MENU
HONDA
検索

ニュースリリース

2020年06月11日

「CLARITY FUEL CELL」個人のお客様向けリースの取り扱いを開始

 Hondaは「CLARITY FUEL CELL(クラリティ フューエル セル)」の個人のお客様向けリースの取り扱いをHonda Carsの一部店舗にて6月11日(木)より開始いたします。

 Hondaは、以前より、地球温暖化や化石燃料の枯渇といった課題の解決策としていち早く水素の可能性に着目し、30年以上にわたり水素技術ならびに燃料電池自動車の研究・開発に取り組んできました。

 2016年3月に発売したCLARITY FUEL CELLは、セダンタイプで世界初の5人乗りを実現。自治体・企業向けへのリースを通じお客様・関連団体より多様なご意見・ご要望を収集し、昨年12月には一部改良を実施いたしました。

 お客様の日常の使い方や走行性能などの各データの検証や、水素ステーションの拡充状況とお客様の使い勝手を踏まえた販売検討を進め、今回、個人のお客様向けにCLARITY FUEL CELLのリース取り扱いを開始いたします。

 Hondaは、2017年に掲げた「2030年ビジョン」の「すべての人に“生活の可能性が拡がる喜び”を提供する」ことの実現とともに、長年培ってきた水素技術を含めたカーボンフリー社会の早期実現に向けた取り組みを継続、拡大させていきます。

 

CLARITY FUEL CELL

CLARITY FUEL CELL

※セダンタイプの市販予定車として。Honda調べ

●ボディカラー3色

  • プレミアムディープロッソ・パール★
    (ルーフカラー:ブラック、インテリアカラー:プラチナムグレー)
  • プラチナホワイト・パール★
    (ルーフカラー:ブラック、インテリアカラー:プラチナムグレー)
  • クリスタルブラック・パール
    (インテリアカラー:ブラック)

★44,000円(消費税10%抜き40,000円)高となります。

<CLARITY FUEL CELLの主な特徴>

  • 1.クルマとしての「普遍的価値」である実用性の高さと、時代の先端にふさわしい「先進的魅力」を備えたFCV。
     
  • 2.CO2ゼロ。水のみを排出する、究極のクリーン性能で一充填走行距離約750km。
    ※JC08モード走行パターンによるHonda測定値。SAE規格(J2601)の標準条件(外気温20℃、高圧水素タンク内の圧力10MPaからの充填)に基づいた充填作業におけるHonda測定値。走行距離は使用環境(気象、渋滞など)や運転方法
    (急発進、エアコン使用など)に応じて大きく異なります
     
  • 3.一回あたりの水素充填時間は、3分程度とガソリン車と変わらない使い勝手を実現。
    ※SAE規格(J2601)の標準条件(外気温20℃、高圧水素タンク内の圧力10MPaからの充填)に基づいた水素充填作業におけるHonda測定値。水素充填圧および外気温により、充填時間は異なります
     
  • 4.最高出力130kWの高出力モーターによる電動車ならではの静かで力強くなめらかなドライブフィール。
     
  • 5.Honda独創技術により、燃料電池パワートレインの小型化を図り、ボンネット内に搭載。セダンタイプFCVとして世界初の5人乗りを実現。

<取り扱い販売会社>

水素ステーションのある都道府県の一部Honda Carsで取り扱いを開始。
2020年6月11日時点:35法人

取り扱い販売会社の詳細はHondaホームページにてご確認ください。https://www.honda.co.jp/CLARITYFUELCELL/dealerlocator/

お客様からのお問い合わせは、 「お客様相談センター 0120-112010(いいふれあいを)」へお願い致します。