ニュースリリース

2022年02月28日

インドでパワープロダクツ生産累計500万台を達成

Hondaのインドにおけるパワープロダクツ生産販売現地法人であるホンダインディアパワープロダクツ・リミテッド(本社:ウッタルプルディッシュ州グレーターノイダ、社長:上田 高広)は、現地時間2022年2月28日に以下を発表しましたので、ご案内いたします。

<ご参考>

 インドにおけるパワープロダクツ生産販売現地法人であるホンダインディアパワープロダクツ・リミテッド(Honda India Power Products Limited 以下、HIPP)は、2022年2月にパワープロダクツの生産累計500万台を達成しました。

 HIPPは、Hondaのインドにおける初の生産拠点として1985年に設立され、1988年に発電機の生産を開始しました。以来、発電機に加え、汎用エンジン、ポンプ、耕うん機等の生産も手がけ、現在の年間生産能力は35万台となっています。
 HIPPで生産されたパワープロダクツは、アジア大洋州域内のみならず、北米や欧州など約40ヵ国に輸出しており、その品質や性能に対して高い評価をいただいています。

記念式典の様子

記念式典の様子

事業所の外観

事業所の外観

生産ライン

生産ライン

ホンダインディアパワープロダクツ・リミテッド(Honda India Power Products Limited)概要

設立  :1985年9月
所在地 :インド ウッタルプラデッシュ州 グレーターノイダ
代表者 :社長 上田 高広
資本金 :1億140万インドルピー
従業員数:約1,400人
事業内容:パワープロダクツの生産・販売およびサービス
生産能力:35万台/年