MENU
HONDA
検索

ニュースリリース

2021年02月09日

2020年度第3四半期決算および通期見通しを発表

  • 第3四半期までの累計9ヵ月間においては、新型コロナウイルス感染症の拡大影響による需要の減少があったものの、抜本的な事業活動の見直しを全社横断で実施し、販売費及び一般管理費の抑制やコストダウン効果などにより、連結営業利益として4,470億円
  • 今年度の通期営業利益見通しは、新型コロナウイルス感染症の拡大影響に加え、半導体供給不足などの影響を受けるも、前回見通しに対し1,000億円増の5,200億円に上方修正
  • 通期での親会社の所有者に帰属する当期利益は750億円増加し、前年度を上回る4,650億円を計画
  • 年間配当金予想は1株当たり14円増配の82円を計画、なお第3四半期配当金は1株当たり26円

1、2020年度第3四半期累計(9ヵ月間)連結決算総括

売上収益:
新型コロナウイルス感染症の影響を受け、全ての事業における減収により、9兆5,467億円
営業利益:
売上変動及び構成差に伴う利益減はあったものの、販売費及び一般管理費の抑制やコストダウン効果などにより、4,470億円
税引前利益:
6,587億円
親会社の所有者に帰属する四半期利益:
4,441億円

2、2020年度第3四半期決算(3ヵ月間)の連結業績概況および各事業の状況

売上収益:
主に四輪事業における増収により、3兆7,715億円(前年同期比0.6%増収)
営業利益:
為替影響などはあったものの、研究開発費の効率化やコストダウン効果などにより、
2,777億円(前年同期比66.7%増益)

(1) 二輪事業

売上収益:
多くの国で販売は回復してきているものの、主にアジアでの販売減を受け
4,908億円(前年同期比393億円減)
営業利益:
売上変動及び構成差に伴う利益減はあったものの、コストダウン効果や販売費及び一般管理費の抑制などにより、
727億円(前年同期比18億円減)

(2) 四輪事業

売上収益:
欧州やアジアなどでの販売減はあるものの、日本や米国などでの販売増を受け
2兆6,381億円(前年同期比632億円増)
営業利益:
販売費及び一般管理費の増加はあったものの、売上変動及び構成差に伴う利益増や
コストダウン効果などにより、1,231億円(前年同期比894億円増)、営業利益率も向上
なお、四輪事業と金融サービス事業に含まれる四輪車の販売に関連する営業利益を
合算すると2,054億円と試算されます

(3) 金融サービス事業

営業利益:
主にクレジット損失引当金の計上差などにより857億円(前年同期比 211億円増)

(4) ライフクリエーション事業及びその他の事業

営業損失:
売上変動及び構成差に伴う利益減などにより38億円(前年同期比23億円の改善)
なお、その他事業に含まれる航空機および航空機エンジンの営業損失は91億円

3、2020年度の業績見通しについて

  • 新型コロナウイルス感染症の拡大影響により、市場の先行きは依然不透明
  • 半導体供給不足による影響はあるものの、営業利益は前回見通しから1,000億円増の5,200億円に上方修正
  • 親会社の所有者に帰属する当期利益は前回見通しから750億円増加し、前年度を上回る4,650億円を計画 

第3四半期連結会計期間(3ヵ月間)実績

  (単位:万台、億円) 前第3四半期
連結会計期間
(3ヵ月間)
当3四半期
連結会計期間
(3ヵ月間)
増減
Honda
グループ
販売台数※1

二輪事業

501.9 426.9 -75.0

四輪事業※3

124.7 138.0 +13.3

ライフクリエーション事業

119.5 140.2 +20.7
連結
売上台数※2

二輪事業

319.0 301.9 -17.1

四輪事業※3

80.8 80.9 +0.1

ライフクリエーション事業

119.5 140.2 +20.7
損益状況

売上収益

37,475 37,715 +239

営業利益

1,666 2,777 +1,110

持分法による投資利益

415 1,022 +607

税引前利益

2,067 3,864 +1,796

親会社の所有者に帰属
する四半期利益

1,164 2,840 +1,676
四半期配当金 28円 26円 2円減配
為替レート
(期中平均レート)
米ドル 109円 104円 5円円高

第3四半期連結累計期間(9ヵ月間)実績

  (単位:万台、億円) 前第3四半期
連結累計期間
(9ヵ月間)
当第3四半期
連結累計期間
(9ヵ月間)
増減
Honda
グループ
販売台数※1

二輪事業

1,503.8 1,059.1 -444.7

四輪事業※3

380.9 342.5 -38.4

ライフクリエーション事業

363.0 385.5 +22.5
連結
売上台数※2

二輪事業

973.2 726.3 -246.9

四輪事業※3

254.1 189.9 -64.2

ライフクリエーション事業

363.0 385.5 +22.5
損益状況

売上収益

114,729 95,467 -19,262

営業利益

6,392 4,470 -1,922

持分法による投資利益

1,497 2,045 +548

税引前利益

7,861 6,587 -1,274

親会社の所有者に帰属
する四半期利益

4,852 4,441 -411
四半期配当金 84円 56円 28円減配
為替レート
(期中平均レート)
米ドル 109円 106円 3円円高

2020年度(2021年3月期)通期連結業績見通し

  (単位:万台、億円) 19年度実績 20年度
前回見通し
(2020/11/6)
20年度
今回見通し
(2021/2/9)
対19年度
増減
対前回
増減
Honda
グループ
販売台数※1
二輪事業 1,934.0 1,480.0 1,500.0 -434.0 +20.0
四輪事業※3 479.0 460.0 450.0 -29.0 -10.0
ライフクリエーション事業 570.1 550.0 550.0 -20.1
連結
売上台数※2
二輪事業 1,242.6 1,014.5 1,018.5 -224.1 +4.0
四輪事業※3 331.8 271.5 261.5 -70.3 -10.0
ライフクリエーション事業 570.1 550.0 550.0 -20.1
損益状況 売上収益 149,310 130,500 129,500 -19,810 -1,000
営業利益 6,336 4,200 5,200 -1,136 +1,000
持分法による投資利益 1,642 2,250 2,350 +707 +100
税引前利益 7,899 6,600 7,450 -449 +850
親会社の所有者に帰属
する当期利益
4,557 3,900 4,650 +92 +750
年間配当金 112円 68円 82円 30円減配 14円増配
為替レート
(期中平均レート)
米ドル 109円 106円 105円 4円円高 1円円高
  • ※1Hondaグループ販売台数は、当社および連結子会社、ならびに持分法適用会社の完成車(二輪車・ATV・Side-by-Side・四輪車・パワープロダクツ)販売台数です。
  • ※2連結売上台数は、連結売上収益に対応する完成車(二輪車・ATV・Side-by-Side・四輪車・パワープロダクツ)販売台数であり、当社および連結子会社の完成車販売台数です。
  • ※3四輪事業の台数について
    当社の日本の金融子会社が提供する残価設定型クレジットが、IFRSにおいてオペレーティング・リースに該当する場合、当該金融サービスを活用して連結子会社を通して販売された四輪車は、四輪事業の外部顧客への売上収益に計上されないため、連結売上台数には含めていませんが、Hondaグループ販売台数には含めています。

詳細については、Honda投資家情報サイトをご参照ください。https://www.honda.co.jp/investors/library/financialresult.html