MENU
HONDA
検索

ニュースリリース

2020年09月30日

Honda、安全運転普及本部の発足から50年を迎える

~「ヒト」に焦点を当てた安全への取り組みを実践~

 Hondaは、日本のモータリゼーションが発展期にあった1970年に二輪車・四輪車メーカーでは初の試み※1となる「安全運転普及本部」を設立し、安全運転の普及活動を開始。以来、日本国内のみならず海外へも活動を広げ、このたび、2020年10月1日に発足50年の節目を迎えます。

Hondaの考える安全とは

 Hondaは、環境・安全ビジョンに「自由な移動の喜び」と「豊かで持続可能な社会」の実現を掲げています。そのビジョン実現に向けて、Hondaは、二輪車・四輪車の運転者だけでなく、子どもから高齢者まで、交通社会に参加する全ての人に安心・安全を提供するため、「Safety for Everyone」というグローバル安全スローガンのもと、事故に遭わない社会の実現を目指し、技術開発といったハードの領域だけでなく、「ヒト」への啓発活動などのソフトの領域まで含めた安全への取り組みを行っています。

安全運転普及活動の基本理念と取り組み内容

 Hondaは、交通社会に関わる全ての人の体験、知識、意識の向上をサポートする、「ヒト」に焦点を当てた安全運転普及活動を行っています。
 その取り組みの基本となるのが、二輪車・四輪車の販売店の店頭などでお客様に直接安全をお伝えする「人から人への手渡しの安全」と、危険場面を安全に体験できる環境で実車やシミュレーターを使って行う「参加体験型の実践教育」です。
 その活動を実現するため、「人づくり」、「場づくり」、「ソフトウェアの開発」という3つの柱を安全運転普及本部の役割として、50年にわたる活動を実践してきました。その具体的な取り組み事例としては、1994年に導入した、お客様にクルマの安全に関するアドバイスができる営業・サービススタッフを養成する「セーフティコーディネーター制度」や、1964年に開設され白バイ隊訓練に使われた鈴鹿安全運転講習所がルーツである、全国7カ所の「交通教育センター」の設置、そして、幼児や高齢者などを対象にした教育プログラムや1996年に発売されたHondaライディングシミュレーターをはじめとする教育機器の開発が挙げられます。それらの取り組みの結果、二輪車・四輪車の販売会社や、地域の企業や行政、学校などと協力しながら、これまで日本国内で延べ657万人以上※2の方々に交通安全・運転教育を実施してきました。

導入当時のセーフティコーディネーターによる店頭アドバイスの様子

導入当時のセーフティコーディネーターによる
店頭アドバイスの様子

鈴鹿サーキット交通教育センター

鈴鹿サーキット交通教育センター

幼児向け教育プログラム開発当時の交通安全教育の様子

幼児向け教育プログラム開発当時の交通安全教育の様子

Honda自転車シミュレーター

Honda自転車シミュレーター

日本のみならず、海外でも交通安全・運転教育を実施

 安全運転普及本部発足から2年後の1972年には、同本部内に海外での活動を推進するための部門「海外安全運転普及推進委員会」が発足。1978年にブラジルに交通教育センターを設置するなどの体制構築を行い、人材の育成に取り組む各国現地法人に対してノウハウの提供などの支援を行っています。各国現地法人では、それぞれの交通事情に合わせた活動を実施しており、2020年現在、日本を含む世界41の国と地域に広がっています。
 特に、近年、モータリゼーションの進展が著しいアジア諸国においては、販売店でのお客様への納車時の安全啓発や、交通教育センターでの運転者教育、学生や子どもを対象とした安全教育など、それぞれの国や地域の実情に合わせた活動が積極的に実施されております。

マップ
交通教育センターでの実技トレーニングの様子(タイ)

交通教育センターでの実技トレーニングの様子(タイ)

二輪販売店での安全運転啓発活動の様子(ベトナム)

二輪販売店での安全運転啓発活動の様子(ベトナム)

時代に先駆けた安全運転普及活動の進化

 安全運転普及本部が発足して50年の今年、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により非接触などの新しい生活様式が求められる中、Hondaはこれまで取り組んできた「人から人への手渡しの安全」、「参加体験型の実践教育」の活動を基本にしながらも、新しい教育手法への取り組みの検討も始めています。
 一人ひとりに最適化された「アダプティブラーニング※3」や、ヘッドマウントディスプレイ※4を用いたVR※5を活用した「疑似体験学習」など、時間や場所を問わず、自分のレベルに合わせて学べるという新しい教育手法を活用することで、教育の機会を増やすことにつながると考えています。
 また、将来の自動運転社会を見据え、安全運転支援技術の機能における効果や限界について正しく理解していただくため、先進技術を気軽に体験できるVRの活用など、教育機器の進化についても検討をしていきます。
 そのような時代に先駆けた教育手法とともに、これまでの活動で培ってきたリアルな実践教育を組み合わせた、Hondaならではの交通安全教育の進化に取り組んでいきます。

 Hondaは、2030年ビジョンで「交通事故ゼロ社会の実現をリードする」を掲げています。この50年間の活動で培った国内外での安全のノウハウを活用して、全ての交通参加者に安全・安心で「自由な移動の喜び」をお届けできる社会の実現を目指して、これからも安全運転普及活動を継続・進化させていきます。 

【Hondaの安全運転普及活動の歩み】

1964年 鈴鹿安全運転講習所 開設
1970年 安全運転普及本部 発足
1972年 海外安全運転普及推進委員会 発足
1978年 ブラジルに交通教育センター 開設
1985年 シンガポール・セーフティー・ドライビングセンター(SSDC) 開設
1994年 タイに交通教育センター 開設
              日本の四輪販売会社にセーフティコーディネーター制度導入
1995年 日本で小学生低学年向け交通安全教育プログラム「あやとりぃ」 開発
1996年 「Hondaライディングシミュレーター」 発表
2001年 「Hondaドライビングシミュレーター」 発表
2012年 「リハビリテーション向け運転能力評価サポートソフト」 開発
2018年 日本の四輪販売会社に、より正しく先進の安全運転支援技術の説明ができる
          「アドバンスドセーフティコーディネーター」 制度導入

  • ※1Honda調べ。2020年9月時点
  • ※2Honda調べ。2020年9月時点
  • ※3個々の能力適性にあった教育手法
  • ※4頭部に装着するディスプレイ装置
  • ※5Virtual Reality(バーチャル・リアリティ)の略で、コンピュータの作り出す仮想の空間を現実であるかのように知覚させる技術。また、そのように作り出された仮想的な現実。仮想現実