ニュースリリース

2022年03月04日

米ドル建てグリーンボンド(無担保普通社債)の発行を決定

~環境への取り組みを加速~

 Hondaは、「環境負荷ゼロ社会」の実現に向けた取り組みの中で、資金使途を環境事業※1に限定する米ドル建てグリーンボンドを、総額27.5億米ドル発行することを決定しました。グリーンボンドの発行は、当社として初めてとなります。

 Hondaは1948年の創業以来、「人や社会の役に立ちたい」「人々の生活の可能性を拡げたい」という想いを原点に、企業活動を行っています。今後、社会が変化していく中、Hondaは、提供していくべき価値を、「地球環境への負荷をなくすこと」「尊い命を守る安全を達成すること」の2つと考え、「環境」と「安全」に徹底的に取り組んでいます。「環境」においては、2050年に、Hondaが関わるすべての製品と企業活動を通じて、カーボンニュートラル(二酸化炭素排出量、実質ゼロ)を目指しています。

 今回のグリーンボンドで調達する資金を、EVやFCVといったゼロエミッション車の開発等に充当することで、「環境負荷ゼロ社会」の実現に向けた取り組みをさらに加速させていきます。

グリーンボンド 概要

発行体 本田技研工業株式会社
発行年限 3年/5年/10年
発行額

合計27.5億米ドル
<3年:10億米ドル、5年:10億米ドル、10年:7.5億米ドル>

資金使途 サステナブル・ファイナンス・フレームワーク※2記載の適格グリーン事業区分を満たす事業(EV、FCVなどのゼロエミッション車の車両およびバッテリーを含む構成部品の開発・製造等)
  • ※1サステナブル・ファイナンス・フレームワーク(※2)記載の適格グリーン事業区分を満たす事業
  • ※2当グリーンボンド発行にあたっては、サステナブル・ファイナンス・フレームワーク(以下、本フレームワーク)を設定するとともに、独立した外部機関であるVigeo Eirisから、本フレームワークが国際資本市場協会(ICMA)が定める、グリーンボンド原則 2021、ソーシャルボンド原則2021およびサステナビリティボンド・ガイドライン2021に適合している旨の、セカンド・パーティー・オピニオンを取得しています。
    -サステナブル・ファイナンス・フレームワーク:
     URL: https://www.honda.co.jp/investors/stock_bond/rating_bond.html
    -Vigeo Eiris社によるセカンド・パーティー・オピニオン:
     URL: https://vigeo-eiris.com/spo_honda_sustainable_framework

 この文書は、いかなる証券に係る一切の投資勧誘又はそれに類似する行為を構成するものではありません。米国1933年証券法に基づいて証券の登録を行う又は登録の免除を受ける場合を除き、米国内において証券の募集又は販売を行うことはできません。米国における証券の公募が行われる場合には、米国1933年証券法に基づいて作成される英文目論見書が用いられます。目論見書は、当該証券の発行会社又は売出人より入手することができますが、これには、発行会社及びその経営陣に関する詳細な情報並びにその財務諸表が記載されます。なお、本社債に関する証券発行登録書は米国証券取引委員会に提出され、効力が発生しています。日本及びその他の法域においては、金融商品取引法若しくは適用ある証券法に従って本証券の届出又は登録がなされていないため、これらの法令に基づいて本証券の届出若しくは登録が求められる場合には、これを行うか又はその免除を受ける場合を除いて、本証券の募集又は販売を行うことはできません。