MENU
HONDA
検索

ニュースリリース

2020年11月06日

2020〜2021日本自動車殿堂において
「FIT」がカーオブザイヤー
「Honda e」がカーテクノロジーオブザイヤーを受賞
「RA272」が2020日本自動車 殿堂 歴史遺産車に選定

 Hondaのコンパクトカー「FIT(フィット)」が、2020〜2021日本自動車殿堂 カーオブザイヤー(主催:特定非営利活動法人 日本自動車殿堂)を受賞しました。

FIT

FIT

受賞理由※1

1:新世代向け高効率・低燃費2モーター式e:HEV
2:実用性と安全性に優れたパッケージング
3:シンプルで快適な先進の安全運転支援システム

 今年2月に発売したフィットは、歴代フィットが築き上げた優れた性能や、コンパクトカーとは思えない圧倒的な室内空間・ユーティリティーの高さなど、高い機能性は継承しつつ、よりお客様に満足していただけるクルマへと生まれ変わることを目指して開発。お客様が本当は何を求めているのか追求する中で、クルマでの移動においてもリラックスや癒しを求めているという潜在的なニーズにたどり着き、そのニーズに応える「心地よさ」を新たな提供価値として掲げ、Hondaならではの独創的な技術を織り込むことにより、具現化しました。

 また、Hondaの電気自動車「Honda e(ホンダ イー)」が、2020〜2021日本自動車殿堂 カーテクノロジーオブザイヤーを受賞しました。

Honda e

Honda e

受賞理由※1

1:近未来の都市型コミューターシステム
2:人とクルマの先進のヒューマン・マシン・インターフェイス
3:操作性に優れたリアモーター・リアドライブシステム

 今年10月に発売したHonda eは、これまでのクルマにはない魅力を追求すると共に、EVの本質を見つめ、柔軟な発想で、未来を見据えてつくりあげたモビリティです。新しい時代になじむシンプルでモダンなデザインと、力強くクリーンな走りや取り回しの良さ、そして多彩な先進機能を搭載したHonda e。お客様の移動と暮らしをシームレスに繋げる生活のパートナーとなることを目指しました。

 加えて、HondaのF1(FIA※2フォーミュラ・ワン世界選手権)マシンとして1965年メキシコグランプリで初優勝を果たした「RA272」が、2020日本自動車殿堂 歴史遺産車に選定されました。

RA272

RA272

※1 特定非営利活動法人 日本自動車殿堂の授賞理由から引用
※2 Fédération Internationale de l'Automobile(国際⾃動⾞連盟)の略称