MENU
HONDA
検索

ニュースリリース

2021年05月31日

業務用作業機向け電動パワーユニット「eGX」の供給を開始

 Hondaは、小型の作業機用動力源として、電動(DC)パワーユニット「eGX(イージーエックス)」のOEM供給を6月より開始します。まずは日本にて供給を開始し、欧州、米国などへ順次供給地域を拡大していきます。このたび、2021年6月に米国にて開催される「World of Concrete Show 2021(開催期間2021年6月8日~10日 場所:米国・ラスベガス)」にて実機展示を予定しています。

小型作業機用電動パワーユニット「eGX」(左:一体型、右:セパレート型)

小型作業機用電動パワーユニット「eGX」(左:一体型、右:セパレート型)

 電動パワーユニットeGXは、さまざまな業務用作業機の動力源としてこれまで多くの作業機械メーカーからご支持をいただいている汎用エンジン「GX(ジーエックス)」シリーズの信頼性や搭載性を継承しています。また、フランジ取り付け穴およびシャフトの寸法をGXシリーズ※1と同一とし、優れた互換性を提供しているほか、一体型とセパレート型の2タイプの設定で、より多くの作業機への搭載を可能にしました。

 eGXの搭載により電動パワーユニットの特性を活かすことで、換気が困難な場所や、夜間や住宅地などの騒音を回避したい使用環境での作業ニーズにお応えするとともに、操作性やメンテナンス性の向上による作業者の負担の軽減や、ゼロエミッションにも貢献します。

  • ※1GX(R)100/120

eGXの主な特長

モーター性能

  • 長年にわたる発電機開発で培った巻線技術を生かした、高効率・高出力の三相ブラシレスDCモーターを採用(最大出力2.0kWクラス)
  • 密閉構造を採用した高剛性モーターにより、建機用途にも耐えうる耐振動性・耐塵性を実現

Honda汎用エンジンGXシリーズとの優れた互換性

  • GXシリーズとの搭載互換性を考慮し、フランジ取り付け穴およびシャフトの寸法をGX(R)100/120と同一化

電動ならではの利便性

  • 坑道内などの換気が困難な場所や、住宅近接エリアでの夜間工事等静粛性が求められる使用環境において、クリーンかつ低騒音な作業を実現
  • スイッチ操作のみで始動可能
  • メンテナンス作業の軽減(エンジンで必要な各種整備・交換・清掃作業が不要)
  • ゼロエミッション(環境負荷物質HC/NOx/CO2排出ゼロ)への貢献
  • 急速充電可能、着脱式のリチウムイオンバッテリーパックを採用

主要諸元

  型式 GXE2.0H GXE2.0S
タイプ 一体型 セパレート型
モーター
ユニット
全長×全幅×全高(mm) 294×353×420
(バッテリーパック含む)
コントロールユニット:
351×299×251
(バッテリーパック含む)
モーター:233×224×194
重量(kg)
※バッテリー含む、スイッチ類は含まない
25.0 22.9
動力 三相ブラシレスDCモーター
定格出力(kW/rpm) 1.6/3,600 @72V
最大出力(kW/rpm) 1.8/3,600 @72V
バッテリー
パック
全長×全幅×全高(mm) 233×268×150
重量(kg) 6.4
バッテリータイプ 充電式リチウムイオンバッテリー
電圧(V) 72
電力容量(Wh) 720
充電時間※2 約60分(80%)
約90分(100%)
  • ※2バッテリーの状態、使用環境によって変動します