MENU
HONDA
検索

ニュースリリース

2021年02月05日

「CB1000R」のヘッドライト等の外観デザインやカラーリングの変更、スマートフォンとの連携を可能とするHonda Smartphone Voice Control systemを採用するなど熟成を図り発売

 Hondaは、軽量かつコンパクトな車体に高性能な水冷・4ストローク・DOHC直列4気筒998ccエンジンを搭載した大型ロードスポーツモデル「CB1000R」のヘッドライト等の外観デザインやカラーリングの変更、スマートフォンとの連携を可能とするHonda Smartphone Voice Control system(HSVCS)※1を採用するなど熟成を図り、Honda Dreamより3月25日(木)に発売※2します。

CB1000R(マットバリスティックブラックメタリック)

CB1000R(マットバリスティックブラックメタリック)

CB1000R(キャンディークロモスフィアレッド)

CB1000R(キャンディークロモスフィアレッド)

CB1000R(マットベータシルバーメタリック)

CB1000R(マットベータシルバーメタリック)

 今回、ヘッドライト、ラジエーターシュラウド、エアクリーナーカバーのデザインを一新し、凝縮感のある台形プロポーションを強調すると同時に、流麗なイメージを追求。また、シートレールやリアフェンダーをスリムな形状にするとともに、ホイールのデザインを変更することで、軽快な印象としました。
また、車両とスマートフォンをBluetooth®で連携※3することで、ハンドルスイッチ及び音声入力により音楽再生や通話などの操作を可能とするHonda Smartphone Voice Control system(HSVCS)を採用し、利便性を向上させました。
カラーバリエーションは、精悍なマットバリスティックブラックメタリック、軽快なマットベータシルバーメタリックの2色を新たに採用し、継続色のキャンディークロモスフィアレッドとあわせ、全3色としています。

  • ※1Honda Smartphone Voice Control system(HSVCS)のご利用には専用アプリのインストールが必要です。専用アプリはAndroid端末専用のため、iOS端末は非対応となります。また、全てのAndroid端末の動作を保証するものではありません。HSVCSの機能に関する詳細および対応OSのバージョン、対応アプリについては、HSVCS関連ホームページ
    https://global.honda/voice-control-system/EN/faq.html
    https://www.honda.co.jp/tech/articles/motor/EngineerTalk_SAB/)をご覧ください
  • ※2受注生産車
  • ※3HSVCS使用には市販のバイク対応Bluetooth®ヘッドセット(別売)との接続が必要です。アプリの利用や通信料金はお客様の負担となります

【商標・登録商標について】
Androidは、Google LLCの商標または登録商標です
Bluetooth®は、米国Bluetooth SIG, Inc.の登録商標です
iOSは、Ciscoの米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています

販売計画台数(国内・年間)

700台

メーカー希望小売価格(消費税10%込み)

1,670,900円(消費税抜き本体価格 1,519,000円)

* 価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

主要諸元

通称名 CB1000R
車名・型式 ホンダ・8BL-SC80
全長×全幅×全高 (mm) 2,120×790×1,090
軸距 (mm) 1,455
最低地上高 (mm)★ 135
シート高 (mm)★ 830
車両重量 (kg) 213
乗車定員 (人) 2
最小回転半径 (m) 3.0
エンジン型式・種類 SC80E・水冷 4ストローク DOHC 4バルブ 直列4気筒
総排気量 (cm3) 998
内径×行程 (mm) 75.0×56.5
圧縮比 ★ 11.6
最高出力 (kW[PS]/rpm) 107[145]/10,500
最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm) 104[10.6]/8,250
燃料消費率※4(km/L) 国土交通省届出値
定地燃費値※5
23.0(60km/h定地走行テスト値)<2名乗車時>
WMTCモード値★
(クラス)※6
17.2(クラス3-2)<1名乗車時>
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 ★ セルフ式
点火装置形式 ★ フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 ★ 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量 (L) 16
クラッチ形式 ★ 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1 速 2.538
2 速 1.941
3 速 1.578
4 速 1.363
5 速 1.217
6 速 1.115
減速比 (1次★/2次) 1.604/2.933
キャスター角(度)★/トレール量(mm)★ 25°00´/100
タイヤ 120/70ZR17M/C(58W)
190/55ZR17M/C(75W)
ブレーキ形式 油圧式ダブルディスク
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式(倒立サス)
スイングアーム式(プロアーム)
フレーム形式 ダイヤモンド

■道路運送車両法による型式指定申請書数値(★の項目はHonda公表諸元)  ■製造事業者/本田技研工業株式会社

  • ※4燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞など)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります
  • ※5定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です
  • ※6WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果に基づいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます

お客様からのお問い合わせは、 「お客様相談センター 0120-086819(オーハローバイク)」へお願い致します。