MENU
HONDA
検索

ニュースリリース

2021年04月20日

「Clarivate Top 100 グローバル・イノベーター2021」を受賞

~10年連続で、世界で最も革新的な企業・機関Top100に選出~

 Hondaは、英国の調査会社クラリベイト社(本社:英国ロンドン、以下、クラリベイト)が選考する「Clarivate Top 100 グローバル・イノベーター2021」に選出され、本日トロフィーを授与されました。Hondaの受賞は本アワードの創設以来、10年連続となります。

クラリベイト・アナリティクス・ジャパン株式会社 バイスプレジデント IPグループ日本部門代表の小島 崇嗣氏(左)とHonda 知的財産・標準化統括部長の別所 弘和(右)

クラリベイト・アナリティクス・ジャパン株式会社 バイスプレジデント IPグループ日本部門代表の小島 崇嗣氏(左)とHonda 知的財産・標準化統括部長の別所 弘和(右)

 本アワードはクラリベイトが保有する特許データを基に、企業を「数量」「影響力」「成功率」「グローバル性」の4つの指標に基づいて評価するもので、世界の革新的な企業Top100社を選出しています。
 「Clarivate Top 100 グローバル・イノベーター2021」において、Hondaは直近5年間で公開された特許出願数と、その内登録された特許数の割合から計測する「成功率」について高く評価されました。

<ご参考>

Hondaの技術やアイデアを特許化し、活用する知的財産・標準化統括部の取り組みについて


Hondaの知的財産・標準化統括部は、アイデアの創出から技術・アイデアの特許化、登録された特許の活用まで、幅広く取り組んでいます。
アイデアを創出する段階においては、「ワイガヤ※1」を行動科学で再定義したアイデア創出のプラットフォーム「YG Innovation Facilitator(ワイジー イノベーションファシリテーター)」や、特許データを用いて新たなビジネスモデルを探索可能なIPランドスケープ※2のソフトウェア「K-method(ケーメソッド)」を開発し、社内のアイデア創出をサポートしています。
特許を活用する段階においては、さまざまな領域・業種でHondaの技術・アイデアを活用いただき、「生活の可能性が拡がる」商品・サービスの開発を後押しする活動を行っており、2021年4月には、技術ライセンスの窓口となるWebサイトを公開しました。

技術ライセンスWebサイトURL:https://www.honda.co.jp/license/technology/

  • ※1ワイガヤ
    自由闊達な議論を通じて、独創的な考え方や解決方法などを見つけ出すHonda独自の方法
  • ※2IPランドスケープ
    自社を取り巻く知的財産の状況や、技術の方向性などを分析し、経営の意思決定に活かすこと