MENU
HONDA
検索

ニュースリリース

2020年12月11日

「CB650R」「CBR650R」のカラーリングやシートカウルの外観デザイン、フロントフォークの仕様を変更するなど熟成を図り発売

 Hondaは、水冷・4ストローク・DOHC・直列4気筒・648ccエンジンを搭載し、幅広い層のお客様に好評のロードスポーツモデル「CB650R」「CBR650R」のカラーリングやシートカウルの外観デザイン、フロントフォークの仕様を変更するなど熟成を図り、Honda Dreamより2021年1月28日(木)に発売します。

CB650R(マットバリスティックブラックメタリック)

CB650R(マットバリスティックブラックメタリック)

CB650R(キャンディークロモスフィアレッド)

CB650R(キャンディークロモスフィアレッド)

CB650R(マットジーンズブルーメタリック)

CB650R(マットジーンズブルーメタリック)

CBR650R(グランプリレッド)

CBR650R(グランプリレッド)

CBR650R(マットバリスティックブラックメタリック)

CBR650R(マットバリスティックブラックメタリック)

 CB650Rには、「マットバリスティックブラックメタリック」、「キャンディークロモスフィアレッド」、「マットジーンズブルーメタリック」の計3色のカラーリングを設定。今回、フロントフェンダーを燃料タンクと同色にするなど、コンパクトでありながらダイナミックなスタイリングをより際立たせた配色としています。
 CBR650Rでは、スポーティーな印象をより高めるストライプを採用した「グランプリレッド」と、マットブラックを基調にシルバーのアクセントを取り入れた「マットバリスティックブラックメタリック」の計2色を設定しています。
 さらに、CB650R、CBR650Rともに、シートカウルとリアフェンダーを、よりエッジの利いた形状に変更し、シャープで躍動感のあるスタイリングとしています。また、豊富な情報を表示するフルフラットデザインのメーターは、文字サイズを拡大させるとともにバックライトの照射角度を変更し、視認性をより高めています。車体では、優れた路面追従性と軽量化を両立させたSHOWA(ショーワ)製SFF-BP(セパレート・ファンクション・フロントフォーク・ビッグピストン)を新たに採用。CB650Rでは、ハンドルの切れ角を前モデルに比べて増加することで、取り回しやすさの向上を目指しています。
 別売りの純正アクセサリーには、携帯端末の充電などに便利な「USBソケット」※1を新たに設定しています。

 CB650R、CBR650Rは、扱いやすい車体に低回転域から高回転域まで伸びやかな回転フィーリングを堪能できるエンジンを搭載。ライダーの疲労軽減や安心感のある走りに寄与する、アシストスリッパークラッチやHonda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)※2を採用したロードスポーツモデルとして、40~50代のお客様を中心に幅広い世代から支持をいただいています。

  • ※1表裏問わず挿入可能なTYPE-Cコネクタ。前モデルへの取り付けは不可
  • ※2Honda セレクタブル トルク コントロールはスリップをなくすためのシステムではありません。あくまでもライダーのアクセル操作を補助するシステムです。したがってHonda セレクタブル トルク コントロールを装備していない車両と同様に、無理な運転までは対応できません

販売計画台数(国内・年間)

CB650R         600台

CBR650R       1,200台

メーカー希望小売価格(消費税10%込み)

CB650R
  979,000円(消費税抜き本体価格 890,000円)

CBR650R(マットバリスティックブラックメタリック)
  1,056,000円(消費税抜き本体価格 960,000円)

CBR650R(グランプリレッド)
  1,089,000円(消費税抜き本体価格 990,000円)

* 価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

主要諸元

通称名

CB650R

CBR650R

車名・型式

ホンダ・2BL-RH03

全長×全幅×全高 (mm)

2,120×780×1,075

2,120×750×1,150

軸距 (mm)

1,450

最低地上高 (mm)★

150

130

シート高 (mm)★

810

車両重量 (kg)

201

206

乗車定員 (人)

2

燃料消費率※3(km/L)

国土交通省届出値
定地燃費値※4(km/h)

31.5(60)<2名乗車時>

WMTCモード値★
(クラス)※5

21.3(クラス3-2)<1名乗車時>

最小回転半径 (m)

2.8

3.0

エンジン型式・種類

RH03E・水冷 4ストローク DOHC 4バルブ 直列4気筒

総排気量 (cm3)

648

内径×行程 (mm)

67.0×46.0

圧縮比 ★

11.6

最高出力 (kW[PS]/rpm)

70[95]/12,000

最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm)

64[6.5]/8,500

燃料供給装置形式

電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>

始動方式 ★

セルフ式

点火装置形式 ★

フルトランジスタ式バッテリー点火

潤滑方式 ★

圧送飛沫併用式

燃料タンク容量 (L)

15

クラッチ形式 ★

湿式多板コイルスプリング式

変速機形式

常時噛合式6段リターン

変速比

1 速

3.071

2 速

2.352

3 速

1.888

4 速

1.560

5 速

1.370

6 速

1.214

減速比(1次★/2次)

1.690/2.800

キャスター角(度)★/トレール量(mm)★

25°30´/101

タイヤ

120/70ZR17M/C(58W)

180/55ZR17M/C(73W)

ブレーキ形式

油圧式ダブルディスク

油圧式ディスク

懸架方式

テレスコピック式

スイングアーム式

フレーム形式

ダイヤモンド

■道路運送車両法による型式指定申請書数値(★の項目はHonda公表諸元)  ■製造事業者/本田技研工業株式会社

  • ※3燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞など)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります
  • ※4定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です
  • ※5WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます

お客様からのお問い合わせは、 「お客様相談センター 0120-086819(オーハローバイク)」へお願い致します。