MENU
HONDA
検索

ニュースリリース

2021年04月14日

EV向けエネルギーマネジメントサービス「e:PROGRESS」を英国で開始

Hondaの英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッド(本社:バークシャー州ブラックネル 社長:奥田 克久)は、現地時間2021年4月14日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

<ご参考>

 Hondaは、再生可能エネルギーの活用と充電コストの低減を両立するEV向けエネルギーマネジメントサービス「e:PROGRESS(イー プログレス)」の提供を英国で開始しました。

Honda eとHonda Power Charger S+ (4G)

Honda eとHonda Power Charger S+ (4G)

 e:PROGRESSは、電力需要が少なく電力コストの低い時間帯にEVを充電することで、電力需要を平準化し再生可能エネルギー由来の電力使用拡大に貢献する、EV向けエネルギーマネジメントサービスです。欧州初※1の自動車メーカーによるエネルギーマネジメントサービスであり、Honda e(ホンダ イー)のオーナー向けに提供されます。

 e:PROGRESSのサービスは、スマート充電、リソースアグリゲーション※2を専門とするMoixa(モイクサ)社、英国初の変動型電気料金を提供する電力会社のOctopus Energy(オクトパスエナジー)社が共同で提供し、充電器設置をBritish Gas社が実施します。
 なお、Hondaはe:PROGRESSの開始に先駆け、電気自動車(EV)Honda eを昨年より販売しています。

 e:PROGRESS契約者は、スマートフォンのアプリケーションに必要な充電量を入力し、Honda eを「Honda Power Charger S+ (4G)(パワーチャージャーエスプラス)」など自宅の充電器につなぐだけで、Moixa社のソフトウエアが最適な充電スケジュールを設定し、Octopus Energy社が提供する変動型電気料金を活用できるため、電力コストの低い時間帯に自動的に充電を行うことができます。これにより、標準的な電気料金と比較して、1年間で最大475ポンド※3充電費用を節約することができます。

  • ※12021年4月時点。Honda調べ
  • ※2需要家と発電事業者をつなぐことで電力供給・需要のバランスを最適化し、安定供給を実現すること
  • ※3平均的な家庭のエネルギー消費量を年間4,200 kWh、Honda eが2,000 kWhで年間8,000マイル(約12,875km)走行することを前提に計算しています。節約額は、家庭のエネルギー消費量、車両の使用状況などによって異なります