MENU
HONDA
検索

ニュースリリース

2021年02月25日

「HondaJet」が4年連続でカテゴリートップのデリバリー数を達成

Hondaの航空機事業子会社のホンダ エアクラフト カンパニー(本社:⽶国ノースカロライナ州グリーンズボロ市 取締役社⻑:藤野 道格)は、現地時間2021年2月24日に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

 Hondaの航空機事業子会社であるホンダ エアクラフト カンパニー(Honda Aircraft Company)は、「HondaJet」の2020年暦年(1月~12月)のデリバリー数が31機となり、小型ジェット機カテゴリーにおいて4年連続で世界第1位※1を達成したことを発表しました。

 2020年は、パキスタンとロシアでの型式証明を取得するなど、グローバルでの展開をさらに拡大しました。また、HondaJetサービス・サポートネットワークのさらなる強化に向け、英国に新たなサービスセンターとフライトトレーニングセンターを設けたほか、米国ノースカロライナ州グリーンズボロ市にある本社敷地内では、HondaJet Eliteの主翼組み立ておよび各種スペアパーツなどを格納する新ハンガーの建設が完了し、今年1月より稼働を開始しました。さらに、日本での活動においては、今年2月より国内での現地ディーラーであるHondaJet Japanが一般顧客に向けたチャーターサービスの提供を開始しました。これにより、HondaJetをより身近にご利用いただける体制が整いました。

 現在、HondaJetは北米、欧州、中南米、東南アジア、中国、中東、インド、および日本で販売されており、170機以上のHondaJetが世界中で運用されています。

ホンダ エアクラフト カンパニー取締役社長 藤野 道格のコメント

「新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、ビジネスジェット市場全体のデリバリー数は大きく減少しましたが、HondaJetのデリバリー数は、2020年後半にはほぼコロナ禍前のレベルにまで回復し、4年連続でクラスNo.1を達成することができました。これは世界中の多くのお客様からクラストップ※2の性能や快適性そして高い信頼性を評価していただいた結果です。今後もさらに多くの方々にHondaJetを利用していただく努力を重ね、世界のビジネスジェット市場の活性化に貢献していきたいと思います」

※1 G eneral Aviation Manufacturers Association(GAMA)調べ
※2 Honda調べ

HondaJet
HondaJet

【ホンダ エアクラフト カンパニー(Honda Aircraft Company,LLC) 概要】

設立 :
2006年8月
出資形態 :
American Honda Motor Co., Inc. 100%出資
代表者 :
取締役社長 藤野 道格(ふじの みちまさ)
所在地 :
米国ノースカロライナ州グリーンズボロ市