ニュースリリース

2021年12月17日

HondaJetが200機目のデリバリーを達成

Hondaの航空機事業子会社のホンダ エアクラフト カンパニー(本社:⽶国ノースカロライナ州グリーンズボロ市 取締役社⻑:藤野 道格)は、現地時間2021年12月16日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

 Hondaの航空機事業子会社であるホンダ エアクラフト カンパニー(Honda Aircraft Company 以下、HACI)は、「HondaJet」の200機目のデリバリーを達成したことを発表しました。 

HondaJet Elite S

HondaJet Elite S

 HondaJetは、主翼上面のエンジン配置(Over-The-Wing Engine Mount)形態や自然層流翼型、一体成型複合材胴体などHonda独自で開発した技術を採用し、2015年12月に米連邦航空局(FAA)より型式証明を取得した後、デリバリーを開始しました。2018年5月には、航続距離を延長し、新しいアビオニクス機能の採用やインテリアのアップグレードを施したHondaJet Eliteを発表。さらに、2021年5月には最大離陸重量を約200ポンド(約91kg)増加するとともに、アビオニクス機能のアップグレードによって運用性能をさらに拡充し、操縦性を向上した最新型のHondaJet Elite Sを発表しました。

 また、直近ではHondaJet Elite Sが航空専門誌であるAIN(Aviation International News)より2021年の「トップ フライト賞」を受賞しました。HondaJet Elite Sは新しいビジネスジェットのカテゴリーで選出され、優れた機体性能や新たに導入した先進技術などが評価されました。

 現在、HondaJetは13ヵ国で型式証明を取得しており、総飛行時間は98,000時間に達しています。

ホンダ エアクラフト カンパニー取締役社長 藤野 道格のコメント

「HondaJetは2017年以来小型ジェット機カテゴリーにおいて4年連続で世界第1位のデリバリー数を達成しており、革新的なデザイン、飛行性能、そして機内の快適性と効率性が高く評価されています。その結果としてHondaJetの200機目のデリバリーという大きなマイルストーンを達成したことをとても嬉しく思います。HondaJetは今後も引き続きビジネスジェット界において新たなスタンダードを提供していきます」

【HondaJetデリバリー実績(グローバル)】

  デリバリー機数 備考
2015年 2  
2016年 23  
2017年 43 小型ジェット機カテゴリー世界第1位※1
2018年 37 小型ジェット機カテゴリー世界第1位
2019年 36 小型ジェット機カテゴリー世界第1位
2020年 31 小型ジェット機カテゴリー世界第1位
2021年※2 28  
200  

※1 General Aviation Manufacturers Association(GAMA)調べ
※2本日までのデリバリー機数

【ホンダ エアクラフト カンパニー(Honda Aircraft Company,LLC)概要】

設立 : 2006年8月
出資形態 : American Honda Motor Co., Inc. 100%出資
代表者 : 取締役社長 藤野 道格(ふじの みちまさ)
所在地 : 米国ノースカロライナ州グリーンズボロ市

関連リンク