ニュースリリース

2022年04月07日

新型「CIVIC TYPE R」が鈴鹿サーキットで最速ラップタイムを更新

 Hondaは、鈴鹿サーキット国際レーシングコースで、新型「CIVIC TYPE R(シビック タイプアール)」の最終的な性能評価のための走行テストを行い、FFモデルで最速※1となる、2分23秒120※2のラップタイムを記録しました。

 今回の走行テストは量産前の最終開発車両で行われました。従来の最速ラップタイムは、徹底した軽量化や専用装備によりピュアスポーツ性能を追求した先代のシビック TYPE R Limited Edition(リミテッド・エディション)が記録したものですが、そのタイムを更新したことは、新型シビック TYPE Rのサーキット性能がさらに向上していることを示しています。

 なお、新型シビック TYPE Rは、2022年夏の登場を予定しています。

  • ※1Honda調べ (2022年4月現在)
  • ※2Honda測定値

お客様からのお問い合わせは、 「お客様相談センター 0120-112010(いいふれあいを)」へお願い致します。

ダウンロード

PDF

  • PDF