MENU

HONDA

検索

ニュースリリース

2019年11月25日

タイで新型「CITY」を世界初公開

Hondaのタイにおける四輪車の生産販売合弁会社であるホンダオートモービル(タイランド)カンパニー・リミテッド(本社:タイ・アユタヤ 社長:高橋 宗一郎)は、現地時間2019年11月25日15時00分(日本時間:17時00分)に以下を発表しましたので、その内容をご案内いたします。

<ご参考>

 Hondaのタイにおける四輪車の生産販売合弁会社であるホンダオートモービル(タイランド)カンパニー・リミテッド(以下、HATC)は11月25日、コンパクトセダンの新型「CITY(シティ)」を世界で初公開しました。

CITY

CITY

 5代目となる新型CITYは、これまでご好評をいただいてきた、コンパクトセダンでありながら広々とした室内空間はそのままに、スポーティーでシャープなエクステリアと上質で機能的なインテリアデザインで生まれ変わりました。タイ市場向けには、直列3気筒1.0L DOHC VTECターボエンジンを採用することで、よりトルクフルな走りを実現。最新の環境基準に対応しながらも、現行の1.5L自然吸気エンジンをしのぐ力強い走りと、圧倒的な低燃費を両立させました。また、CITYとしては初めて、スポーティーグレードである「RS」をラインアップに追加しました。

 新型CITYは、タイ国内での発売を皮切りに、今後他の国でも発売を予定しています。

本田技研工業株式会社 アジア・大洋州地域本部長 五十嵐 雅行のコメント

「CITYは、初代からの累計販売台数が400万台を超え、現在は世界60以上の国と地域で販売されています。全世界販売台数の約7割がここアジア・大洋州地域での販売であり、Hondaを代表するコンパクトセダンとして、非常に重要なモデルです。特にタイでは、2019年の国内販売台数が世界トップを記録する見通しです。Hondaはこれからも、新型CITYをはじめ、お客様の期待を上回る製品を提供し続けることに全力を尽くしてまいります」

※ 現行CITYとして

CITY RS

CITY RS

お客様からのお問い合わせは、 「お客様相談センター 0120-112010(いいふれあいを)」へお願い致します。