないが、安全上または公害防止上放置できなくなるおそれがあり、その原因が設計または製作の過程にある場合、国土交通省に届け出て自動車等を無料で修理します。

<サービスキャンペーン>
リコールまたは改善対策に該当しない場合であり、商品性や品質の改善のためにメーカーが行う修理・改修で、国土交通省の通達に基づく制度です。

エアバッグ関連情報

2018年9月27日 【リコール】旧型フリードなど6車種のリコール
2018年1月18日 【リコール】旧型フリードなど11車種のリコール
2017年1月19日 【リコール】旧型フィットなど16車種のリコール
2016年9月8日 【リコール】旧型フィットなど16車種のリコール
2016年6月9日 【リコール】旧型オデッセイなど14車種のリコール
2016年6月9日 【リコール】MDXのリコール
2016年6月9日 【改善対策】ゴールドウイングの改善対策(EBL-SC68)
2016年6月9日 【改善対策】ゴールドウイングの改善対策(EBL-SC47)
2016年2月5日 【リコール】旧型フィットなど13車種のリコール
2015年11月4日 【お知らせ】NHTSAのタカタに対する同意命令について
2015年10月1日 【リコール】フィット アリアのリコール(運転者席側)
2015年10月1日 【リコール】フィット アリアのリコール(運転者席側)
2015年10月1日 【リコール】フィット アリアのリコール(助手席側)
2015年10月1日 【リコール】ラグレイト、MDXのリコール(運転者席側)
2015年9月4日 【リコール】旧型ストリームのリコール
2015年7月9日 【リコール】フィット アリアのリコール(運転者席側)
2015年7月9日 【リコール】旧型フィットなど16車種のリコール(運転者席側)
2015年5月28日 【リコール】フィット アリアのリコール(助手席側)
2015年5月28日 【リコール】旧型フィットなど7車種のリコール(助手席側)
2015年5月28日 【リコール】ラグレイト、MDXのリコール(運転者席側)
2015年5月28日 【リコール】インスパイア、セイバー、エレメントのリコール(運転者席側)
2015年5月28日 【リコール】エリシオン、エリシオン プレステージのリコール(運転者席側)
2015年5月28日 【お知らせ】運転者席側エアバッグインフレーターの全数回収調査の全国展開について(更新)
2015年5月28日 【お知らせ】運転者席側エアバッグインフレーターの全数回収調査対象車の車台番号の範囲等について(更新)
2015年5月28日 【お知らせ】運転者席側エアバッグインフレーターの全数回収調査について(更新)
2015年5月14日 【リコール】ザッツのリコール
2015年5月14日 【リコール】旧型フィットなど10車種のリコール(助手席側)
2015年5月14日 【リコール】フィット アリアのリコール(助手席側)
2015年5月14日 【リコール】エレメント、シビックGXのリコール
2015年5月14日 【リコール】旧型フィットなど10車種のリコール(運転者席側)
2015年5月14日 【リコール】フィット アリアのリコール(運転者席側)
2014年12月11日 【リコール】旧型フィットなど10車種のリコール
2014年12月11日 【リコール】エレメントのリコール
2014年12月9日 【お知らせ】アメリカンホンダ公式コメント:タカタ製運転者席側エアバッグインフレーターの全米を対象とするSIC(セーフティ インプルーブメント キャンペーン)について
2014年12月4日 【お知らせ】米下院エネルギー商業対策委員会小委員会の公聴会について
2014年11月21日 【お知らせ】米上院商業科学運輸委員会の公聴会について