MENU
HONDA
検索

ニュースリリース

2021年11月08日

2021〜2022日本自動車殿堂において「VEZEL」がカーデザインオブザイヤー 「Honda SENSING Elite」搭載の「LEGEND」がカーテクノロジーオブザイヤーを受賞

 HondaのコンパクトSUV「VEZEL(ヴェゼル)」が、2021〜2022日本自動車殿堂 カーデザインオブザイヤー(主催:特定非営利活動法人 日本自動車殿堂)を、また、「Honda SENSING Elite(ホンダセンシング エリート)」搭載の「LEGEND(レジェンド)」が、2021〜2022日本自動車殿堂 カーテクノロジーオブザイヤーをそれぞれ受賞しました。

VEZEL

VEZEL

4211108_02

Honda SENSING 搭載 LEGEND

VEZELの受賞理由※1

1:独自のM・M思想をSUVに具現化
2:スタイリング最適化で優れたSUVの空力性能達成
3:爽快な視界を生み出すスリーク&ロングキャビン

 2021年4月に発売したVEZELは、「AMP UP YOUR LIFE(アンプ アップ ユア ライフ)」をグランドコンセプトに、日常生活の質の向上を重視し、アクティブで新しいものにオープンな人々に向けて、実用性だけでなくプラスアルファの体験価値を提供することを目指して開発されました。
 クーペライクなプロポーションを際立たせ、全席に爽快な視界を提供する「スリーク&ロングなキャビン」を採用したほか、サイドのラインをフロントからリアへ貫かせた水平基調のデザインや、ボディーと同色のグリルがエクステリアの特徴です。また、見た目からの想像を超える、広々とした室内空間や多彩なシートレイアウトも、お客様から高い評価をいただいている点の一つです。

Honda SENSING Elite搭載LEGENDの受賞理由※1

1:渋滞運転機能による自動運転レベル3の実用化
2:安全性、信頼性を確保した冗長設計
3:高精度・多重情報を活用した優れた車両制御

 Hondaは道を使う誰もが事故に遭わない社会の実現を目指し「Safety for Everyone」のスローガンのもと、安全技術の研究・開発に世界に先駆けて取り組んできました。人間の好奇心を後押しし、すべての人が心から安心して、自由に移動できる社会、そんな喜びある未来を見据え、先進安全技術の新たな一歩としてHonda SENSING Eliteを搭載したLEGENDを発表しました。
 Honda SENSING Eliteに搭載された「トラフィックジャムパイロット(渋滞運転機能)」はHondaが国土交通省より自動運行装置として型式指定※2を取得した自動運転レベル3:条件付き自動運転車(限定領域)に適合する先進技術であり、これにより高速道路渋滞時などの一定の条件下で、システムがドライバーに代わって運転操作を行うことが可能となりました※3
 システム開発においては安全性・信頼性を最も重視し、リアルワールドでのシチュエーションを想定しながら約1,000万通りのシミュレーションを重ね、同時にテスト車両を用いて高速道路約130万kmを走行する実証実験を繰り返してきました。また、万が一いずれかのデバイスに何らかの不具合が生じた場合の安全性・信頼性にも配慮した冗長設計が取り入れられています。

関連リンク

  • ※1特定非営利活動法人 日本自動車殿堂の授賞理由から引用
  • ※2Honda 2020年11月11日プレスリリースで発表 https://www.honda.co.jp/news/2020/4201111.html
  • ※3Honda SENSING Eliteの各機能の能力(認識能力・制御能力)には限界があります